廃墟

登録日 :2012/02/15(水) 21:03:39
更新日 : 2017/04/15 Sat 03:20:10
所要時間 :約 6 分で読めます







もし……



人類が地球から居なくなったら……




廃墟

棄てられた建築物の事。特に橋や隧道とかの道路・鉄道遺構よりも家やビルの建物を示す事が多い。
棄てられる理由は倒産、閉鎖、建設中の放棄など様々。

棄てられた建物は管理されなければ数年経たずにボロボロになる。
木造だけではなく、例えそれがビルだろうが橋だろうが。
そして倒壊や崩落の危険性が出てくる為、廃墟は立入禁止にして一般人を近付けない様にする。



そう、 一般人は


廃墟を愛する愛好家が居るのだ……と、言うか廃墟愛好家は実は世界的にはそこそこメジャーな存在だったりする。
だが、やっぱり理解はされない。
廃墟探索が基本的に違法行為であることも嫌われる原因である。

日本でも廃墟愛好家は中々多い方で、本やネットを探せばかなり数が出てくる。
因みに同じ を愛する人に廃線・廃道愛好家がいるが彼らとは探してる物も、準備物も、 萌える ポイントも違うので一緒にはしないように。
勿論、どちらも好きな人もいる。


【廃墟の種類】


田舎ならそこら辺にゴロゴロ転がってる物件。
ただの空き家なら中々萌えないが、遺物がたくさん残されているとそれはそれで味なもの。
これが密集して……

  • 廃村
になると話は別。
数十年前から山奥の村は過疎化により人が居なくなり、廃村になってる所がある。
山奥の森の中の廃墟集落…
ロマンである。

  • ビル
近代廃墟。病院やホテル等。
特にバブル時代に建てられ、バブル崩壊と共に棄てられた建物が多い。
廃墟愛好家がよく訪れるタイプの廃墟だが後記の人も訪れる為、萎えるパターンが多い。

  • 廃工場
工場は直ぐに撤去される事が多いので町工場以上のサイズはかなりレア。
錆び付いた鉄骨や配管は最早芸術。
工場愛好家も勿論愛してる物件である。
特撮や実験の舞台となる。

  • 廃寺
寺は基本的に木造建築なので古い廃寺は残ってない事が多い。こちらもそこそこレア。

  • 廃校
近代的な校舎なら再利用されてる事が多いが、古い木造はそのまま放置してる所が多い。
懐かしい気持ちになれる。ブラックホールに消えたやつもいる

  • 遊園地やレジャー施設
  • 旧軍施設
遊園地の遺構は見ていて中々不気味。八百万の神々の湯屋にいけるかもしれない。だがそこが良い!
旧軍施設は管理されている所が多い。放置してる所はとことん放置してる。

愛好家の聖地。今は島の隅々まで廻ることは出来ない。
学校、アパート、プールに神社。
様々な廃がこの島にある。

  • 廃病院
何かと噂が多い。夜どころか昼でもスリル満点。



【嫌悪】


廃墟愛好家だけではなく、廃線・廃道愛好家も嫌ってるもの。

説明不要。

  • 犯罪者
ヤクザなど犯罪者が良からぬ企みをしてたり、不届き者にお仕置きしてるかもしれない。
そんな場所に鉢合わせたら無事に帰れる保証はまずない。

  • 肝試し
これもまた廃墟の楽しみ方の一つではあるがマナーの悪い人は下記の行為をするし、何より荒らされる。壊される。
愛好家はそのままの廃を見たいのです。

  • 落書き
これを見たら萎え度が半端ない。
壁にガリガリ、又はスプレーをプシューっと…
チラシの裏にして下さい。
※グラフィティは落書きとは似て非なる物です

  • 不法投棄
景観も気分も台なしである。
廃だからと言って捨てていい物では無い。
特に廃線・廃道は現道が近いと不法投棄の量がハンパない。
山盛りのゴミを見た日には怒りを通り越して悲しくなってくる。

かなり邪魔だがDQNや肝試しや噂に流れて来る人が引き返す要因になるため中々有り難い存在だったりする。

  • 御遺体
中で死んでしまった浮浪者や自殺者などの遺体。
廃墟マニアは幽霊は恐れない人が多いが、さすがにグロ肉や白骨は別。
部屋から別の部屋に移動した際、窓際に首吊り死体なんかがあったら発狂モノ。

  • ハッテン場
場所が場所なので、ハッテン場となっている廃墟も存在するという。
鉢合わせしてしまった日にゃ…アッー!
(※必ずしも廃墟=ハッテン場ではない)


【問題点】


やはり私有地の為、不法侵入が一番の問題点である。
許可を貰って入ればいいのだが許可が下りる事は中々無い。
危険だし、何より 上記の(行為や)人が来る ため晒したくないのだ。警備を強化されて入れなくなったり解体されてしまっては元も子もない。

更に古い物件だとアンティーク品として収集したり、売却するため遺稿を盗む人もいる。
勿論、 窃盗罪 です。
廃好きにとっては
「そのままにして下さい。ほっといて下さい」
と言いたい気持ちになる。
そのため、ネットに写真は出しても場所は明記しない事も多い。

また、建物の老朽化により天井の落下や床の抜け落ち、場合によっては建物全体の倒壊の危険もある。
行くには相当な装備が必要。
間違っても夏の帰りにそのまま肝試しに行くような場所ではない。
崩落や閉じこめ、ガラスや薬品による怪我など危険がつきまとう。
行く場合は必ず単独ではなくと複数で行き、また家族には行き先を連絡しておくように。

ごく普通の人は本やネットで楽しもう。
最近は廃墟マニアの高齢化や飽きから廃墟化している廃墟サイトも多いけど。


【著名な廃墟】


松尾鉱山 (岩手県)
廃鉱山及び廃墟となった鉱山街。閉山した昭和40年代当時は地上の楽園と言われた程の生活水準の高さを誇った。
全体的な雰囲気は人類滅亡後の工業都市。

鬼怒川温泉 (栃木県)
東京から特急一本で行けるお手軽な廃墟群。未来日記に出てきた温泉街廃墟群のモデル。
なお、同じ日光市内の足尾地区も廃墟群として有名。
こちらは閉山した鉱山の施設が存在しており、鉱山施設に向かう廃線、ダムに沈んだ廃線も存在する。

高崎金属 (群馬県)
高崎市にある廃工場で、現在は社名変更した東洋熱工業が管理している。
特撮における「いつもの廃工場」。戦隊・ライダー含め毎月数回は使われるので、視聴者なら一目でピンと来るはず。
呼吸するだけでも鼻の中が真っ黒になる程空気が悪い。

摩耶観光ホテル (兵庫県)
マヤカンの通称で知られるアールデコ風のデザインが特徴的な廃ホテル。
あまりにも有名すぎるため警備が厳重なのが難点。

ピエリ守山滋賀県
俗に「生ける廃墟」と呼ばれるショッピングモール。

イーゴス108滋賀県)
その近くにある観覧車。
最近解体され、ベトナムで再び観覧車として活躍するそうな。






今日も時の流れに任せて朽ちて行く 建築物


それをカメラ片手に記録に残しながら見守る 愛好家達








「廃」を愛する方、追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/