宮藤芳佳

登録日 :2011/02/17(木) 10:20:50
更新日 : 2016/12/20 Tue 02:12:35
所要時間 :約 7 分で読めます




「私、守りたいんです!」


Yoshika Miyahuji
宮藤 芳佳

◆CV:福圓美里
◆年齢:14歳→15歳(一期6話で誕生日を迎える)→16歳(劇場版)
◆身長:150cm
◆誕生日:8月18日(サーニャと同じ)
◆所属:扶桑皇国海軍遣欧艦隊第24航空戦隊288航空隊
◆階級:軍曹(OVA版では上等飛行兵曹)→少尉
◆通称:ちびっ子/豆藤/豆狸(ペリーヌ命名)
◆使い魔:豆柴
◆使用機体:零式艦上戦闘脚→震電
◆服装:スクール水着風ズボンの上にセーラー服




扶桑皇国の軍港・横須賀にほど近い山村の出身。代々魔女を輩出した家系であり、母、祖母ともに魔力を持ち、家業として診療所を営んでいる。
本人も当然のように医学を修め診療所を受け継ぐつもりだったが、坂本美緒との出会いが転機をもたらす。
強力な治癒魔術を目の当たりにした坂本は、芳佳をウィッチとしてスカウト。
父を奪った「戦争」を嫌う彼女は一度は断るものの、 死んだはずの父から届いた手紙 がきっかけで父の死の真相を知るために渡欧を決意。
さらに道中で対ネウロイ戦争の現実を知った彼女は、「 その力を多くの人を守るために使いなさい 」という父の言葉に突き動かされ、
第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」への入隊を決意する。



●人物
明朗快活、初対面の相手とも物怖じせずに話せる明るい性格。サーニャリーネのような引っ込み思案なタイプとも短期間で仲良くなった。
基本的に思ったことは何でも口にする素直な性格だが、時にはその裏表のなさが相手の神経を逆なですることもしばしば。 ペリーヌ とか、あと ペリーヌ とか。
一方で、一度「こう」と決めたら誰が相手だろうと頑として譲らない意志の強さ、頑固さを持つ。

もともと軍人志望だった訳ではないことを差し引いても、軍の常識にはかなり疎い。
書類上の原隊はもちろん、自分が海軍の所属であることすら長らく理解していなかった。

なにげに501では全員と良好な関係を築いており、仲の悪い相手がいないという希有な存在。
特にリーネとは共同での初撃墜以来の 大親友 であり、大抵一緒にいる。もはや嫁。
ペリーヌは当初坂本との関係に絡んで一方的に敵視していたが、何のかんのと仲良くなっている。



●能力
類い希な魔力に加え、初めてストライカーユニットを履いて訓練もなしに初飛行に成功するなど、ウィッチとしては卓抜した才能を持つ。
さすがに入隊当初は経験不足から仲間の足を引っ張ることも多かったが、坂本のスパルタ教育と本人の努力で急速に力を付けていき、
一期終盤の頃には模擬戦とはいえペリーヌと互角に近い空戦技術を披露した。

膨大な魔力量を生かした広範囲かつ強固なシールドと、強力な「治癒魔法」が持ち味。
なにげに501ではサポート役としての活躍が多く、たびたびピンチに陥った仲間を救っている。



●おっぱい
が、特筆すべきはそんな事ではない。

彼女の最たる特徴は おっぱい星人 である事だ。しかもムッツリ。


リーネのふかふかおっぱいを夢にみたり、少佐の胸を揉み、シャーリーの爆乳に顔を埋める……。
訓練で彼女が疲れて倒れ込んだ時、足を滑らせ転んだとき、リーネと一緒に寝ている時……刮目して見ていただきたい。豊満な乳に顔や手を添えている事に気づくはずだ。

しかし、そんな彼女もまだ14才。
自身の胸はまだまだ未発達で、ルッキーニ曰わく残念賞。11人中9位。

映画では成長…したのかは不明だが、2歳下の服部静夏に負けている辺り相変わらずの様子。
ちなみに彼女の胸もしっかり視k…凝視している。小説版では見るだけでは飽き足らず、一緒に風呂に入って 揉んでいる
上司の立場を利用して身体を堪能するって、それなんてAV?



【劇中での活躍】

●第一部
入隊後は経験不足をカバーすべく、ひたすら訓練の日々。
自信を無くしかけていたリーネと協力してネウロイを撃破したことで、入隊後はじめての友人を得る。
そして重傷を負ったバルクホルンを戦闘中に治癒した事でその能力を認められ、仲間達とも打ち解けていった。
終盤ではウィッチとして大きく成長したものの、「 人型ネウロイ 」との出会いをきっかけにネウロイを敵とする考えに疑念を抱く。
持ち前の頑固さや軍規に縛られない行動力から独走、坂本が重傷を負い501が 解散 に追い込まれる事態を引き起こしてしまう。
ガリア解放後は除隊し、元の中学校に復学するが……。



●第二部
ヴェネツィア陥落に際し、欧州にいるリーネからの救援要請、更に魔力減衰を迎えなお戦場に赴く坂本の姿を見て、再び自ら戦いの空へ。
鈍ってしまった腕を磨き直すためリーネ、ペリーヌとともにアンナの元で特訓させられたりした。

本編後半では急激に成長した魔力にストライカー「零戦」が不調を来し、飛行不能となってしまうが、
父親の残した新たなストライカー「震電」を得て再び空を駆ける。
なお、この際の戦闘で芳佳を守ったリーネの負傷を受け、ネウロイを完全に「敵」と見なしている。

最終決戦では坂本美緒の烈風丸を使い、戦艦大和が変化した巨大ネウロイを「 真・烈風斬 」で撃破。
しかしその代償として、芳佳は魔力を完全に損失してしまう。



●劇場版
2での戦闘で魔法力を消失した芳佳は、坂本から執拗な軍への復帰の誘いを断りつつ、医者となるため猛勉強をしていた。
そんなある日、坂本から「プレゼント」として欧州留学の話が舞い込んで来た。
医療の最先端で技術を学ぶため、留学を決めた芳佳だが、向かった欧州で待ち受けていたものは…





◆余談

父親の宮藤一郎はストライカーユニットの開発者であり、世界的に有名な魔法理論の第一人者。だが芳佳はその事実を知らなかった。

イメージモデルは旧日本海軍航空隊所属の武藤金義。通称空の宮本武蔵。

アニメ一期でガリアを解放した後、前述の独断行動が問題視され 不名誉除隊 という処置を受けている(坂本の計らいで本人には伏せられている)。
二期にてヴェネツィアを解放した際、それまでの功績も加味されて少尉へと特進となった。劇場版で少尉となっているのはそのため。







追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/