真紅(ローゼンメイデン)

登録日 :2011/02/03(木) 22:59:02
更新日 : 2017/08/03 Thu 10:32:40
所要時間 :約 5 分で読めます





私の名は〈真紅〉薔薇乙女の第5ドール
そしてWiki籠もり、


おまえはこれより真紅の下僕となる





真紅は、誇り高きローゼンメイデンの第5ドール。
物語の中心であり、ヒロイン的立ち位置にいる。

CV.沢城みゆき/堀江由衣(ドラマCD版)

契約者は引きこもり中学生桜田JUMこと桜田ジュン
人工精霊はホーリエだが、中の人は関係ない。


人形師ローゼンが作ったローゼンメイデンシリーズの第5ドール。
その名が示すとおり、真紅のヘッドドレスとワンピース、ケープを身につけている。
蒼目で、身長より長い金髪をツインテールにしている。ツインテールの先端は巻き毛。
ちなみにこのツインテは真紅の意志で鞭のように扱える。
口癖は「〜(なの)だわ」。原作では頻繁に使うが、アニメではそうでもない。
また、アニメでは服装の一部が簡略化されている。



【性格】
一言で言ってしまえば『女王様』。
項目冒頭の台詞からも伺えるように、誇り高い。
またマナーや時間にも厳しく、雛苺を叱りつけたりもする。

初対面のジュンをいきなり下僕(アニメでは家来)にしてみたり、紅茶の入れ方にけちをつけたりと、ツンツンした部分が目立ちがちだが、
本当は契約者であるジュンとの絆を大切にしたり、他の姉妹を気遣ったりと、優しい子なのである。
基本的に冷静だからか、周りの騒がしい姉妹に頼られてしまうこともしばしば。
だが、本当は恐怖や不安を感じているらしく、自分の腕を無くした際は「ジャンクになっちゃった」と涙を流したり、ジュンに胸の内の不安を打ち明けたりもしている。



【アリスゲーム】
お父様ことローゼンの望みだが、真紅自身は『他の姉妹からローザミスティカを奪ってアリスになること』を疑問に思っている。
真紅の目的は『自分なりの方法でアリスゲームを終わらせる』こと。




【趣味・嗜好】
好きなものは紅茶だが、自分で淹れることはない
JUMくんやのりお姉ちゃんに入れさせてはダメ出しをしている

趣味は読書。
ドイツ語で書かれた錬金術関連の本を愛読している。
錬金術を知ることでお父様に思いを馳せているのだろうか…。

また、もうひとつ、真紅を語る上で欠かせないのが『くんくん探偵』の存在だろう。
普段は冷静な真紅も、『くんくん探偵』を目の前にすると周りが見えなくなってしまう。かなりかわいい
真紅に熱視線を送られるくんくん探偵になりたいと思った紳士多数




【弱点】
いくら真紅がしっかりさんとはいえ、苦手なものがないわけではない
現在判明しているものは猫、暗闇、ラプラスの魔
料理もあまり上手とは言えない…が、真紅の愛がこもってれば食べられるだろう、常識的に考えて

水銀燈とは好敵手であり苦手な相手でもある。 原作では純粋に考え方のソリが合わないだけのようだが、アニメでは真紅がローゼンから貰ったブローチを水銀燈が砕いてしまい、激怒した真紅が水銀燈を「ジャンク」と罵ってしまった事で関係が決裂してしまった。




【戦闘】
対人間ではツインテールこと「巻き毛ウィップ」が大活躍

nのフィールドや、他のドールと戦うときは、ステッキを用いた接近戦と薔薇の花弁による遠距離攻撃や防御壁を駆使する
原作では「薔薇の尾(ローズテイル)」という技を使用
また、他の姉妹とは違い肉弾戦に持ち込むことも多い。水銀燈を殴って地面と平行に吹っ飛ばしたこともある。何処のDBだ…




【真紅いろいろ】
桜田家で最初に気に入った場所は『トイレ』
芳香剤や家具の配置なんかがお気に召した模様。真紅かわいい

同じくツンデレキャラクターとしてわかりやすい翠星石がいるためか、いまいち目立たないことも
登場ドールが増えてからはロリな雛苺や僕っ娘蒼星石、乳酸菌銀様やドジ策士金糸雀なんかの影に隠れてしまうことが…
ええい、周りが濃すぎるんだ!

不本意だが不人気などという不名誉な呼ばれ方をされることもある。
メインヒロインなのになんたる仕打ち…

しかし、ボロボロになってヘッドドレスを外した真紅のデレは破壊力抜群。
この時ジュンに対して「レディが髪を触らせるのは心を許した相手にだけよ」と言いながら髪を結ってもらっている この事から相当ジュンに惚れ…おや、誰か来たようだ

【真紅の美しさについて】
一般に、「真紅はブスではないが…」、「主人公なのに存在感に欠ける」、
「水銀燈萌え」などと言われているが、これに関しては、はっきり否と言わざるを得ない。

真紅はこの上なく美しいのである。
あの切れ長の目を見よ。
(幻冬舎ローゼンメイデンの最初の方の巻参照)

また、ファンでも、「真紅は好きだけど一番となるとやっぱり翠星石」、
「水銀燈萌え」等と言う方が多くいらっしゃるが、
これに関しても、ちょっと待っていただきたい。
本当に真紅より他の奴等の方が圧倒的にきれいなのだろうか。

真紅の顔をよく見ていると、冷たい表情をしている時は水銀燈に似ている。
眼を見開いた時の顔は、翠星石を思わせる。
姉妹だけあって互いによく似ているのである。

その中でも凛とした美しさを持つ真紅は、やはり一番美しい、
と思わずにはいられない。
しかし、個人の好みもあろうから、その辺りの最終的判断はファン諸賢に委ねる事にする。
近年、ヤングジャンプにおいて、真紅の事を老婆のように
表現している事があるが、
これは憂慮すべき事態である。
巷の風評被害を受けたとしか考えられない。

「真紅は主人公だが好み的には脇役」と考えておられる方々に、
今一度最初の方の巻で真紅の事を良く見て頂きたい。
真紅はストレートな美人なので、
誰の目にも受け入れやすいと思う。






私は真紅。
誇り高きローゼンメイデンの第5ドール。
そして幸せな、あなたのお人形…





真紅をもっと幸せにしてあげるための追記修正をお願いします




この項目が面白かったなら……\ポチッと/