エア・ギア

登録日 :2009/12/23(水) 00:46:04
更新日 : 2016/09/26 Mon 13:14:05
所要時間 :約 4 分で読めます




週刊少年マガジンにて連載していた漫画。
作者は大暮維人。全37巻。
30巻、31巻、32巻はOAD付き限定版が発売された。

テレビアニメ?なんだっけそれ



エア・トレック (AT) と呼ばれる、超小型モーターとサスペンション内蔵の進化版インラインスケートが物語の軸。


初期は割と真っ当なバトル漫画だった。
が、巻を重ねるごとに展開がブッ飛んでいき、後半は特にストーリーが明後日の方角を向いて独り歩き。迷走の末‭それでも何とか完結した。



【登場人物】
◆チーム『小烏丸
イッキが結成したチームで、メンバーは全て同い年。
当初中学二年であったが、後に三年へ進級している。

  • 南樹(イッキ)
小烏丸リーダーで、本作の主人公。
風の道「ウイングロード」を走る『嵐の王』。
幼少時に梨花の下に預けられ、それからは野山野家で生活していた。
性格は一言でいえば唯我独尊で、自らを天才と言って憚らない。が、影では人一倍練習を積んでいる。
運動能力が非常に高く、AT歴は半年足らずながらも、名実共に王と名乗っていいほどのトップライダーへと成長。
最終的にはレガリア無しでも武内空と互角に戦えるほどになった。


小烏丸一の俊足で、スピードがウリ。
金髪碧眼の正統派イケメンではあるのだが、濃いキャラクターの中では影が薄い。
才能に対する劣等感から実力派ライダーの前に精神的に屈服する機会が多かったが、彼等とは年単位での経験の差があり、イッキと並ぶ成長スピードから言えば十分な(一般人的)天才といえる。
スピット・ファイアからは次世代の『炎の王』と見込まれており、最終決戦場の空母内対ニケ戦でそれは覚醒した。


  • オニギリ
腐臭の道(スメロード)を走るデブその1。ドスケベ。
戦レベルは36と場違いに低いが、女性が相手ならば王に匹敵するほどの戦闘力を見せる。
本当に10倍界王拳の使い手だった。
エピローグでリア充になった。


  • 御仏一茶(仏茶)
元はチーム『夜王』のリーダーで、体重200kgを超える巨漢。
壁登り(ウォールライド)オタク。
持ち味のパワーを生かし特攻隊長(兼食料大臣)を務めるが、周囲の成長と共にその役割は噛ませ犬へとシフトしてしまっている。
お色気に弱く、女性の裸を見ると必ず鼻血を出す。
重力子の一人であるオルカと交戦した際、悟りバンプアップなるものを発動した。


現役の『牙の王』。
眼帯の位置を移動させる事によって人格が変わる多重人格者。右目を隠す時が亜紀人、左目を隠す時が咢。
中性的な美少年で、女子からの人気は高い。
亜紀人は母性本能を擽る性格で、イッキを(性的に)狙っている。
咢は攻撃的で、口癖はファック。中山に好意を持たれており、本人もまんざらではない様子。

また、凛鱗人という第三の人格も存在する。



◆その他のメインキャラ

  • 野山野林檎
イッキの同居していた野山野家の三女。
かつて8人の王が所属していた伝説のチーム「眠りの森」の現リーダーで、『荊の王』。
当初は幼なじみでイッキに片思いしているという普通のヒロインだったが、徐々に変な立ち位置になり、最終的にはやっぱりヒロインに戻った。


先代「眠りの森」のメンバーにして、現役の『炎の王』。
実力は極めて高く、また人格的にも優れている。端正な顔立ちをしており、表の職業は美容師。
カズを後継者に選んだが……


『轟の王』。
西日本最強の暴風族「三峰将(トライデント)」のリーダー。
作中トップクラスの漢っぷりを見せた。


かつての伝説的チーム『眠りの森』の初代総長であり、『風の王』だった。
伝説の『空の王』に最も近い男と言われていたが、チームメイトのキリクに裏切られ両足を失う。
その後イッキに”風の道”の走り方を教えるが……


武内空の双児の弟。
現『石の王』だが武内空と同じく風の道も走れる。
ムキムキ。そして顔芸。



【A・Tの用途】
  • インラインスケート
  • 淫乱ビクス
  • ギター
  • 棍棒
  • アーマー
  • レールガン
  • 戦車
  • ゾ○ド
  • 巨大ロボ
  • 改造人間
etc


【A・Tでできること】
  • より高いジャンプ
  • 壁走り
  • 切断
  • 大気の刃
  • 暴風
  • 幻影
  • ゴッドバード
  • ザ・ワールド
  • スーパーマツコデラックス
  • ブラックホール
  • 世界征服
etc


もはやホイールさえあればなんでもアリ。






追記修正ィィ―――ッ!

ブッ殺!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/