日本語表記/英語表記(遊戯王OCG)

登録日 :2012/05/18(金) 16:25:01
更新日 : 2016/08/26 Fri 21:32:57
所要時間 :約 4 分で読めます





原作開始から10年以上、遊戯王OCGは世界一売り上げたカードゲームとなった。
現在では世界的に展開しており、日本版以外のカードも多数存在する。

だが年が経つに連れ、日本と世界の言語の差異から、 どうやっても表現出来ないカード名 が生まれ始め、
アッパーデックが海外先行カードなんて作り始めたために、その影響は日本版にまで及ぶようになっていった。

この項目では基本となった日本版と英語版の カード名について述べる。

また、解説が長いため、難しい話に興味のない決闘者はこちらからどうぞ。





◆日本語の特異性について
日本語は、ひらがな、カタカナ、漢字でほとんどの言葉を表記できる。
カード名にも日本語以外の言語が使われるのは当たり前だが、日本は世界一自由な国であるため、
諸外国では禁句である単語 も平気でカード名に使っている。

兵器などの暴力的な単語、差別用語、宗教用語は軒並み規制対象であり、名称が代えられる。
この中でも、宗教用語は歴史背景もあり特に影響が大きい上例外は日本だけである。

日本では世界宗教が文化に根付いていない。
これは世界的に見てもかなり特異であり、日本語が自由である最大の理由だろう。

しかし、宗教のある諸外国ではそのままでは販売できない。
ときに戦争をも起こす宗教の概念を使うことは日本以外ではできず、宗教的な単語は全て別の単語に代えられるか、丸ごと削除されている。

この影響が特に顕著なのは「神」の表記だろう。
これは、日本人にとっての「神」とキリスト教でいう「God」が全く違う概念であるため。
そもそも「God」を「神」と訳すのは不適当という論説もあるほどである。日本は実質の多神教だしね。


日本以外のカードでは「GOD」にあたる単語を使わないようになっており、
原作でそう表記されていた三幻神ですら属性、種族含め一切「GOD」という単語は使われていない。(Goddesは女神なので例外的にOK)
大して「神」が特別な存在ではない日本では、三幻神やホルアクティのような例外を除いても、神と名の付くカードは相当数存在する。 

よって、日本語名の『神』に当たる部分は「God」ではなく
「Immortal(超越者)」「Divine(神性)」「Deity(神格)」といった単語が用いられている。


堅苦しい前置きはここまで。

表記が限られた状態でコナミは悩まされた。果たして下された決断とは……



「カードは偽造(つく)る。表記は変える。両方やらなくちゃいけないのがアッパーデックのつらいところだよな」

「それって訳さなければいいんじゃないかな?」


「それだ!!!」


ローマ字日本語表記爆誕 である。
先に上げた神を名に含むカードや、名前が宗教的なカードの多くが日本語訳されたのである。
神はkami、jinなどの表記に。

「鬼神の連撃」

これが英語だと、

Oni-Gami Combo (オニガミコンボ)」


そう、新たなカオスを生み出した。
特に三魔神は被害が大きいことで有名で、


水魔神スーガ →Suijin(スイジン)

これはまだいい方で、

風魔神ヒューガ →Kazejin(カゼジン)
もっと表現あっただろう。

ちなみに残る 雷魔神サンガ の英名は、Sanga of the Thunder。

統一性も何もあったものではない。


その統一性の無さは、新たなカテゴリが登場する時に一気にしわ寄せとなって現れてしまう。

デーモン( 説明不要 カードリストとか前代未聞)
ガーディアン(5枚もの「○○を除く」)
HERO(E−HEROやM・HERO、V・HEROの登場で、とうとう耐え切れず カード名の大エラッタ )
リチュア⇒gishki(ギシュキ)(Rituaは《高等儀式術/Advanced Ritua l Art》等で既に使われていた)
魔人⇒Djinn(エクシーズモンスター以外全てハブ)
魔導⇒Prophecy(レベル3以外全てハブ)


など、おさまるどころか悪化している。
そしてアッパーデックが行った販促が原因で、日本まで余波は広がった。


「このカードなんて言うんだ?」
「これは《スクラップ・デーモン》というんですよ。海外先行カードで9月になれば使えますよ」
(英語名はScrap Archfiend。Scrap→スクラップ、Archfiend→デーモンの意。)


   ↓


で、迎えた9月。

「ムカつくぜKONMAI!俺の予想をことごとく拒否りやがって!何で俺に気持ち良く予想させねえんだ!俺は子供達にドヤ顔したいんだよぉ!」
KONAMI「笑えますねぇ」

名前に何故か 「デス」 を付けられたスクラップ・ デス デーモン。
どっから湧いたその単語!?

海外先行カードの存在により、今度は英語を日本語に訳さなければいけなくなった。
やめとけばいいのに、コナミは日本語の汎用性を生かして 無茶な邦訳 をし、ネーミング被害者が続出することとなる。 

太平洋に「ト」の字を落としたアレキサンドライ ドラゴン(Alexandri te Dragon)
誤植を直されなかったオーシャンズ・ ーパー(Ocean's K eeper)
何故邦訳しようとしたのか分からないミンゲイドラゴンTotem Dragon)
バウンサーの英語名(Boun z er)を謎の単語にしたサボウ・クローザー(Cactus Bouncer )……

とくにスクラップ・デスデーモンの余波はすさまじく、(いや、まぁ、フレムベル・デスガンナーとかはいたけど)
魔界発現世行デスガイドが登場した際にはかなりの(主に悪い意味で)反響があった。
こちらはバスとデスをかけてあるので、デスデーモンがなければわりとすぐに受け入れられただろう。


きっとこれからもネーミング被害者は増え続けるのだろう。今年も9月に期待と不安が高まるところだ。
……フラッピィ……?


追記・修正は日本語訳の予想を当ててからお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/