ロサンゼルスBB連続殺人事件

登録日 :2010/06/10(木) 19:24:15
更新日 : 2017/03/14 Tue 21:34:07
所要時間 :約 2 分で読めます




ロサンゼルスBB連続殺人事件――別名LABBとは、西尾維新が著した、漫画『DEATH NOTE』のノベライズ作品である。
時系はキラ事件より数年前。語り手はメロだが、物語の進行は主に南空ナオミへの三人称視点で描かれる。

西尾らしさが出過ぎてデスノの雰囲気を壊したと西尾作風についていけなかった人も多く原作好きには評価は悪く、原作レイプとまで呼ばれている。
やはり例に漏れず言葉遊びや叙述、複雑なトリックがふんだんに使われている。最後も、余韻を残すような締め方である。
だが、「Lの伝説(ノート)」を謳う宣伝がされたにも関わらず、作中の主な展開は南空ナオミの視点で描かれる。
事件解決までLは直接登場しないため、原作より扱いが悪いとさえ言える。

登場人物の欄に、犯人が犯人として記載されている為、初見の人は驚くことだろう。
また、小畑健の挿絵も目を見張るものがある。


【あらすじ】
FBIで大きなミスをしてしまい、しばらく休職していた南空ナオミの元に、突如メールが届く。差出人はL。
内容は、事件解決の為に協力を要請するもの(≒手駒になる事を強制するもの)であった。
内心嫌々ながらも承諾したナオミ。彼女が現場に行くと、極度に猫背な男が出てきた。
「竜崎と呼んで下さい」



【登場人物】

L―――――――――――名探偵

南空ナオミ―――――――FBI捜査官

ビヨンド・バースデイ――犯人

レイ・ペンバー―――――FBI捜査官

ビリーヴ・ブライズメイド
└第一の被害者
クオーター・クイーン
└第二の被害者
バックヤード・ボトムスラッシュ
└第三の被害者





ロサンゼルスBB連続殺人事件

L.A.B.B.

L is After Beyond Birthday.


追記・修正よろしく
削除、削除、削除ォオ!ガリガリ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/