支え(AKB48楽曲)

登録日 :2011/07/22(金) 21:37:26
更新日 : 2016/03/21 Mon 21:22:19
所要時間 :約 3 分で読めます




仲間はいつだってここにいる
私は一人きりではないんだ


支え とはAKB48の楽曲である。
劇場公演の中のチームK4thステージ「最終ベルが鳴る」公演のアンコール後の大トリを飾る曲である。



●チームK誕生
2006年4月1日
AKB48の2期生が、1期生のおさがりチームA1stステージ「PARTYがはじまるよ」公演を披露し劇場デビューするが、多くの困難をくぐり抜ける。

チームAの幻と戦っている
初日こそ客入りがいいものの、所詮は1期生の築いた栄誉に寄りかかるだけだなどと批判され、人気は下火になる。

そんな中で「1期生に無く、自分たちに作れる何か」を見つけるために団結を始める。

それからチームK2ndステージ「青春ガールズ」公演で新しい楽曲が書き下ろされ、2期生オリジナル公演となる。
「転がる石になれ」は是非とも聴いて頂きたい。


青春ガールズ公演も千秋楽を迎え、チームK3rdステージ「脳内パラダイス」公演もスタートするが、千秋楽後に大きな転機を迎える……



●ひまわり組
AKB48の大きなコンサートで発表された、チームAとチームKを一旦解散させて新しくチームを作ろうという構想―それがひまわり組である。
チームKのみならず、チームAのメンバーもこの事を受けて慟哭する。
なお、2009年上半期までこのひまわり組公演は続くのである。



●チームK復活
ひまわり組公演が千秋楽を迎え、チームごとに別れるようになりチームKも復活する。
復活一発目の公演チームK4thステージ「最終ベルが鳴る」公演である。

正統派アイドル曲もあり、ハードな曲もあり、チームKメンバーを紹介するユニークな曲もありのこの公演の中で一際目立つ曲がアンコール後に演奏される。
それが支えである。

世代もふるさとも違う他人が最初はひとりひとりバラバラであったが、目指すべき道を見いだし一つになる
という内容である。

この曲はチームKメンバーの卒業の際のみならず、年始に一回ある渋谷AXでのコンサートでも毎年好きな曲のランキングに入り歌われる。
渋谷AXでは最終ベルが鳴る公演時に在籍していた卒業メンバーも(スケジュールが合えば)呼ばれ歌う(こともある)。


なお、版権の関係でこの「最終ベルが鳴る」公演の楽曲はCD化されていない。





追記・修正は支えを聴くか、知ってる人に聞いてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/