レッドドラゴン(RPF)

登録日 :2012/02/01(水) 19:18:56
更新日 : 2015/07/29 Wed 19:57:39
所要時間 :約 5 分で読めます






伝説、開幕。


救うのか。滅ぼすのか。
それとも" 革命 "か――。


五人が織り成す、六夜の奇跡。

レッドドラゴンとは、星海社ウェブサイト・最前線が展開するTRPG(テーブルトークRPG)のルールを元に作られた全く新しいコンテンツ・RPF(ロールプレイングフィクション)作品である。
プレイヤーとして参加した作家陣が好き勝手に作り出したキャラクターを、ゲームブックとして作りあげ、ペーパーフィギュアや十面ダイス等を用いて展開する。
これはゲームでは無く、プレイヤー達がゲーム内で生み出した世界、物語をSSやログを見る様な形式であるRPFの作品となっており、ネット上で無料展開されている。

物語は全六夜を予定されており、現在は第ニ夜までが公開されている。
第三夜は九月下旬より順次公開予定。

  • 内容
二つの大国、ドナティアと黄爛の冷戦の狭間でもがくニル・カムイという島国を舞台に、FM、プレイヤーキャラクター、そして <赤の竜> を主軸に物語は動きだす。
物語を用意するFM以外は、当然ながら用意されたシナリオ等を知らず、またプレイヤーのアクション次第で展開が変わるためFMでも物語全体の予測が出来ない。
用意していたシナリオを覆すような選択をとるプレイも有りなので、アドリブ的な自由度の高さで物語が進む。
その為、非常に先の読めない展開が待っており、それが魅力の一つとなっている。

  • 参加作家陣とそのキャラクター。

  • 三田誠
『Fiction Master』
作品全体のシナリオを担当し、FMとして物語を作る。
作中では各キャラクターに近しい者として問い掛けたり、はたまた敵として行動したり、語り部として物語を進める。
代表作は『レンタルマギカ』『イスカリオテ』など。

  • 紅玉いづき
『エィハ』
舞台となるニル・カムイにのみ生息する、蔦の鎖で魔物と繋がれ、融合した「つながれもの」の少女。
巨大な犬の姿と、蝙蝠の翼を持つ両目の潰れた魔物ヴァルと命を共有している。
人間に捕われ、奴隷として取引されていたが、ある日、同族のジュナと出会い、革命軍に参加する。
いきなりFMである三田氏からとんでもない選択を迫られ、死んだ顔で退席した。
代表作は『ミミズクと夜の王』など。

  • しまどりる
『忌ブキ』
かつてニル・カムイを統治してきたとされる一族、黄統種の末裔の少年。
忌み子とされ、処刑される運命から生き延び、その後は生い立ちを隠して平和な生活をしてきたが、<赤の竜>との出会いをきっかけに革命軍入りする事になり……。
紅玉氏同様に、いきなり三田氏に弄ばれる。
氏はプレイヤーとしてだけでは無く、本作のアートディレクションも務めている。
各キャラやイメージイラスト。
フルカラーで作られたゲームブックの絵等を手掛けた。

  • 奈須きのこ
『スアロー・クラツヴァーリ』
七竜のうち三柱と契約し、一度世界を制したドナティア帝国が誇る黒竜騎士団員として参加。
自らが手で使用した物を例外無く破壊してしまう「粉砕」の呪いにかかった青年。
<黒の竜>の契約で適性値が三倍の三倍で九倍になったりする流石の厨二力でチートキャラ。
頭が悪いらしく(無能ではない)、自分では何も出来ないからメイドを雇っている。
見た目が一番主人公っぽいが、一番ふざけたキャラでもあり、婁との絡みは見物。
代表作は『空の境界』『Fate/stay/night』など。

  • 虚淵玄
『婁震戒(ロー・チェンシー)』
帝国と冷戦中の大国、黄爛の宗教組織・八爪会の武装僧侶。
意志を持ち、人語を解す妖剣・七殺天凌(チーシャーティエンリー)の導きで暗殺者となった。
目標を確実に葬り去る腕を持ち、その名が闇の世界に知れ渡るようになる。
作中では隠密失敗を連発するドジッ子で、暗殺者というよりただの殺人鬼だが……。
三田氏からも「本当にえぐい」と言われていたりする。
第一夜の終盤で凄まじいプレイングは必見。
代表作は『Fate/Zero』や『魔法少女まどか☆マギカ』など。

  • 成田良悟
『?????』
?????。
イメージイラスト以外全てが謎。
イラストを見るかぎりでは、ドラえもん体型でドリル持ちの機械人形っぽいが、詳細は不明。
作中でいよいよ正体を現したが……。
代表作は『バッカーノ!』『デュラララ!!』など。

また、本作では場面毎にBGMが用意されており、それらを『伝説のオウガバトル』や『FF12』でお馴染みの崎元仁氏が手掛けている。
曲も相まって、実際に物語の中へと溶け込まれていく様な感覚があり、それがプレイヤーが織り成すRPFの真骨頂なのだろう。

この度、待望の書籍化が決定!
『レッドドラゴンⅠ 第一夜 還り人の島』に続き『レッドドラゴンⅡ 第二夜 竜の爪痕』が9月13日に発売!
さらに10月には作中で使われている楽曲を纏めたサウンドトラックが――。
そして実際に使われていたキャラクターブックが商品化決定!
そこにはメイキング風景なども追加され、作中では知りえないキャラクターのデータなどが拝見できる。
実際にTRPGとしてプレイが可能かは不明だが、実際のプレイの空気感を味わえる貴重な書籍になるだろう。



追記するのか。修正か。
それとも "スレマゲ" か――。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/