津軽線

登録日 :2013/06/07(金) 22:16:03
更新日 : 2017/08/11 Fri 20:43:56
所要時間 :約 4 分で読めます




津軽線(つがるせん)は青森駅から三厩駅を結ぶJR東日本の鉄道路線である。

*1
http://www.uraken.net/rail/alltrain/ltdec/485a3000.jpg

かつて青森~中小国(実際は蟹田)間は本州と北海道を結ぶ「津軽海峡線」の一部を構成していた。
その昔青函連絡船が活躍していた頃はしがない地方鉄道路線として開業した路線であり、
当然乗客数は‥言うまでもなく国鉄の経営悪化によりいつ消えても不思議では無い路線だった。
しかし、青函連絡船に代わる新しい流通及び交通手段である「津軽海峡線」が出来ると本州側の取付け路線として一躍脚光を浴び、
急いで青森~中小国間が 電化 ・待避設備の増設が行われた。
そう、青森~中小国間は‥
運行については青森~蟹田間が2時間に1本走る普通に加えて貨物列車も多数設定されている。
対して残された中小国~三厩間は 無情にも無視され、1日に5本しか列車が無い
たった 5 本だよ、 5 本!
まぁ、1日1往復しか止まらない駅がある路線もあるから、それよりマシと言えなくはないけど…。

他にも

①乗換駅なのに乗り換える事が出来ない駅
土讃線坪尻駅スタンプ誘拐事件の発見現場となった駅
③目と鼻の先に連絡通路まである駅があるのに駅名が異なり乗り換え駅と見なされない駅(北海道新幹線が事態をさらに複雑な方向に…)

等ネタに欠かない駅ばかりである。


☆使用車両

701系…青森~蟹田間で使用。

キハ40系気動車…非電化区間で御馴染みの気動車。主に蟹田~三厩間で使用。出入庫の関係で1往復のみ青森~三厩間全線通しの運転を行う。

HBE-300系ハイブリッド気動車…観光列車「リゾートあすなろ」で使用。

E001系…リゾート寝台特急「四季島」で使用。

EH800形電気機関車…貨物列車牽引用で使用。新幹線用の交流25000Vに対応した交流専用電気機関車で、青函トンネルを含む東青森~五稜郭間で使用される。

○過去使用されていた車両

485系…特急「白鳥」で使用されていた。改造された3000番台を使用。

785系・789系…特急「スーパー白鳥」で使用されていた。785系は2両編成だが運転台が片方の車両にしかない為、単独での運転はできない
(789系の増結用として改造された為)。

ED79形電気機関車…貨物列車で使用。
かつては特急「北斗星」・「カシオペア」・「はまなす」・「トワイライトエクスプレス」でも使用されていた。

EH500形電気機関車…貨物列車で使用。一部が首都圏に直通。

◎駅一覧

青森…奥羽本線、青い森鉄道青い森鉄道線乗り換え。青い森鉄道は元東北本線
三内丸山遺跡や世界遺産白神山地への玄関口駅にして青森県の中心駅。
しかし、東北新幹線が停車するのはここの駅ではなく一つ隣駅の新青森駅。

中沢…土讃線坪尻駅スタンプ誘拐事件のスタンプ発見現場。詳しくは土讃線坪尻駅の項目参照。

蟹田…海峡線乗り換え駅だったが、北海道新幹線開業で海峡線の在来線列車がなくなったため、正真正銘の単独駅となった。
開業以前も なんと運行する全ての列車が隣の中小国駅を通過する為、この駅から乗り換えないと乗車できない という状況だった。
現在は普通列車の系統分離駅としてしか機能していない。

中小国…海峡線接続駅だったが前述のとおり海峡線列車が全て通過するため、 日本で唯一乗り換えの出来ない乗り換え駅 と言う珍駅だった。

大平…十三湖の一応最寄駅。バス2回乗り継ぐ必要があるけど…。

津軽二股…北海道新幹線乗り換え。
不思議な事に同じJRの路線で目と鼻の先にあるにも関わらず、新幹線の駅は奥津軽いまべつ駅と別駅扱いされている。
接続駅にはなっているが、ダイヤがあまりにも合わな過ぎて接続駅として使うには…。

三厩…終点駅。青森駅と蟹田駅と共に数少ない有人駅。外ヶ浜町の中心駅。


追記・修正宜しくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/