アークザラッド精霊の黄昏

登録日 :2010/11/30(火) 00:12:51
更新日 : 2014/11/15 Sat 14:57:45
所要時間 :約 5 分で読めます





PS2で発売されたシミュレーションRPG
開発は3のアーク・エンターテイメントではなく、キャトルコール


〈概要〉
アークシリーズの第5作目となる作品であり、3から更に1000年の時が流れた世界が舞台となる。

今作でキーとなるのは、精霊の力が宿っている資源「精霊石」の存在であり
便利な生活の為に精霊石を消費する人間と、己の力である魔法を行使するのに魔法石を必要とする魔族(進化したモンスター)二つの勢力が争う……
大まかに言うとそんなストーリーである。

分かり難い場合「残り僅かな石油を皆が奪い合っている状態」と考えてくれ。


3の“ギルドを請け負う→シナリオ進行”が不評だった為か、シリーズ目玉の一つであったギルドは存在しない。
ストーリーは章ごとに区切られており、魔族側の主人公「ダーク」と人間側の主人公「カーグ」のシナリオを交互にプレイして進める。


〈特徴〉
まず、ストーリー内容が暗い
自分勝手な人間と、好戦的な魔族はお互いを毛嫌いしており両者の溝が深く、
仲間になるキャラクターも大体が何らかの因縁を持っており、ストーリー中でも魔族側、人間側のパーティーが何度もぶつかる事となる。

ストーリーを見ていると魔族側の方が感情移入し易かったりする。
敵の人間達が卑怯過ぎるからかも

上記の通り確執がある為、魔族の住むアルド大陸と人間の住むラグナス大陸の二大陸を自由に行き来する事が出来ない
従ってアルド大陸はダーク編で、ラグナス大陸はカーグ編で攻略して行く事となる。


戦闘システムも多少変化して、今までマス目状だった範囲表示が円形になったり
ドロップしたアイテムや金は地面に落ち、上に移動し「拾う」コマンドで拾わなければ回収されなくなった。
今作は結構金欠になりがちなので、落ちた小銭は敵を無視してでも拾おう。


〈主な人物紹介〉

人間側
  • カーグ(CV.野島健児)
旧ニーデリア王家の子息であり、小さい頃から愛情と庇護の下に育って来た青年。
色々と甘ちゃんなキャラクターだけど、そこが良いのよ。
主人公だけあって戦闘では攻撃、回復共に優秀
弱点は、攻撃範囲の広い技が少ない事だろう。

  • ポーレット
カーグの幼なじみであり、代々ニーデリア王家に仕えてきた家の娘、
父親を殺した魔族に復讐を誓う。
戦闘では紐に付けたナイフをブンブン振り回して攻撃する、正直近くには居たく無い。
そこそこの距離、範囲に攻撃出来る、可もなく不可も無い強さ。
おっぱいにホクロがある。

  • マル
森で独りぼっちで暮らして来た少年
首に王冠を掛けて、自分は王子だと言い張っている。
人間側の良心のような子
射程の長い弓を武器とし、人間側では1、2を争う強キャラ
素早い為に行動回数に恵まれ、技も優秀なものが揃っている。

  • ガンツ
自然の中で一人暮らす元傭兵の無口な男
戦友を魔族に殺された。
戦闘では異常に攻撃範囲の狭い斧を使う。
体力は豊富だが、あまり打たれ強くないので敵に囲まれないようにしよう。



  • シャムスン
世界をまたにかける盗賊団の首領
何故かカーグ達に協力してくれる。
一時期だがパーティー入りもする
回避率が高い、胸毛が凄い。

  • ザップ
自称“探検家”の奇妙なじいさん
カーグに色々なお使いを頼んで来る。

  • ダッカム
独裁国家ディルズバルド帝国の皇帝
精霊石の中でも特に強力な力を持つ「五大精霊石」を集め、世界の支配を企む。
冷たい瞳をした、非情な男

  • タチアナ
ディルズバルド軍の研究の一人であり科学者。
ダッカムに忠誠を誓い、カーグ達とは敵対していたが
自分が彼にとって捨て駒に過ぎなかった事を知る
後にカーグの許しを得てメンバー入りした。
光属性の技にマジックシールドと、実は対ラスボス兵器になるキャラ
仲間になるのが遅いので、意識して育てよう。


魔族側
  • ダーク(CV.鈴村健一)
幼い頃から天涯孤独で、人間に近い容姿から差別や虐待を受けて育った。
結果彼は自分が存在する為に力を使い始めるが、後に魔族が存在する為に力を使う。
魔族の王となる為に。
使い易い魔法を覚え、通常攻撃の範囲も広い優秀なキャラクター
特に「覚醒剣」と発展技の「龍牙覚醒剣」は強力

  • デルマ
オルコ族の……少女?
見た目は少し怖い、仕草は可愛いのに。
後、ダークが好きっぽい
戦闘では攻撃・補助の魔法に肉弾戦もこなす器用貧乏

  • ヴォルク
孤高に生きる誇り高きウーファー族の戦士
人間に家族を殺され、復讐に生きるべくダークの仲間となる。
魔族側ではダークと双璧をなすハイスペックなわんちゃん
魔法・通常攻撃が広範囲で威力も高く、補助技まで使える。

  • カトレア
植物系魔族の賢者。
ディルズバルド軍に捕えられた挙げ句実験素材にされてしまい、しわくちゃの老婆になってしまった。
元の姿は美貌の乙女だった……と本人は言う。
低火力で敵を倒せないので、レベル上げに苦労するキャラ
回復魔法は非常に優秀。

  • ベベドア
私はベベドア
操り、操られる存在
相手の心を色で読む事が出来る人形
モンスターを操作する技「アヤツリ」が特徴的。



中立者
  • リリア
精霊の声が聞こえると言う不思議な少女
精霊に選ばれた巫女でもある。

  • ちょこ
今作でも登場する、最強の幼女
専用アイテムを装備した彼女に敵は居ない。
残念ながら、今作ではアクラにはなれない。
隠しキャラであり、ダークの仲間になる

  • ヂークペック
名前が紛らわしいロボット
こちらは肉弾戦に強い、まだまだ現役のポンコツ。
……声変わりました?
隠しキャラであり、カーグの仲間になる。

  • クラーフ島民
人が不必要な文明を捨て、魔族が戦いを捨てた島の人々

以下ネタバレ




























ラスボスは闇黒の支配者




Wiki籠もりよ、我が項目に更なる加筆をッ!
「追記・修正!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/