ホットドッグ(装甲悪鬼村正)

登録日 :2009/11/20(金) 13:54:33
更新日 : 2017/06/04 Sun 21:35:34
所要時間 :約 3 分で読めます





ホットドッグとは、装甲悪鬼村正に登場する劒冑である。

銘【ホットドッグ】
仕手【湊斗景明






















ネタバレ
第三章で村正が装甲競技(アーマーレース)に出場した際に使われた登録名。

試合前日の予選でポリスチームのホットボルトが壊れ生涯を終えたため足利茶々丸にそそのかされた湊斗景明が、他チームの余剰パーツを買い取り、自身の村正に取り付け、レーサークルスとして改造した。

ちなみにこの名前はポリスチームが税金ではなくチームメンバーの給料を切り詰めて参加費用を捻出したことに由来するらしい。
漢字にすると串焼腸詰。

銀星号の気配を追って装甲競技の会場を訪れた景明と村正だが結局銀星号本体も銀星号の力を受けた劍冑・仕手も発見できずにレース決勝の日を迎える。

銀星号に力を与えられた仕手が決勝戦中に目覚めてしまう可能性を考慮し、被害を抑える為にクラッシュしたポリスチームの予備機という名目でホットドッグ(村正)はレースに参加することになる。


数打、ましてや戦う為ではなく走る為だけに造られたレーサークルスを「紛い物」と見下していた村正は偽装も参加も嫌がっていたが。



レース本番。最新のレーサークルスが激戦を繰り広げる中で唯一レースに勝つことが目的ではない景明と村正は最下位に位置しながらレース全体の様子を見ていた。
ただしこれは故意にではなく、走るだけなら真打よりもレーサークルスのほうが上だから仕方のない順位でもあった。

当然と言うか、レースの主催者である今川雷蝶からは見るところがないだの駄作の劍冑だの言われることになる。


レースも中盤に入り、選手達の近くに位置する為にはコースを外れるのも止む無しと結論づけた景明。村正にその意図を伝えようとするが

《騎航れば……いいんでしょう……?》
《速く飛べばいいんでしょう。……速く……飛べばっ!!》

《舐めるな餓鬼共!!ぺらぺらの紙細工がッ!!》
《真物の劍冑の力――思い知りなさい!!》


それとほぼ同時に我慢の限界がきたらしい村正が(勝手に)陰義の準備を開始。
村正を説得するのと好きにさせるのとどちらがマシか一瞬で結論を出した景明も了承して磁気加速を行う。
さすがに陰義の力は絶大で一級のレーサークルスにも届く速度まで加速した。

が、それだけでは村正の気は済まなかったらしい。

それまでの戦いで手に入れていた銀星号の力の一端、重力制御をも併用した超加速を(勝手に)使い、一気に追い上げる。


力を制御しきれなかったらしく、景明も力の制御に回り辛うじて加速を抑えることに成功する。
その後は雷蝶からお誉めの言葉を頂いたことと自分の力を示したことで満足したのか景明の指示に従ってレースをこなした。

ムキになった様子や雷蝶から認められた時の得意気な微笑みに心を磁気加速されたプレイヤーは多いことだろう。

村正かわいいよ村正。



因みに、ポリスチームの本来のレーサークルス「ホットボルト」は村正に似せてデザインされており、赤い鉄甲や二つ目等結構似ている。
加速性能は出場したレーサークルス中では低い……というか最低レベルだが装甲の厚さから乱戦に強いらしい。


御堂! さっさと追記・修正するのよ! 早く!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/