江迎 怒江

登録日 :2010/07/21(水) 11:17:40
更新日 : 2017/03/29 Wed 22:14:43
所要時間 :約 8 分で読めます




読み:えむかえ むかえ
所属:マイナス十三組
転校前:城砦(じょうさい)女学院
初登場:第58箱
過負荷:『荒廃した腐花(ラフラフレシア)』

彼女の過負荷は手で触ったものを生物であれ無生物であれ有機物であれ無機物であれ空気であれ腐敗させることができるというもの。
入切(オンオフ)はできないが強弱(ハイロウ)はつけることができる。
腐らせ方にもバリエーションがあり、一気かじっくり、小規模または大規模に、拡散、浸透させて腐らせたりといったコントロールが可能。
最終的には触らなくても腐らせる芸当を披露し、土を腐らせることによってこれを操り、植物の機能に干渉する「狂い咲きバージョン」に過負荷を昇華させた。
球磨川曰く、土を操る=植物を操る)


戦闘自体はそれほどでもないが、そんな過負荷を患う彼女に対抗できるのは今のところ、
「髪々の黄昏(トリックオアトリートメント)」を持つ筑前優鳥しか思い当たらない(毛の非腐敗性)。

初登場時は何故か文化包丁を逆手に(刃の方を)持つという出で立ちであった。
容姿はウェーブかかったセミロングの桃色の髪と大きな赤黒いリボンが特徴。

マイナス十三組設立に伴い転校してきた。
軍艦塔を新教室にするべく登場。真黒&くじらと戦闘に入るが、めだか達がやってきたことで逃走する。

逃走中に善吉と鉢合わせするが…


ジャンプ34号で予想通りヤンデレた。


2ページ(見開き)に渡って人吉との愛を語る怒江ちゃんは圧巻。

以下全文

私 江迎怒江っていうんだけど!
子供はっ…子供は何人欲しい?

私は三人欲しいな。女の子がふたり、男の子がひとりね。名前は人吉くんが決めてあげて。私ってあんまりネーミングセンスないから。えへへ、どっちに似ると思う?私と人吉くんの子供だったら、きっと男の子でも女の子でも可愛いよね。それで庭付きの白い家に住んで、大きな犬を飼うの。犬の名前くらいは私に決めさせてね。人吉くんは犬派?猫派?私は断然犬派なんだけど、あ、でも人吉くんが猫の方が好きだっていうんなら、勿論猫を飼うことにしようよ。私、犬派は犬派だけれど動物ならなんでも好きだから。だけど一番好きなのは、勿論人吉くんなんだよ。人吉くんが私のことを一番好きなように。
そうだ、人吉くんってどんな食べ物が好きなの?どうしてそんなことを聞くのかって思うかもしれないけれど、やだ明日から私がずっと人吉くんのお弁当を作ることになるんだから、ていうか明日から一生人吉くんの口に入るものは全部私が作るんだから、やっぱり好みは把握しておきたいじゃない。好き嫌いはよくないけれど、でも喜んでほしいって気持ちも本当だもんね。最初くらいは人吉くんの好きなメニューで揃えたいって思うんだ。お礼なんていいのよ彼女が彼氏のお弁当を作るなんて当たり前のことなんだから。でもひとつだけお願い。私『あーん』ってするの、昔から憧れだったんだ。だから人吉くん、明日のお昼には『あーん』ってさせてね。照れて逃げないでね。そんなことをされたら私傷ついちゃうもん。きっと立ち直れないわ。ショックで人吉くんを殺しちゃうかも。なーんて。それでね人吉くん、怒らないで聞いてほしいんだけど私、中学生の頃に気になる男の子がいたんだ。ううん浮気とかじゃないのよ、人吉くん以外に好きな男の子なんて一人もいないわ。
ただ単にその子とは人吉くんと出会う前に知り合ったというだけで、それに何もなかったんだから。今から思えばくだらない男だったわ。喋ったこともないし。喋らなくてよかったと本当に思うわ。だけどやっぱりこういうことは最初にちゃんと言っておかないと誤解を招くかもしれないじゃない。そういうのってとても悲しいと思うわ。愛し合う二人が勘違いで喧嘩になっちゃうなんてのはテレビドラマの世界だけで十分よ。もっとも私と人吉くんは絶対にその後仲直りできるに決まってるけど、それでもね。人吉くんはどう?今まで好きになった女の子とかいる?いるわけないけども、でも気になった女の子くらいはいるよね。いてもいいんだよ全然責めるつもりなんかないもん。確かにちょっとはやだけど我慢するよそれくらい。だってそれは私と出会う前の話だもんね?私と出会っちゃった今となっては他の女子なんて人吉くんからすればその辺の石ころと何も変わらないに決まってるんだし。
人吉くんを私なんかが独り占めしちゃうなんて他の女子に申し訳ない気もするけどそれは仕方ないよね。恋愛ってそういうものだもん。人吉くんが私を選んでくれたんだからそれはもうそういう運命なのよ決まりごとなのよ。他の女の子のためにも私は幸せにならなくちゃいけないわ。うんでもあまり堅いことは言わず人吉くんも少しくらいは他の女の子の相手をしてあげてもいいのよ。だって可哀想だもんね私ばっかり幸せになったら。人吉くんもそう思うでしょう?

その清々しい程にヤンデレているその有様に引いた、或いは惹かれた人がいるとかいないとか。

因みにそのときの善吉は
「……………うんっ!そうだな!」
と余りのどぎつさに上記の返事をした後にこの異常性に気付いていた。


因みに、普段はレイプ目ってレベルじゃねぇぞ!と言えるほど光のない目をしている。怖い。
でも何故かヤンデレる時は瞳が輝く。普通に可愛い。
異常性が無ければ……と思うか、そこがいい!と思うかは人次第。


怒江「結婚しようよ結婚してして結婚しなきゃ結婚しなさい結婚するべき結婚しやがれ結婚結婚結婚結婚結婚結婚結婚結婚結婚結婚結婚結婚レッツマリッジ!
私人吉くんのためなら絶対なんでもするから!
人吉くんと一緒に必ず幸せになるから!!」

「ヤンデレ?そうですね 確かに恋の病をわずらっておりますう。」


生徒会戦挙で人吉瞳との対決が決定した際は球磨川とタッグを組んで、人吉親子と対峙した。

結果として、再び善吉にデレることに。

タッグマッチが引き分けになり球磨川と善吉の爆弾が爆発する瞬間、

自らの過負荷を使い2人から爆弾を奪い取り、自分の体で抑え込んで大怪我を負いながらも球磨川と善吉を助けた結果、
球磨川率いるマイナス組から抜ける(改心)ことになった。


因みに、『荒廃した腐花』は球磨川の『大嘘憑き』でも『なかったことに』出来なかったものの、
その影響で強弱(ハイロウ)だけでなく入切(オンオフ)も可能になった模様(怒江の手を握っためだかの手が腐敗しなかった)。
この事について球磨川は後に『最初から間違えてる過負荷(マイナス)はなかったことには出来ない』と結論付けている。

生徒会戦挙編終了後はしばらく出番もなかったが、めだかちゃんと戦うことを決めた善吉に協力するメンバーの一員として登場。
自分の戦う理由が下心だと自覚してorzする善吉を叱咤し、愛を諭す。



本誌ネタバレ

第100代生徒会長となった善吉の会計職を担当する。



台詞

「私が触ると―――みんな腐って死んじゃうの。」

「私も、死んだ方がいいのかなあ―。」

「私の過負荷はこんな風にも使えるし…私はこんな風にも生きられるんだ…。」

「よかったあ…私、誰かの役に立ってもいいんだあ。」



怒江「これからの私は、追記する事と修正する事に腐心します。」























人吉くんその娘ダアレ?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/