マール(クロノ・トリガー)

登録日 :2011/10/09(日) 01:39:30
更新日 : 2016/05/13 Fri 20:47:55
所要時間 :約 4 分で読めます





「変えちゃおうよ! こんな未来! 私たちの手で!」

SFC、PS、DS、携帯アプリで販売、配信されているゲーム、クロノ・トリガーの登場キャラクター。同作のヒロインである。……表ヒロイン、とも言われている。


【ストーリー中の活躍】

物語冒頭にて主人公であるクロノとぶつかり、大切なペンダントを無くす。それをクロノに拾ってもらい、渡される事でクロノに同行。
幼なじみであるルッカの発明品を見に行くクロノとともに発明品の実験に参加し、彼女のペンダントと発明品の作用により時を翔ける壮大な物語が始まっていく。
彼女とクロノが出会わなければ物語は始まらなかったし、冒頭、後述の発言が無ければ未来を救うという彼らの目標は有り得なかった。

すなわち超重要キャラクターである。表ヒロインとされる由縁である。
物語が動きだすきっかけとなる事件では、彼女は過去の先祖と入れ替わり、その事による歴史改変によって自分という存在がなくなってしまう。
クロノ達に助けられたあとも変わらぬ姿を見せてくれるものの、自らの存在からの死を体験をした彼女。心中はいかほどのものだっただろうか。

また、未来に飛ばされ、その悲惨な世界を目の当たりにした際にはクロノ達に冒頭のセリフを言い放ち、時空改変の決意を決めさせる。

要所要所で前に進む発言を行う等、序盤のイベントでは無言主人公であるクロノのかわりにパーティーを引っ張っていき、プレイヤーをも引き込む行動力を見せてくれる。


【人物像】

容姿の特徴はポニーテールの金髪に白い洋服である。
上記の通り、明るく前向きであり、パーティーの雰囲気をあげてくれるムードメーカー的な役割を持つ。

また、咄嗟の行動力もたいしたもので、過去に辿り着いたその先で、名前の違う王女のフリをしたり、父親が死刑になると聞けば、ステンドグラスをぶち割りながら
ダイナミックエントリーするなど、その行動力は半端ではない。

反面、女の子らしいところもあるようで、死亡したクロノが生き返るシーンにおいてはクロノに抱き付き涙を流してしおらしくなった。
この時、パーティーにいると最優先でマールとクロノのイベントになると言う優遇っぷり。

ストーリー全般においても優遇されている、正にヒロインである。


【戦闘面での活躍】

武器はボウガンを扱い、魔法属性は氷である。

ボウガンは『ちから』ではなく、『めいちゅう』の値が攻撃力に補正がかかるため敵と距離があるとそれなりの火力を持つ。
反面、敵との距離が近いと、ボウガンで殴るため、『ちから』の値で攻撃力補正されるため目もあてられない火力になってしまう。

魔法は攻撃型のものこそ少ないが、回復・補助に優れており、小回復に始まり、中回復、大回復、死亡から完全復活、味方の素早さを一時的に上げる、相手の素早さを下げる、等の魔法を揃えている。

『れんけい』においても、ルッカの火の魔法と組み合わせた高い攻撃力を誇る魔法やクロノとの連携などで、高い火力を叩きだせる。序盤や中盤は属性を持たせた攻撃の手段が少なく、クロノとのれんけいによる「かいてんオーラ」の全体回復は心強い。

が、何かと欠点も目立つ。

完全復活や完全回復魔法はあっても、全体を一気に回復するのはれんけいでしか出来ず、二人分の行動回数を使うなら道具を使った方が早い時も。

また、専売特許の完全復活も、終盤までメンバー固定のクロノが完全では無いにしろ復活魔法を覚え、自身の打たれ弱さから、復活させようとしたら先に殴られて共倒れと言うのもざら。

終盤になれば、アイテム等の回復手段も豊富になり、素早さを上げるのも装備で補強出来る、下げる魔法もボスには効かない等一軍落ちの要素が多い。

似たような魔法属性、安定して高い火力、高い防御力、一人で単体・全体回復魔法持ち等カエルを使う人も多い。

だが、完全復活、素早さを上げる魔法などはまったく使えないわけではないので、プリズムセット等を装備させ、愛で補おう。


【クロノ・クロスにおける活躍】

最終盤にクロノっぽい少年、マールっぽい幼女、ルッカっぽい幼女が出てきて世界の核心に触れる。

トリガーのマールと同一人物なのかについてはぼかされている。

もしリメイク、続編があれば……。


  • 余談
彼女の本名はマールディア。ガルディア王国のお姫様である。

マールだけでは偽名になってないような気もするが、その安易な名乗りが名前変更可能な本作ではカオスの要因となる。

ガルディア付近の人達は皆この本名で呼ぶために……

また、虹の貝殻イベントにてエイラ曰く「おっぱいないな……」と言う事から貧乳だと言う事が解る


追記・修正しちゃおうよ! こんな項目! 私たちの手で!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/