魔導ギガサイバー

登録日 :2012/07/02(月) 01:36:05
更新日 : 2016/05/15 Sun 11:15:05
所要時間 :約 3 分で読めます




魔導ギガサイバーとは遊戯王OCGのカードである。

攻撃力2200/守備力1200/星6/闇属性/戦士族/効果モンスター/

自分のフィールド上モンスターが相手より2体以上少ない場合、このカードは生け贄なしで召喚できる。


登場したのは2000年とかなり古いカード。
状況に応じてリリース無しで召喚出来る効果を持っているが、こいつをただ召喚した所で状況を打開するのは難しく、それに通常召喚の権を使ってしまうのは少し勿体ない。

しかも、攻撃力が100低いとはいえ、簡単な条件で特殊召喚出来るサイバー・ドラゴンが存在し、手札コストはあるがフィールドに左右されず特殊召喚出来るパワー・ジャイアントが存在する為、このカードを優先して出す必要は無いだろう…
















…そう思っていた時期が私にもありました…
実は上記のテキストは古いカード故の不備のテキストであり、再録された際にエラッタされている。


実際のテキストは↓

自分フィールド上に存在するモンスターの数が相手フィールド上に存在するモンスターより2体以上少ない場合、このカードを 手札から特殊召喚する事ができる

実はこの子の効果は特殊召喚扱いだったのだ。

以前のテキストでは通常召喚にしか見えない為、はっきり言って役立たずだったが、特殊召喚扱いなら話が違って来る。
類似効果のサイバー・ドラゴンと比較すると、やや召喚条件が厳しいが、自分の場にモンスターが居ても召喚出来るメリットがある。

また、相手がモンスターを3体以上コントロールしているならこのカードを複数出す事ができ、レベルが6である点も差別化の要因。


属性・種族も優秀で、闇属性は説明不要な程の利点だが、戦士族である点も大きい。

戦士の生還で使い回しができ、更に不死武士や一族の結束を使用する戦士族デッキで他のカードを妨害しないでアタッカーを確保する手段としても使える。

そして、エクシーズ召喚の登場により、このカードの有用性は更にアップした。
簡単に出せるランク6の素材として使用できる。

戦士族オンリーのデッキにおいても、このカードとドドドウォリアーを組み合わせて フォトン・ストリーク・バウンサーソード・ブレイカー といった高いランクのエクシーズモンスターを呼び出せる。


この様に、ポテンシャル自体は高いのだが、他の効果を特に持ち合わせてはおらず、直接アドに繋がる効果でもない。

更に、自体が劣勢の時にしか力を発揮出来ないので、汎用性は低め。

が、それでもこのカードが弱いという理由にはならない。
使ってみると案外強い……かも。
ちなみに、アニメにもちゃんと登場しており、バトルシティ編でエスパーロバが、ドーマ編で城之内がそれぞれ使用している。

城之内君なんで持ってんの…

また、5Dsでもチラッと登場しており、アキさんのブラロに破壊されている。

3回も出てきているのに破壊されてばっかりなのは気にしない……









追記・修正はこのカードをデッキに入れてから。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/