おやすみプンプン

登録日 :2010/12/15(水) 20:21:40
更新日 : 2016/10/29 Sat 08:36:57
所要時間 :約 3 分で読めます




ヤングサンデーで連載していたが、現在はビッグコミックスピリッツで連載している漫画。
作者は男前だけど死んだ魚の目をしている事で評判の浅野いにお氏。


《あらすじ》
主人公であるプンプンが小学生、中学生、高校生を経て成長していくと言う物。
後で書くがなかなか波乱万丈な物になっている。


※以下はネタバレの可能性有り※

《登場人物》
◆小野寺プンプン(旧姓、プン山)
本作の主人公でありながら、一番変な奴。
チョコパイ好きのヤングガイ。
好きな娘の為に頑張ったり、部活に精を出したり、高校生になると腰パンに長髪と普通の少年。
これだけだと、普通なのだが……。
彼は子どもの落書きのような鳥(?)の姿をしている。
彼だけで無く、彼の両親、叔父も同じく鳥(?)の姿。が、祖父は普通の人の姿。
彼のセリフのみ吹き出しではなく独白になっている。
彼は小学生にしてファーストキッス、中学校卒業時には童貞も卒業しちゃってる。
精通は小学五年生。
露出狂まがいの事をしている。
最近では△だった時もあった。
そして現在では身体は普通の人間だが頭は……の姿となっている。


◆田中愛子
物語の初めに、練馬区から越してきた女の子。
プンプンが一目惚れする程可愛らしい。
親は『コスモさん健康センター』なる宗教の信者で、それがコンプレックス。
鹿児島に医者でお金持ちの親戚がいるらしい。
親から逃げるためにその親戚の所へ行こうとプンプンと約束するが、プンプンが破ってしまう。
それまでにも何度か約束を破った事などが重なり、プンプンとは疎遠になる。
中学生時には先輩と付き合ったりしてる。


◆小野寺プンプンママ
プンプンの母親で巨乳で若干のアル中。
小学生時代に巨乳である事でいじめられるが、親には秘密にしていた。
プンプンの事を嫌っているようで、本当は大好き。
夫であるプンプンパパの事も離婚した後もまだ好きな様子。
離婚後には、プンプンパパに成り代わってプンプンへ毎月手紙を出したりと、なんだかんだでプンプンの事を気にかけていた。
肺気胸で入院した際、検査で癌が発見された。
その二年後、癌により亡くなった。


◆小野寺雄一
プンプンの叔父でプンプンママの弟。
美術大の院を卒業後、市営のカルチャースクールで陶芸を教えていた。
年がら年中ニット帽をかぶっている。
結婚するが、軽い鬱で通院中。


◆プンプン山プンプンパパ
プンプンの父親。
リーゼントっぽい髪型に口髭を生やしている。
会社で単身赴任の命令がきたものの、家族の為に断るとクビになった。
そのせいもあってか夫婦仲は悪く、しょちゅうプンプンママと喧嘩していた。
物語の序盤で、プンプンママをレンジで殴ってしまう。
裁判の結果、離婚する。親権はプンプンママにあるよう。
なんだかんだで家族を愛してる。
現在は福岡で水道局の夜間の警備員をしている。
巨人ファン。


◆神様
プンプンが呼ぶと出てくるおっさん。
神様神様チンクルホイと言うと出てくる。言わなくても出てくる事もしばしば。
プンプンに助言をするが、あんまり当てにならない事ばかり言う。


《余談》
サンボマスターのメンバー全員が愛読している。


追記、修正よろしくお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/