スーパーロボット大戦W

登録日 :2010/02/07(日) 01:00:00
更新日 : 2017/08/16 Wed 03:10:51
所要時間 :約 7 分で読めます





2007年3月1日発売。
開発元はエーアイ、発売元はバンプレスト。



【概要】

最大の特徴はストーリーが前編後編の二部構成になっていること。
A「ADVANCE」R「REVERSAL」D「DESTINY」J「JUDGEMENT」 だったが、今回のWはDSのダブルスクリーンと二部構成のストーリーからなるダブルミーニング。
ちなみにパッケージ裏には 「WARNING!」 と書いてある。

この作品だけで一作目と続編の二つ分楽しめるお得な作品。

MXやJと同様に「お気に入りシステム」を搭載しているが、本作では一部と二部で選び直す形式になっている。
一部では種とかオーガンとか空気だしね。
クリア毎にお気に入りはリセットされるが、4週目以降は全作品お気に入り状態になる。


ストーリーは様々な作品にかなり深く野心的なクロスオーバーが見られ(テッカマンとオーガン、ゴライオンとガオガイガー等)、オリジナルもそこに巧妙に絡んでくるため非常に評価が高い。

しかも外伝などのコアなファンしか分からないようなネタまで入っていたり、『なぜなにナデシコ』の再現度が高かったりとネタにも余念がない。

ファンサービスも充実しており、ナデシコでは今まで生存がルート選択だったヤマダ・ジロウ(ダイゴウジ・ガイ)が生存確定になり、(グラフィックは組み合わせた使い回しだが)第二部劇場版用のオリジナル機体が用意され、顔グラも劇場版風に新たに作られた。
しかもブラックサレナ時のアキトとの合体攻撃(ダブルゲキガンフレア)まである。

このことから、スパロボ補正に関する話題では本作の内容が挙げられることも多い。


戦闘アニメーションは一部Jの使い回しがあるもののとんでもなく良く動き、演出もかなり凝っている。
なぜデュエルガンダムのビームサーベルのカットインを使い回しせずに削除したんだ
ガオガイガー系などは αシリーズ よりこちらの方が再現度が高い(なんと氷竜たちボルフォッグは台詞に合わせて口パクするという凝りよう)。

また、ほとんどの味方機体にトドメ演出がある。ない機体を探した方が早い。

そしてオリジナルのBGMもストーリー同様に評価が高い。
良曲が多いので必聴の価値あり。


欠点は携帯機なのでやむを得ないがボイスがないことと、顔グラフィックに感情の変化がないこと。
そしてあまりにも難易度が易しすぎることくらい。誤字脱字の多さも目につく。

一方で初見殺しと名高いガウルンに泣かされたプレイヤーも少なくない様子。
ちなみにボイスは無いが声優ネタは色々とある。


これらの要素からスパロボ史上最高傑作との呼び声も高く、『第2次スーパーロボット大戦Z 再世編』の発売に際してファミ通で行われたアンケートでは「好きなスパロボ作品」で見事1位を獲得した。



【参戦作品】

★は新規参戦

フルメタル・パニック!
フルメタル・パニック? ふもっふ
フルメタル・パニック! The Second Raid
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
機動戦士ガンダムSEED
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
★機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
宇宙の騎士 テッカマンブレード
宇宙の騎士 テッカマンブレードⅡ
DETONATOR オーガン(デトネイター・オーガン)
マジンカイザー
マジンカイザー死闘!暗黒大将軍
☆ゲッターロボG
☆真ゲッターロボ(原作漫画版)
★百獣王ゴライオン
機動戦艦ナデシコ
劇場版 機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-
勇者王ガオガイガー
勇者王ガオガイガーFINAL(『GRAND GLORIOUS GATHERING』含む) 


メインはガガガ、テッカマン、ナデシコ、フルメタ。
ゲッターはほぼいるだけ参戦。
今回はボン太くんラグビー部といったふもっふネタもある。
種はアストレイの方がメインなため裏方に回っている。



【ストーリー】

連合宇宙暦98年。

トレーズ・クシュリナーダが起こした「革命戦争」により世界は国家や民族を尊重する新たな共和制になり、その意思統一機関として「新・国際連合」が誕生した。


しかし、この頃から地球は宇宙の驚異にさらされる。

白鳥座方面探査プロジェクト「シグナライト計画」の失敗。

正体不明物体「EI-01」の落下。

謎の地球外生物「ラダム」の侵略。

木星方面から侵攻してきた異文明「木星トカゲ」。


連合宇宙暦99年。
世界は今、新たな戦いを迎えようとしていた。



【オリジナルキャラ】

戦艦『ヴァルストーク』で暮らすトレイラー(便利屋)で『ヴァルストークファミリー』と呼ばれる。
一人を除き全員血が繋がった『アーディガンファミリー』である。

カズマ・アーディガン
16歳。長男。
オリキャラがほぼ肉親であるため珍しく非リア充な主人公。ヴァルホークのメインパイロットを務める。
一直線の熱血バカで、考えるより動くタイプ。怒られることが多い。
彼女を欲しがり、バレンタインデーには版権キャラ(命やミナト)の義理チョコを期待する悲しい独り身。一部キャラとはフラグは立っているのだが…
後半ではイメチェン図ったが…黒歴史になった。顔とご飯は赤歴史なんだけどね。
周りがなかなか言えなかったことをハッキリ突っ込めるルネは流石リオン・レーヌである。
???「し て い た」

ミヒロ・アーディガン
10歳。三女。
ヴァルホークのサブパイロット。
兄思いで健気ないい子。
しかしブラコンなためお兄ちゃん成分が足りなくなると黒くなる。
なぜか一家で一人だけ黒でも茶でもない緑色の髪だが理由は不明。
ビッグボルフォッグだーっ!!」

◆アカネ・アーディガン
20歳。次女。
砲撃手。
やや粗暴な性格で怒りやすい。
貧乳マヨラー。
一応揺れます。相当な動体視力がいるが。
(ちなみに作中で言われるほど小さくはない)

◆シホミ・アーディガン
22歳。長女。
オペレーター。
優しいお姉ちゃんだが怒るとかなり怖い。
糸目。本気で怒ると開眼して小宇宙が大変なことになるらしい。
カットインがなんとも残念すぎる。(乳揺れ的な意味で)

◆ブレスフィールド・アーディガン
45歳。父親。艦長。愛称は“ブレス”。
若い頃からトレイラーをしており、大河長官や火麻参謀、フリーマンとは旧知の仲。『鷹の目』の異名を持つ。
交渉術の手腕も良いがプロスペクターは苦手。

ホリス・ホライアン
操舵手。唯一アーディガンの人間ではない。
飄々とした青年だが実はかなり切れ者で、よくアカネをからかって怒らせる。
発売前は、その怪しい風貌からネタにされまくっていた。
最強武器のファミリーカットインでハブられている。

◆キャレット
一家の世話をするロボ。ロペット枠。

◆ガレント・カベリナリオ
ブレスのお目付け役で『鬼の腕』の異名を持つ。
整備や情報収集をしてヴァルストークファミリーをサポートしている。
出番は少ないが全身絵はちゃんとある。


《ザ・データベース》
訪れた星のデータを収集し、終わった後は破壊しようとする組織。 目的が伝承族そのまんま

◆アリア・アドヴァンス
謎の機体に乗り、時には味方時には敵な謎の少女。唯一の乳揺れ要員(シホミは角度が残念)。
木星での戦いでザ・パワーでビンビンになった最低勇者ロボ軍団にレイプされるが、
パーツ増殖バグが発見されると勇者王ガトリングドライバーでカズマを掘った方が早いため姦り捨てられた。

◆アプリカント
謎の仮面。誰かに似ているが…

インファレンス
データベースの実質的なリーダー。
邪気眼だが…

◆クリティック
データベースの幹部。
うざい管理職。
政治家っぽいキャラかと思いきや全身像は剣士なキャラで見た者の腹筋を割った。

◆レギュレイト
データベースの幹部。
エロい。特にカットインが。火麻参謀が悔しがるわけだ。



【主役機】

選択式ではなくヴァルホーク一択。残念。
因みに主人公機の武器名は、システム設定で変更可能。

◆ヴァルホーク
ロボットに変形できる可変型戦闘機。間違えやすいが戦闘機が基本形態。
ロボット形態ではライフルやサーベルなど標準的な武装を持ち、近~遠距離までこなせる。

◆ヴァルストーク
戦艦。
アーディガンファミリーの家もかねる。機動力が高いのがウリ。
明らかにグニグニ動く“手”みたいな形の主砲を持つため、最初から「これ人型に変形するだろ」とバレバレ。
被弾すると誰かの部屋が壊れる可能性があるので、意外と装甲任せで突っ込むわけにはいかなかったりする。

◆ヴァルガード
ストークとホークが合体した形態。
その予想外の異様な姿に「これが後継機か…」と挫折しかけた人も。
しかしこちらもこちらで味はあると評価する人も。
見た目の悪さから、更に先の形態がある筈。と感付いた人も多いのではないだろうか?
見た目は某ファミコンで動かすロボット。ポジションはR-2パワード
通称ヴァルドスコイ。

ヴァルザカード
ヴァルガードにいろいろ合体した最終ロボ。
詳しくは項目で。



【その他】

総じて高い水準の本作だが、稀にガオガイガーが優遇されすぎと批判される事がある。
コアなネタや戦闘アニメの力の入れようもそうだが、一番の原因はBGMが12曲もあるから(通常で9、FINALで3)。
しかも『勇者王誕生!』は通常版と集大成神話バージョンで2つある。オリジナルでも9曲なのに……

別に他が手抜きになっている訳ではなく品質も高いし、ガオガイガー好きにとっては有り難いことではある。
(もしくは版権料が安いという説もある)

しかしナデシコ(TV版4曲、劇場版2曲)やオーガン(3曲)は人気の高い曲がカットされたりと残念な選曲も。
ナデシコはまさかのゲキ・ガンガー3があるのだが……

8年振りにTV版が参戦した『スーパーロボット大戦BX』では大幅に減り4曲になった。
同時参戦のTV版ナデシコは同じく4曲で、なぜなにナデシコ以外の3曲が変更されている。


また、なにかと親父がヨイショされるところや、最後の片付け方がクリティックに全部押し付けなところも批判されがち。


例によって本作にも没データが存在している。
後年には本作のオリジナルキャラの顔グラも発見されている。勿体ない。
もしかしたらOGで復活採用されるかもしれない。

女カズマ男ミヒロ (それぞれ一部と二部有り)
ユウミ(レギュレイトの反転、髪や目の色が異なる)
アリアに対応する男性キャラ(ディセイバーと表情などが多少異なる)

「スパロボW 男女選択」「スパロボW 性別選択」で検索してみよう。





追記・修正はご随意に

この項目が面白かったなら……\ポチッと/