戦闘メカ ザブングル

登録日 :2011/02/16(水) 23:40:03
更新日 : 2017/09/12 Tue 20:52:21
所要時間 :約 6 分で読めます




惑星ゾラと呼ばれる地球、しかし人々はゾラの名前を忘れて、久しい・・・。

砂塵渦巻く地の果てで、熱血ジロンと美女2人!

「戦闘メカ ザブングル」は1982年に放映された、日本サンライズ制作、富野由悠季監督の『ロボットアニメ』。

翌年には総集編の「ザブングル・グラフィティ」が劇場公開。
併映は「ドキュメント・太陽の牙ダグラム」。

「機動戦士ガンダム」「伝説巨神イデオン」に続く、富野監督の、世間で言う『リアルロボットアニメ』路線第3作目にあたる。
西部劇風な舞台で生命力溢れる登場人物達がコミカルかつパワフルに暴れまくる、冒険活劇であり、シリアスだった「ガンダム」「イデオン」とは(一見)ガラリと作風が変わっている。
だが、イノセント関連での暗い設定や荒地を舞台に人の生き死に等、特に中盤から終盤にかけてはシビアな政治劇をメインとしたシリアスなストーリー展開をしている。
ちなみにグラフィティはそうした要素が無くなった事で最後のビターな終わり方も改変され、より一層明るい仕上がりとなっている。

宮崎駿氏の「未来少年コナン」を意識していたとか・・・。


〈あらすじ〉
「惑星ゾラ」と呼ばれる植民星。
“イノセント”と呼ばれる特権階級と、どんな罪でも三日逃げ延びれば無罪放免という“三日の掟”に人々(シビリアン)は支配されていた。

両親の仇・ティンプを討つ為、運び屋・キャリング・カーゴから新型ウォーカーマシン“ザブングル”を盗み出す少年・ジロン・アモス。
“こだわり”を捨てない彼の生き方は、サンドラットやアイアン・ギアー、ソルト等様々な人々に影響を与え、やがてイノセントの支配を覆す大きな力となっていくのだった・・・。


〈主な登場人物〉

■ジロン・アモス
ドマンジュウとかメロン・アモスとか散々な云われようの主人公。
いわゆる美形キャラとは真逆な容姿ながら、行動力と男気、肉体的にも精神的にも人間離れしたタフさを持ち、エルチとラグをはじめ、作中ほぼ全ての女子からモテモテ。
オトコは顔じゃない、生活力だ!な、時代だった。
普段は気持ちのいい性格をしているのだが、父母をティンプに殺された過去を持っており、彼関係の話となると目の前が見えなくなる事もあった。

■ラグ・ウラロ
少年少女のブレーカーグループ〈サンドラット〉のリーダー。
男まさりというか、ほとんんど男の子みたいなのだが、実は「女には優しくしろ、って親父に言われた」というジロンの言葉にコロリと参ってしまう、純情娘。
彼女が惚れる男は死んでしまうケースもある。
乳首ポロリというよりしょっちゅう丸見え。
…大らかな時代だった。

■エルチ・カーゴ
運び屋・キャリング・カーゴの娘で、父の死後は跡目を継ぎ、アイアン・ギアーを指揮する。
お嬢様ながらもやはり一筋縄ではいかない根性の持ち主で、ナイフの達人でもある。パンチラ要員。
文化的なイノセント(というよりビエル様)に憧れているが、中盤、そのイノセントに洗脳されてしまう。
なお終盤に失明してしまいテレビ版と劇場版ではその後の展開が変わっている。

■チル
同じくサンドラット。明るく逞しい幼児だが、時代のせいかロリな香りはあまりしない。
中の人は後のちびまる子。
ジロン曰く「いい女になる」らしいがサントラ特典の7年後イラストでは本当に美人に成長している

■ブルメ
サンドラットのメンバー。
チビで皮肉屋だが何気に美形。ラグに惚れている。
だからかジロンに惚れてるラグを見て不機嫌な時もあった。

■ダイク
サンドラットのメンバー。気は優しくて力持ち。ジロンにサブキャラ認定される。
そんな性格だからかサンドラットメンバーではチルと同じくすぐジロンと打ち解けていた。
7年後をモデルとしたイラストではビリンとくっついている。

■コトセット・メムマ
アイアン・ギアーのメカニック。
当初はマトモだったが、終盤には狼男になったり、ラグに抱き付かれニヤケたり、アイアン・ギアーをジャンプさせたり。
中の人はアストナージ。

■ファットマン・ビッグ
名前に反してマッチョマン。エルチの忠実なボディガード、男純情。
かつてロックマンの下で強制労働をさせられていたが、幼いエルチに気に入られてカーゴ一家に買い取られ、以後は彼女に恩義を感じ、守ることに全精力を傾けている。
エルチが洗脳された時は元に戻す事に馳走し、エルチの失明した目がアーサーから治せると告げられた時は涙を流していた。
7年後をモデルとしたイラストではエルチの子供をあやしていた。

■ティンプ・シャローン
ジロンの両親の仇であり最後まで立ちはだかる宿敵。
流れ者のブレーカーだが、実は仕掛人としてイノセントと通じており、イノセントが本格的に動くまでは暗躍していた(最終的には見限っている)。
ジロンの父と母を殺した事が物語の発端であり、少なからずイノセント崩壊の原因かもしれない。
設定はシリアスで普段は二枚目を演じようとしているがマヌケな部分が目立ち、どこか憎めない奴。

■キッド・ホーラ
キャリング・カーゴの片腕だったブレーカー。怒ってもタレ目。
エルチに振られ、アイアン・ギアーを追い出された後も、しつこく追い回す。やはり男純情。
まだストーカーという単語が広まっていない時代だったのだ・・。
ICBMの爆発に巻き込まれても黒焦げ&尻丸出しで済むくらい頑丈(アニメだからね!)。

■マリア・マリア
惑星ゾラには珍しく、身を守る為にさえ銃を持とうとせず、孤児達の世話をしていた少女。
ラグ達に「変な子」扱いされる。
終盤には戦闘に参加する決意を固める。
ついでにブルメの頭を蹴っ飛ばしていた。

■ビリン・ナダ
反イノセント組織・ソルトのメンバー。
マリアとコンビを組む事が多い。
何気に美少女。

■アーサー・ランク
イノセントのリーダー。だが象徴的存在で、実権は側近のカシム・キングに握られている。
イノセントの本来の役割に忠実で、ジロン達の味方につく。
ジロン曰わく「美形キャラ」で性格も男前な事からジロン以上に女子からモテモテだった。
テレビ版と劇場版で生死が別れる。

■カシム・キング
表向きイノセントの長であるアーサーの補佐を務める人物。
しかし、裏では実質的実権を握っており。シビリアンが進化を果たした後に大地を譲り渡すというイノセント本来の教義を否定してアーサーを幽閉、物語後半はジロン達イノセントに反抗的なシビリアンと対決する姿勢を取る本作の黒幕。



〈ウォーカーマシン〉
本来はブルーストーンの採掘用重機。
ブルーストーンを巡っての抗争が絶えない為、大抵武装してあり、戦闘に特化したタイプも多数存在する。
開発・製造の技術はイノセントが独占している。
人型が多いのは、「再び人類がこの地に自分達の足で立てる様に」という願いから。
動力はガソリンエンジンで、操作はハンドルやレバー、アクセルで行う。まさに自動車感覚。
というかボスボロット感覚(ボロットも同じ操作をするから)。


■ザブングル
キャリング・カーゴが見栄でイノセントから二台購入した最新型ウォーカーマシン。
純粋な戦闘用ウォーカーマシンであり、ザブングル・カーから上半身がブングル・スキッパー、下半身がブングル・ローバーという飛行機に変形、
合体する複雑な変型合体機能と、従来よりはるかに人型に近いシルエットを持つ。

ジロンが搭乗した機体、通称サブザブングル(またはザブングル2)は前輪と主翼を壊したため変形不能に。後にカラス・カラスとの戦闘で大破して、ラグ機の部品取りになった。

頭部がコクピットなのだが、キャノピーを破壊されて危うく放り出される場面も。ウォーカーマシンはちゃんとシートベルトを付けて操縦しましょう。

■ウォーカーギャリア
ジロンがイノセントから前借りと言う名前で強奪した、
元祖?二代目主役メカ。
ザブングルに比べるとかなりシンプルな変型合体機能になり、マッシブなシルエットになった。
今では当たり前な主役メカ交代だが、当時は(劇中でも)「パターン破り」と大騒ぎしていた。

もっとも同時期の『タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン』でも逆転王→三冠王乗り換えイベントはあったが。

ICBMを投げ返したとんでもないウォーカーマシン。

■アイアン・ギアー
カーゴ一家が所有する交易船(ランドシップ)。
巨大ウォーカーマシンに変型するうえに、そのままジャンプまでしてしまった反則兵器。

「グレタ・ガリー」
「ギア・ギア」
という同型艦も敵として登場。それも当時は(劇中でも)「パターン破り」と騒がれた。



〈その他〉
放送当時にバンダイから発売されていたプラモデルは、ガンプラブームの熱気が覚めやらぬ時期に発売され、ダグラムと人気を二分した(実際はダグラムの後塵を拝していたが…)。
特に1/100スケールシリーズ(+1/1000アイアン・ギアー)は、タミヤのスケールモデルをインスパイアした白箱、アニメ設定にはない細部のアレンジと緻密なディテール、ドラム缶やバイクなどの豊富な小物が特徴。
しかし、1/100ウォーカーギャリアは発売中止になってしまい、終了から数年後にペーパークラフト(一応変形可能)として発売され、ファンの怒りを盛大に買ったものの、
2008年にR3(リアルロボットレボリューション)シリーズの第4弾として発売され、あくまで「1/100ウォーカーギャリアのプラモ」を求め続けてきたファンの20年以上にも及ぶ心の渇きは癒された。
ちなみに、1/144全種(ギャロップ・クラブ・トラッド11はセット販売)と1/48ホバギーは再販がかかったが、1/100のうちガバメント・プロメウス・オットリッチは金型紛失で再販されていない





「で、俺は何やりゃいい?」

「サブキャラだからな、追記・修正でもしといてよ」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/