横浜ベイスターズ

登録日 :2011/04/06(水) 09:26:52
更新日 : 2017/11/13 Mon 20:10:41
所要時間 :約 30 分で読めます




横浜ベイスターズとは横浜に本拠地をおくプロ野球チームである。
テーマソングはtvkでよく流れる『熱き星たちよ』。
かつてはマシンガン打線を中心にAクラス争いをしたが、2000年代中頃から末期までは 球界屈指のネタ球団 であり、
そして 12球団で一番弱く、前身・後身チーム含めてでさえ、優勝経験が過小であるチーム でもあった。

この球団はかつて大洋ホエールズという名であり、巨人の星左門豊作も所属していた事でも有名であった。
大洋ホエールズ時代は優勝こそ出来ないが、守備に定評があるチームとして名を馳せ、
長嶋・王と言った歴史に残る大スターを要した絶頂期の読売ジャイアンツ相手に渡り合えた数少ない球団であった。
やがて、1993年に球団は生まれ変わり、横浜ベイスターズが誕生した。
ベイという名前の通り本拠地横浜スタジアムから歩いて数分で海があるのが特徴。
しかし、球界でスターになったのは 18年で1度だけ


□歴史

◆発足から黄金期へ(1993年~1997年)
大洋時代の選手をベースに外国人のローズとブラッグスを獲得。
この頃はまだ前身時代から籍をおく選手が多数在籍しており、ベイスターズとしての生え抜きはまだいなかった。4年連続Bクラスというスタート。
1994年は借金わずか8という勝率の高さや日本一の巨人に勝ち越したことから 史上最強の最下位 と呼ばれ、
1995年は勝率5割でBクラスだった。
だが1996年は低迷し最下位の阪神とはわずか1ゲーム差であった。

しかし、1997年。転機が訪れた。巨人、中日の低迷もありヤクルトと優勝争いを演じ翌年の優勝候補チームになったのだ。
この時が後身である横浜DeNAベイスターズ時代含めて、ベイスターズが最も前途洋々だった時代であった。


◆優勝そして、一瞬の黄金期(1998年~2001年)

前年優勝争いを演じた勢いそのままにマシンガン打線が爆発し38年ぶりの優勝、日本一を達成。
権藤監督の のびのび野球 が上手くハマった形である。

1(遊)石井琢
2(中)波留
3(左)鈴木尚
4(二)ローズ
5(一)駒田
6(右)佐伯or中根
7(捕)谷繁
8(三)進藤

この打線はベイファンは忘れないスタメンであろう。
投手陣は中継ぎローテーション制度。
大魔神佐々木が神懸かり的な活躍をしMVPと流行語大賞を獲得。
チームは黄金期を迎える。この年のベイスターズがベイスターズ史上最強のナインと言っても過言ではなかった。
後にも先にも、優勝経験メンバーはこの時の選手だけなのだから。
1999年は野村、佐々木の故障により3位に終わるもローズの活躍もありチーム打率は前年を上回った。

しかし、2000年。
佐々木のメジャー移籍を皮切りにVメンバーが次々と離脱。
金城、木塚の大ブレイクはあったがこの年からベイスターズ崩壊の足音が聞こえ始めた。
オフには権藤監督、ローズ、駒田が退団。

翌年は西武黄金時代を築いた森が監督に就任。
180度違うスタイルに選手も混乱し、昨年までの精彩は消え失せ、Vメンバーの離脱が重なった。
ルールに救われ3位は死守したものの波留と進藤が移籍し、オフには谷繁が移籍。


そして、ここから長い暗黒時代が始まった…


◆TBS時代…暗黒時代(2002年~)
野球規則で揉めたためTBSが 仕方なく 親会社になった。

黄金期はAクラス争いを続けた横浜が前身の大洋時代以上の弱小チームとなることになるとは誰が思ったのだろうか?ましては急激に……

  • TBS就任後の簡単な成績
2002年…春先大型連敗をしダントツ最下位
2003年…打線爆発も投手陣炎上、春先大型連敗+ 90敗越え
2004年…春先首位に立つも最後は最下位
2005年…投打が噛み合い3位と久しぶりのAクラス
2006年…一時期巨人と最下位争いをするも最下位に逆戻り+ オープン戦、交流戦、シーズンの最下位三冠達成
2007年…移籍組の活躍もあり首位に立つが夏場の失速でプレーオフを逃す
2008年…ダントツ最下位に逆戻り、 5年振りの90敗。 首位打者内川の打率がチーム勝率を上回る奇跡 (?)
2009年…再びダントツ最下位+ 2年連続90敗+3年ぶりの最下位三冠達成
2010年…序盤は最下位脱出( 創設時の楽天よりも長く最下位にいた )も交流戦で失速しダントツ最下位+ 3年連続90敗の快挙達成

ど う し て こ う な っ た!!


…とりあえず落ち着こう。

ここまで弱い原因は沢山ある…

①大洋ホエールズ時代や98年のVメンバーが抜けた後のナインの世代交代に失敗。さらに代々チーム育成が下手なためドラフトで獲得した選手が活躍しない(ただし、黄金期メンバーの頃は育成が成功していたので、裏方の世代交代もある)

②移籍選手の大半が35歳前後(既に全盛期を過ぎて下り坂の年齢である)。しかも、補強ではなく補充

③連れてくる助っ人外国人の大半が何故かいつもいつもダメ害人

④そもそも親会社から見放されている

主な理由はこの辺である。


①に関しては投手陣はフォームを魔改造され劣化。
野手陣は主力選手の後釜を発掘せず移籍した際にポジション不在という事態が頻繁に起こる。
そのため横浜では一軍半の選手が移籍すると一年間二軍暮らしになることが多々ある。


②は即戦力しか考えないのに球団経営が赤字なためどうしてもお払い箱にされ、能力が加齢で劣化した選手を獲得せざるを得ない。
それらの選手はもう一度花開くこともなく消えて行く。
光山、山北、森笠、入来弟、野口、佐久本、大西、デニーetc...
一昔前のパワプロ経験者なら聞いたことのある名前がズラリ並んでます…。

まぁ、種田、門倉、土肥、工藤、仁志、寺原、渡辺直など一部例外もいるが。

近年はパリーグから補強を続けたため劣化パリーグオールスターになっている気が。

2011年は各球団で問題を起こした中村紀洋を獲得したがどうなることやら…


③はローズ、ブラッグスを境に連れてくる外人が ネタだらけ
以下数々のネタ
ウドの大木ターマン
ホームランしか打てないヤング
広島相手しか打てないグラン
3億払って一軍帯同数日コックス
荒れ球のみホワイトサイド
何故か楽天が拾ったウィット
いきなり打たれたソニア
出れば打たれるヒューズ
決め球なしウィリアムス
脅威の負け運ウッド&グリン
二軍のリーダージェイジェイ
打撃が売りの投手ホセロ
コーラガブ飲みチアソン
ドーピング疑惑ビグビー
敗戦処理ブーチェック
原発と地震が恐いけど帰ってきたリーチ
でも寸前×(1勝7敗)だったリーチ

などなどネタ外人だらけ。

ここ10年の自前ではウッズ、クルーン、ハーパーぐらいしか当たり外人がいない。

外人が使えない=戦力の計算が外れる→代わりがいないの負の連鎖が発生してしまう…


④は親会社に愛がないこと
これが横浜弱体化の最大最悪の元凶。
仕方なく 親会社になったTBSのため球団経営も適当。
前述のダメ害人や補充の原因でもある。


チーム運営に関しては監督が2年くらいで交代するためにチームの方向性が定まらず主力選手が退団。
さらには牛島監督時代に補強の要望を無視して揉めたことからその後イエスマン体質の監督を起用した事で本格的な負の連鎖へ落ちてしまった。

2010年オフはフロントの対応や負け癖のついたチームに関して選手から契約更改で批判された。

タイアップに関しても、
  • 聴取率が取れず1年でラジオの中継を終了
  • 野球中継=ドラマの番宣枠(番宣の方が多い)
  • H2の実写版で無理矢理メインキャラをベイスターズに入団させる
  • リンカーンで横浜対阪神戦の始球式を行なうも阪神と巨人ネタしかやらない
  • 親会社なのに巨人と野村監督時代の楽天ばかりプッシュする

こうして、選手やファンの反感を買う様な行為ばかりやらかし、ファンからはTBSの所在地にかけ「赤坂の悪魔」とまで呼ばれる様になった。

あまりの弱さからTBSが親会社になってから資産価値が50億近く下がった。

そして2010年オフ、 ついに身売り騒動が起きた
TBSがファンから嫌われてるためこのニュースにファンも大喜びした。

結果は…





交渉失敗しました

結局2011年も親会社はTBSです。


ベイスターズの未来はどうなるのか?


……かと思われたが2011年オフ、モバゲータウンの運営会社のDeNAが親会社に。

チーム名を横浜 モバゲー ベイスターズにしようとしてたが、ナベツネが「 モガベー は野球協約に違反する」と言ったため、
最終的に横浜DeNAベイスターズに落ち着いた。

…落ち着いた?

この後は後身である横浜DeNAベイスターズを参照。


以下数々のネタ
ここでは2002年以降のネタの数々を紹介
「古木、あーっと!」に始まる古木克明の数々の伝説
種田のガニ股打法にあやかりタネダンスなる応援の存在
スペランカー多村仁志
マシンガン継投
いつしか生まれたやる大矢のスレ
シーズン途中にいなくなった大矢
監督が秋季キャンプ中に決まった
獲得した外人が来日前にドーピング疑惑発生
ドラフトで一場に裏金が発覚
数年後ドラフトで那須野に 裏金7億円 が発覚
直後に那須野とくまきりあさみの交際発覚
水差し野郎高宮
グラウンドで練習しないでサッカーしてる
遊び>>>(越えられない壁)>>>試合と練習
故障が癒えたランドルフを再契約→すぐに再発し解雇
尚典と琢朗と佐伯の退団方法がお粗末
ファン感謝デーでいきものがかりのライブ
バット投げの名手早川が在籍(でも使えなかった)
中山エミリの妹と交際してから劣化した吉村
牛田の入場曲が パチスロエヴァ
スタメン表の記入ミスにより翌日先発予定だった投手が急遽先発
フロント批判により弥太郎を1年で放出
代わりに総帥大沼を獲得→炎上
尾花監督試合中に居眠り疑惑
2011年5月1日探偵オペラ ミルキィホームズとコラボ
実力、人気共に最下位レベル(地元人気がない)
引退試合でホームランを放つメモリアルクラッシャー村田(被害者:佐々岡・矢野)
ブラックホッシーの存在
シーズン中に合コンのセッティング
1試合 9併殺 を記録
TBS身売りから2011年までの通算で 借金600越え
総帥大沼の不倫発覚
西武 二軍 とほぼ 一軍ベストメンバー で練習試合をして、5-13でボロ負け
二軍が社会人野球チームと練習試合をして、 0-8でボロ負け

93年から2011年までの歴史を作った選手達
◇創世記から黄金期に入るまで
〇佐々木主浩
ご存じハマの大魔神。落差のあるフォークで幾多の記録を作った最強の守護神。
米のマリナーズを経て2004年に復帰したが、この頃には度重なる怪我と自身の加齢で、絶頂期の球威とキレがない状態に老いており、2005年引退。国内250セーブを達成して去っていった。
だが、絶頂期の活躍は紛れも無く最強の守護神であり、20代後半以後の人々が横浜ベイスターズのピッチャーは?と聞かれると、
まず最初に名が上がるのは間違いなくこいつ。
絶頂期にはこいつが登板すれば横浜の勝ちパターンと言われ、他球団ファンを絶望に追い込んでいたのは有名。

〇ロバート・ローズ
元々は守備が出来る二塁手として取ったが蓋を開けてみれば打つ方も凄かった最強助っ人。8年で打率3割を7回記録。99年153打点はチーム記録にして歴代2位の記録。
なお、55本に並んだタフィ・ローズと区別するため「白ローズ」「白薔薇」とも呼ばれる。

〇石井琢朗
元は投手で登録名も「石井忠徳」だったが、大洋最終年に三塁手へと野手転向し験担ぎで「琢朗」に登録名を変えると創設1年目に盗塁王を獲得。
さらに遊撃手への転向を経て、その後は不動の1番打者としてチーム歴代1位の安打数を記録したが2008年不可解な形で解雇され、広島に拾われる。
2012年引退。何の縁か最後の試合はハマスタでのDeNA戦だった。
その後広島の打撃コーチとなり、2016年の広島25年ぶりの優勝の影の立役者となった。

〇谷繁元信
創設初年度は守備の不安から控えに回ったが元捕手・大矢の鬼指導を経て不動の捕手になった。
2001年オフ球団上層部と意見が合わずFAで中日へ。2014年からは選手兼任監督となり、2015年に引退した後も2016年途中まで監督を務めた。引退まで27年間主力であり続け、通算出場試合数は3021試合で歴代1位。2006年WBC日本代表。

〇三浦大輔
スローカーブを武器に初年度から主力として活躍し続けたハマの番長。背番号18を背負って18年目になる2016年初のCS進出決定を見届けて引退。背番号18は「横浜ナンバー」とされた。2004年アテネ五輪日本代表。

〇グレン・ブラッグス
初年度にやってきたメジャーリーガー。引退までの4年間不動の4番を務めた長打力に加えて外野守備も優秀。ものすごく短気。

〇鈴木尚典
95年からレギュラーとして活躍し黄金期は球界を代表する打撃力で首位打者を2回獲得。
2004年から成績が落ち込み2008年不可解な形で解雇されたが同様に解雇された石井・佐伯と異なりそのまま引退し球団職員になった。
打撃には定評があったものの、打撃に加え守備にも定評がある事で有名だった黄金期においてレフトは守備の唯一の穴と呼ばれるくらい守備は下手。

〇進藤達哉
当時の日本人最高レベルの守備に加え意外性の打撃の持ち主として大洋末期から黄金期まで主力だったが、故障で半分離脱した2000年オフにオリックスに移籍、福本以来空き番の7を引き継いだ。2003年引退。
その後コーチとして帰ってきて現在はDeNAのフロント。

〇盛田幸希
シュートを武器に佐々木と共にダブルストッパーを形成。しかし、先発転向を境に不振となり97年オフ近鉄へ移籍。その後脳腫瘍から復活という伝説を残した。
2015年、45歳という若さで死去。

〇屋敷要
大洋時代のスーパーカートリオの一人にして当時の球界屈指の好守の持ち主。晩年のため控えとして活躍したが93年オフに駒田獲得の資金確保のため解雇されるも、長嶋茂雄に拾われて巨人で2年間活躍。
現在は大学野球のコーチをしながらSLの撮り鉄をしている。

〇高木豊
屋敷同様スーパーカートリオの一人。衰えとローズの加入から二塁から一塁転向で結果を残したが屋敷と同じ理由で解雇。日本ハムに拾われるも翌年引退。
現在はタレント兼解説者だが、3人の息子が全員Jリーガーになったことからサッカーにも関わりがある解説者である。

〇山崎賢一
こけしバットで人気を博したベテラン。これまた駒田獲得のため初年度終了後に解雇。

〇畠山準
「はたけやま」ではなく「はたやま」。南海から投手転向の移籍を経て活躍したハッチの愛称を持つ苦労人。波留・鈴木・佐伯の台頭から控えに回り代打要員で優勝に貢献。

〇野村弘樹
PL時代は立浪・宮本慎也・片岡・橋本清などと共に甲子園春夏連覇。制球力抜群の初代エース投手。優勝翌年から故障で劣化し、33歳の若さで引退。
なお、投手にしては打撃力もあり、高校時代には立浪や片岡を押しのけて4番に座り、黄金期には「マシンガン打線の9人目」などと呼ばれ、応援歌はDeNAになった後左腕先発テーマとして流用された。

〇斎藤隆
96年初の二桁勝利をあげ覚醒するも故障で1年の離脱。
その後は復帰し黄金期はエース、暗黒期初期は守護神として活躍。先発再転向後は衰えから劣化したがアメリカ挑戦で復活。2013年に戻ってきた後、楽天を日本一に導いて2015年に引退した。

〇駒田徳広
94年FAで来た元祖満塁男。勝負強い打撃と守備を武器にキャプテンとして優勝に貢献。2000安打達成後球団と揉めて解雇され引退。引退会見の物寂しさは伝説的。
馬面で野次られることの多い選手とネタにも事欠かなかった。アニメ版CLANNADにて、岡崎汐が彼の打撃フォームを物真似したため話題になり、AAまで作られた。

〇佐伯貴弘
初年度ルーキー。勝負強い打撃とお笑い芸人に匹敵する話術で愛された。暗黒期は3番4番として活躍したが2010年に不可解な形で解雇。中日に拾われて翌年引退。

〇斎藤明夫
大洋後期のエース。特に活躍することはなく初年度に引退。

〇秋元宏作
谷繁の控えとしてチームを支えた捕手。
谷繁がイマイチだった時は主に佐々木専用捕手として使われていたが、その谷繁の守備が改善されて以降は出場が減り、さらに2000年に相川と鶴岡が台頭したことにより引退。

〇波留敏夫
佐伯とチームのお笑いコンビを組み愛された走攻守そろったムードメーカー。2001年シーズン途中不振と干され気味だったことで中日にトレード移籍し会見で涙を流した。
その後さらにロッテに移籍するも2004年に引退。

〇五十嵐英樹
初年度ルーキーの一人。ヒゲ魔神の愛称で親しまれた中継ぎ投手。

〇島田直也
打たせて取るピッチングでチームを支えた中継ぎエース。

〇小桧山雅人
バルセロナ五輪代表の初年度ドラフト1位。1年目はフル回転したが酷使が祟りその後は低迷。

〇永池恭男
石井と共に将来の担う内野手として期待されたが万永とタイプが被ったことにより97年オフ巨人に移籍。

〇デニー友利
ドラフト1位入団と甘いマスクということで毎年期待されていたが結果を残せず97年に西武へ移籍し覚醒。
2003年横浜復帰するも活躍できずアメリカ挑戦を経て中日優勝に貢献した後引退。熱い男で近年ではデニキというニックネームでも呼ばれる一方母子家庭の苦しみを知る事から西武時代は西武ドームのシーズンシートを購入して母子家庭を招待していた。
その後横浜と中日で投手コーチを務めた。

〇有働克也
初年度から2年連続で開幕投手を務めた先発ローテの一員。

〇宮里太
初代選手会長で主に左の代打として活躍。黄金期初年度の97年に引退。

〇万永貴志
内野のスーパーサブとして2005年まで長きにわたってチームを支えた。応援歌がイメージと合わないことで有名。

〇井上純
左の代打兼代走要員でチームを支えた外野手。黄金期は代打の切り札を務めた。ロッテの2005年の日本一にも貢献。

◇黄金期
〇川村丈夫
1年目から二桁勝利をあげ黄金期はエースとして活躍、一時期の低迷を経て、暗黒期前半はクアトロKの一員として中継ぎエースを務めた。

〇金城龍彦
黄金期最終年の2000年野手転向2年で首位打者と新人王を獲得。その後2年は低迷するが2003年から3年連続三割二桁本塁打を記録し復活。
その後は隔年気味ではあるが強肩を武器にミスターベイスターズとして活躍。2006年WBC日本代表。2014年オフにFAで巨人へ移籍するも、2015年は怪我が祟って二軍暮らしを強いられ引退した。

多村仁志
怪我を乗り越え2000年に1軍定着。
2003年中盤から覚醒し、チームの顔として2006年WBCで活躍するが故障が原因で同年オフにソフトバンクへトレード。しかし、2013年古巣へ帰還し、スーパーサブとして活躍。2016年に中日に育成契約で移籍するも引退。
故障の多さからスペランカーとも呼ばれるが、故障がない時はトップクラスの成績を残しているのもまた事実。

〇中根仁
98年脱税で出場停止を食らった波留の穴埋めとして、盛田とのトレードで近鉄から移籍。
勝負強い打撃で右の代打兼左投手先発時のスタメンとして活躍したチームの兄貴。2003年多村が一人前になるという願いが叶い引退。

〇阿波野秀幸
近鉄優勝を支えた左腕。巨人で低迷していたところをかつての恩師権藤に拾われ98年に移籍。2年間中継ぎとして優勝に貢献した。

〇西清孝
万年二軍暮らし⇒打撃投手を経て開花した苦労人。97年から2年間中継ぎとして活躍。

〇木塚敦志
1年目からリリーフとして活躍し長きにわたり活躍した闘志むきだしのサイドハンド。クアトロKの一人。
引退後投手コーチになり、DeNAになって以降の投手陣底上げに貢献した。

〇戸叶尚
ノーコンながら97年には二桁勝利を記録するなど次期エースとして期待されたが年々成績が低迷し、2000年オフトレードでオリックスへ移籍。球団合併分配で行った楽天で引退。

〇福盛和男
97年から先発中継ぎ抑えと便利屋として活躍するが2003年オフトレードで近鉄へ。
移籍後は近鉄最後の守護神と楽天最初の守護神としても活躍。戸叶と共にイケメンとして人気もあった。

〇川端一彰
97年故障がちの進藤のバックアップとしてヤクルトから移籍。97年は少ない打席で打率三割を記録し、98年は守備固めで優勝に貢献。

〇荒井幸雄
ヤクルト黄金期を支えた大ベテラン。移籍初年度の98年から2年間左の代打として活躍。

〇小宮山悟
2000年FAを恐れたロッテから自由契約で移籍してきたベテラン右腕。
移籍2年目は三浦とのダブルエースで活躍したがオフにFAでアメリカ挑戦。その後1年の浪人を経てロッテに復帰すると、この人もまたロッテの優勝に貢献した。

〇森中聖夫
99年から4年間中継ぎとして活躍した左腕。ゴジラ松井の大好物。

〇河原隆一
地元出身94年ドラフト1位左腕。97年から左のワンポイントとして活躍し、優勝にも貢献。

〇横山道哉
98年ハマの中魔神として1軍に定着。その後は伸び悩んだが日ハムへ移籍後、北の大魔神として復活。2007年自由契約で復帰し中継ぎとして活躍。

〇石井義人
2000年に代打兼右投手先発時のスタメンとして1軍定着。打撃はチーム屈指のレベルだったが守備のまずさが原因で2003年西武へ移籍。
打撃力を武器に西武ではスタメン、巨人では代打の切り札として優勝に貢献。

〇相川亮二
2000年に秋元から2番手捕手を奪い、2004年から正捕手を務めたが2008年オフチームに不信感を抱きFAでヤクルトへ移籍。2015年からは巨人に在籍。
2004年アテネ五輪、2006年・2013年WBC日本代表。

〇田中一徳
2000年高卒ルーキー開幕1軍の快挙を成し遂げた俊足の外野手。
極端なクラウチング打法や代打の切り札としてファンから愛されたが盗塁技術の無さが響き、2006年解雇。

◇暗黒期前半
〇村田修一
ルーキーイヤーの2003年から主軸をはった主砲。2006年中盤から4番を務め本塁打王を獲得。
2008年北京五輪ではミスを連発したが2009年WBCでは故障離脱まで大活躍。しかし、最終年に不信感を抱きFAで巨人へ移籍。通称男村田及びケデブ。

〇内川聖一
高卒2年目から1軍に定着。守備に不安はあるが打撃力はチーム屈指で2004年に覚醒かと思われたがしばらくは控え。
2008年に一塁コンバートしたことで首位打者獲得と覚醒。2010年チームと完全に決別しFAでソフトバンクへ移籍。
現在まで6年連続打率3割と球界最高打者の一人。通称チック。2009年、2013年、2017年WBC日本代表。
内川コピペはあまりにも有名。

〇種田仁
2001年シーズン途中に波留とのトレードで中日から移籍。ガニマタ打法といぶし銀の打撃で2年連続打率三割を記録するなどファンから愛された選手。

〇タイロン・ウッズ
2003年から2年間4番を務めた怪物。年俸で揉めたため中日に移籍し、2008年まで活躍した。
コックスのオマケで取ったはずなのだが…

〇小池正晃
98年横浜高校の1番打者で2005年にリーグ最多犠打+20本塁打を放つなど活躍したがその後は伸び悩み2008年シーズン途中に中日移籍。
優勝に貢献した後FAでDeNA初年度に復帰。引退試合で2ホーマーという伝説を残した。

〇古木克明
99年ドラフト1位。2002年僅か1ヶ月半で9本塁打を記録するなど将来を期待されたが、
チャンスに弱いうえに守備が当時の日本球界最低レベルだったこともあり、出番を失い2008年トレードでオリックスに移籍するが結果を残せず解雇。
一時期格闘家転向⇒野球再開と現在に至るまでネタが絶えないある意味伝説の男。

〇マーク・クルーン
2005年不振の佐々木に代わり3年間守護神を務めたクアトロKの一員であり日本球界最速男。
制球難で劇場型ではあったがファンサービスを欠かさない性格で人気も高かった。
07オフに巨人に移籍しそちらでも守護神になるが巨人3年目に炎上が目立ったため解雇された。

〇加藤武治
1年目からリリーフとして活躍した右のサイドハンドでクアトロKの一人。先発転向が失敗し、日ハム移籍後も復活ならず解雇。

〇ドミンゴ・グスマン
2002年から先発ローテを務めた助っ人右腕。中日移籍後は二桁勝利を記録。ネットで使われる〇〇ンゴの由来はこの人。

〇門倉健
2004年福盛とのトレードで近鉄から移籍。
佐々木の代役を務めた翌年の2005年に最多奪三振を獲得し復活したが、
翌年オフ球団から「10勝しても10敗する投手はいらない」と言われ、FAで巨人に移籍するも活躍できず。

〇土肥義弘
西武で左の中継ぎエースとして活躍したが先発転向の要望を叶えるため2004年シーズン途中に移籍。無類の巨人キラーとして活躍したが2007年に解雇。

〇セドリック・バワーズ
2004年から2年間先発として活躍した左腕だったがノーコンがたたり解雇。

〇吉見祐治
2002年二桁勝利をあげて次期エースとして期待されたがその後は便利屋となる一方伸び悩み、2010年シーズン途中ロッテに移籍。
2015年からは打撃投手としてチームに復帰。
打撃力が異常に良く、投げれる野手と言われたことも。

〇中村武志
2002年谷繁と入れ替わりで中日から移籍。既に衰えていたが、巧みなリードとキャッチングでチームを支えた後に創設初年度の楽天に移籍し後に引退。

〇鶴岡一成
2004年相川の五輪離脱期間中に打ちまくり、中村から第2捕手を奪い一軍定着。しかし、2008年シーズン途中相川のFA移籍が確実なのにトレードで巨人へ移籍。
DeNA初年度の2012年FAで復帰し正捕手として活躍したが、久保の人的補償で2013年オフに阪神へ移籍し3年後引退。

〇竹下慎太郎
2001年から2年間活躍した左腕。入団時30歳というオールドルーキーだった。

〇野中信吾
高卒3年目で横山とのトレードで日ハムから移籍。チーム1の俊足で2005年から代走要員として活躍。2011年トレードでオリックス移籍。

〇中野渡進
2001年中継ぎでフル回転した長身右腕。性格の悪さが原因となりわずか4年で引退。
もつ鍋屋に転身してからはコラムニストとしても活動している。

〇木村昇吾
2003年村田と共に新人で開幕1軍入り、便利屋として1軍に帯同していたが出番がなく2008年に広島移籍、2016年には西武に移籍。移籍した先々でスーパーサブとして活躍するも、西部移籍後に故障し戦力外。

〇那須野巧
2005年ドラフト1位。
大学No.1左腕という評価をひっさげて入団するが、1年間中継ぎでフル回転しただけで終わり、2009年オフ、ロッテに移籍するが出番なく解雇。
2007年に入団前5億の裏金を貰っていたことが発覚。アニメてーきゅうの登場人物高宮なすのの由来。

◇暗黒期後半
〇吉村裕基
2006年に覚醒した長距離砲。
村田との東福岡高校コンビで本塁打を量産していたが2010年から成績が低迷し、GW前後だけ絶好調(解凍)される成績を繰り返し、
2013年多村らのトレードで地元福岡へ帰還した。2014年は復活し優勝に貢献。

石川雄洋
地元横浜高校から入団、2007年から台頭した遊撃手。
若返りの一環で石井からレギュラーを奪い守備に難はあるものの2010年は盗塁王争いを演じるなど暗黒期末期の希望の星の一人だった。
暗黒期を脱した現在は二塁手になりスタメンで活躍。
2017年現在生え抜きで所属期間が最も長い選手。

〇藤田一也
コンスタントに3割前後を記録するバットコントロールと堅実な守備が売りの二塁手。
一時は同期入団の石川と共に将来の二遊間と期待されたが、球団が嫌がらせかの如く二塁手の補強を繰り返したため代打守備要員が大半だった。
2012年DeNA初年度の夏に楽天へ移籍。移籍後はパリーグ屈指の二塁手になった。

〇寺原隼人
2002年超高校級右腕として鳴り物入りでダイエーに入団するも3年目から故障で伸び悩み2007年多村とのトレードで移籍。
1年目は自身初の二桁勝利、2年目は代理守護神で20Sと活躍したが、
2009年から故障などで不振となったことやダイエー時代から続く尾花監督との確執から2011年トレードでオリックスへ…
オリックスでも二桁勝利をあげたが2014年FAで地元九州のソフトバンクへ帰還。

〇工藤公康
2007年門倉の人的補償で巨人から移籍した歴史に残る左腕投手。
ハマのおじさんの愛称で1年目は先発として活躍したが2年目は故障でリタイア、3年目は中継ぎで1軍に復帰したが衰えは隠せず4年目に解雇。
現在はソフトバンクの監督として元チームメイトの内川、寺原、吉村を指揮している。

〇仁志敏久
長きにわたり巨人を支えた二塁手だったが小坂誠の加入と原辰徳監督との確執からトレードで2007年移籍。
1年目は石井とのベテラン12番二遊間コンビで活躍。しかし、3年目極度の不振に陥り解雇され翌年引退。

〇高宮和也
2006年ドラフト1位左腕。しかし、炎上を繰り返し某毒舌実況アナからは水差し野郎とボロクソに言われトレードでオリックスへ移籍。
しかし、オリックスでは貴重な中継ぎ左腕として1年活躍し、FAの人的補償で移籍した阪神でもプレーオフ制覇に貢献。2017年に戦力外。
那須野同様てーきゅうの高宮なすのの由来である。

〇石井裕也
生まれながらに難聴のハンデを持ち、サイレントKという異名をとる地元芹が谷出身の左腕。
2009年シーズン中盤に同じく地元松原商店街出身の小池とのトレードで中日から移籍、
1年目は中継ぎ抑えで活躍したが2年目は開幕から炎上し、春先に江尻とのトレードで日ハムへ。

〇山口俊
愛称はどすこい。2006年高校ドラフト1位右腕。高校時代から150キロを投げる剛腕として将来を期待されると2008年シーズン後半から覚醒。
2009年から4年間守護神を任され最年少100セーブを達成するなど暗黒期末期希望の星の一人だった。
2014年中盤から先発にコンバートされ復活。
初の二桁勝利を挙げた2016年オフにFA、巨人に移籍。

〇牛田成樹
2006年中盤から先発で台頭するも病気や故障で数年低迷。2010年に中継ぎで1軍に戻るとフォークだけで三振を量産し山口に繋ぐ中継ぎエースに成長。
しかし、極度の故障癖が原因でDeNAになってからは低迷し2013年引退。

〇真田裕貴
2002年高卒1年目で巨人の優勝に貢献したドラ1投手。
鶴岡とのトレードで2008年シーズン中盤に移籍すると中継ぎでフル回転した。しかし、調子にのってアメリカ移籍を表明し横浜最終年終了後退団。
当然オファーはなくその後は古巣巨人で炎上し解雇→台湾で無双→ヤクルトで炎上し解雇。

〇下園辰哉
2009年中盤からレギュラーを掴んだイケメンの外野手。
走攻守全てで中途半端だったりネタの宝庫だったが暗黒期末期は彼の選球眼だけが楽しみとファンは口を揃えて語っていた。
チームが強くなった現在は代打要員ではあるが選手会長に。守備もかつてより成長した。
しかし、2016年後半から急激に成績が低迷、2017年引退。

〇松本啓二朗
ハンカチ王子ら早稲田大学黄金期メンバーの一員として2009年大学ナンバーワン外野手の評価を引っ提げて入団した逸材…だったが、
打撃面で期待外れとなりドラフト1位ながらも伸び悩み続け、2017年戦力外。

〇細山田武史
松本と同じく早稲田大学から入団した捕手。
1年目からスタメンとして名を連ねたが打撃と肩が2軍レベルだったため2011年の黒羽根の台頭から年々出番が減少し2013年解雇。拾われたソフトバンクで3軍正捕手を務めたあと、社会人野球トヨタ自動車へ。そしてトヨタの扇の要として都市対抗優勝に貢献した。

〇スティーブン・ランドルフ
2009年中盤から加入した日本生まれのベテラン左腕助っ人。
1年目は救世主となり翌年は開幕投手となるが故障で大不振に陥り解雇。2011年震災にビビったリーチの穴埋めで復帰したが故障が再発し1ヶ月で解雇。

〇ダン・ジョンソン
2009年移籍、現役メジャーリーガーとして期待された長距離砲。
20本塁打はクリアしたが外野手で獲ったのに外野が出来ない、打率が2割前半、チャンスに弱い、年俸が高いという理由で解雇。

〇ライアン・グリン
2009年前年のムエンゴが理由で日ハムから移籍した先発右腕。
しかし、横浜では炎上とムエンゴが重なり防御率5点台の15敗と散々で解雇。

〇ホセ・カスティーヨ
2010年加入した二塁手の助っ人。彼の加入で藤田はベンチに…
打力はまずまず、肩は良かったが守備に不安がありレギュラーだったのに解雇。

〇ターメル・スレッジ
2010年日ハムから移籍した長距離砲。
調子にムラはあったが日ハム時代を含めて3年連続20本塁打(しかも最終年は違反球)と活躍したが年俸の高さと守備面の弱さもあり2年で退団。

〇ブレット・ハーパー
2010年シーズン中盤に仁志のアメリカからのお土産で来た長距離砲。
クルーンから逆転満塁サヨナラアーチを放つなど3ヶ月で19本塁打と驚異的なペースで打ち続けたが翌年は違反球に苦しみ中盤からはノリと併用となり解雇。
フェンス直撃シングルヒットなど驚異的な鈍足としても知られた。

〇江尻慎太郎
故障で1年離脱した結果2010年開幕直後に石井裕也とのトレードで日ハムから移籍。
中継ぎ配置が滅茶苦茶だった暗黒期末期の横浜では経験豊富な中継ぎとしてフル回転しオールスターにも選ばれたが、
2013年多村復帰のトレードでソフトバンクへ移籍し2014年引退。

〇小林太志
2008年ドラフト1位右腕として1年目は先発ローテに名を連ねたがそれ以降は低迷と復活目前を繰り返した結果2014年開幕前に事実上の解雇となり同年炎上し解雇。

〇小関竜也
西武を長きにわたり支えた外野守備の名手。巨人を解雇され2008年に移籍すると開幕直後は絶好調となりスタメンに名を連ねた。しかし、その後不振を極め解雇。

〇大西宏明
2008年に同い年で仲の良い古木とのトレードでオリックスから移籍した左キラー。
最初の2年は期待に応えたが2010年尾花監督に干されるとブログで首脳陣を批判したことが原因で解雇。

〇内藤雄太
少年時代試合中にした約束を佐伯が果たして以来佐伯に憧れた外野手。
2011年開幕戦でサヨナラタイムリーを放ったり、地元出身で駒田の応援歌が流用されるなど左の代打として人気はあったが、
DeNAになってからは出番を失い2013年不可解な形で解雇され引退。
内川「お、ナイトゥー」

〇新沼慎二
鶴岡と相川の移籍で30手前から1軍に定着を果たした捕手。
選手会長を任されるなど人望はあったが武山、黒羽根、細山田の捕手争いに敗れ2012年DeNA初年度に引退し現在はコーチ。
中畑「新沼慎二、大した選手じゃありません!!!」(引退セレモニーでの言葉)

〇加賀繁
暗黒末期の希望の星の一人だった右のサイドハンド。1年目に3勝12敗と驚異のムエンゴっぷりを披露。2年目からは中継ぎに戻り現在に至る。
なお、2017年現在チーム最年長の投手である。

〇高崎健太郎
暗黒期末期のエース投手。2008年に中継ぎでフル回転した後に先発に戻り、2011年は防御率3点台ながら5勝15敗とムエンゴではあったが孤軍奮闘。
一時の低迷を経て復調気味だったが、痛風になったのが原因からかまたも低迷、2017年に引退。

〇山本省吾
2011年に寺原とのトレードでオリックスから移籍。
横浜最終年は消去法で開幕投手を務めたが、2勝11敗防御率5点台と何もできず2013年多村復帰の生贄でソフトバンクへトレードされ引退。

〇清水直行
2010年まさかの移籍でやってきた元日本代表でロッテのエース投手。通称ジミ様。
1年目は二桁勝利をあげ期待に応えたが2年目から劣化を隠せず2012年解雇された。

〇黒羽根利規
少年時代地元上大岡で行われたイベントにて三浦といつかバッテリーを組む約束をした捕手。願いを叶えると横浜最終年から強肩を武器に1軍定着。
だがDeNAになってから獲得した捕手陣に押され気味で二軍暮らしが続き、2017年にトレードで日ハムへ。

〇武山真吾
暗黒期末期の消去法正捕手。肩は悪くなかったがリード、キャッチングの雑さに加え投手レベルの打率が原因で最終年後半からベンチへ…
その後、移籍した西武では捕手失格と言われたが捕手不足の中日に移籍するとまたしても消去法で1軍の捕手に。

〇篠原貴行
かつてはダイエー黄金期の中継ぎエースだったが故障と年齢から大幅劣化し解雇されたところを恩師の尾花監督に拾われ2010年移籍。
1年目は防御率11点台で1軍帯同という暗黒期の象徴と言われたが2011年は連続試合無失点記録を果たすなど復活。
人望があったことから2013年引退後コーチに就任。この人もまたDeNAになった後の投手陣再建に辣腕を振るう。

〇渡辺直人
カスティーヨに変わる二塁手として2011年松井稼頭央の移籍の煽りをうけ楽天から移籍。
守備の上手さもさることながらその人望の厚さから在籍した球団全てで関係者とファンから愛された人格者。現在は西武で内野のバックアッパーになったが2017年戦力外。

〇森本稀哲
2011年FAで日ハムから移籍したムードメーカーにしてラーメンマン。守備と足は一級品だったが故障で不本意な成績に終わり、暗黒期の終焉の中解雇された。
西武で外野のバックアッパーになったが引退。

筒香嘉智
2010年地元横浜高校の4番という超高校級の評価を引っ提げて入団。横浜最終年の後半戦から違反球にも関わらず8本塁打を放つなど最後の希望となった。
その後、一時期の低迷を経て2014年覚醒し現在は4番打者に成長。

〇国吉祐樹
最終年の後半戦に先発ローテ入りを果たした育成出身のイケメンハーフ。一時期の低迷を経て昨季から中継ぎで成長するかと思いきや横須賀四天王と化した。

〇中村紀洋
ノリの愛称で近鉄最後の4番としてかつては日本人屈指のスラッガーだったベテラン。行く先々でパワハラや内部批判を起こし退団を繰り返した問題児。
最終年にTBSのツテで入団するも期待ハズレに終わる。DeNAになってからは復活したが2014年また内部批判で解雇。

〇大沼幸二
ネタの宝庫と呼ばれた西武中継ぎ陣、通称俺達の初代総帥としてネタを提供し続けたノーコン速球派のドラ1右腕。
2011年首脳陣批判で1年で解雇された坂元のトレードで移籍するが故障明けに加えて開幕から炎上、三浦の勝ちを消した際に反省の気配0な笑顔などネタを提供。
その後2軍で幽閉された後翌年不倫が発覚したことに加え故障が重なりDeNA初年度の初夏に引退。
西武時代から素行不良だったらしくOBに協力的な西武においてスタッフになれないことが全てを表していると言われた。

〇坂元弥太郎
高卒2年目から便利屋としてヤクルト・日ハムで活躍した右腕。
2010年投壊状態のチームにおいて貴重な防御率3点台の投手だったが首脳陣批判が怒りを買い1年で大沼とのトレードで西武へ。
彼も西武解雇後スタッフになれなかったことから素行不良が多かったと言われている。

〇荒波翔
2011年26歳で入団を果たした遅咲きの外野手。最終年の終盤からスタメンに名を連ね、DeNA初年度からゴールデングラブを撮るなど主力選手に成長したが現在は若手外野陣とのスタメン争いが続いている。

〇井手正太郎
2010年春に尾花監督がダイエー時代から使いたかったという要望もあり吉川とのトレードでソフトバンクから移籍。
横浜時代は成績が悪いのに尾花が優遇するなどファンから戦犯扱いされたがDeNAになってからは外野のバックアッパーとして一軍定着したが、2016年に戦力外となり引退。球団職員になった。

〇須田幸太
早稲田期待の星。ドラフトで大石達也を外したためハズレ1位で入団。
早速先発起用されるがイニングがあまり食えない上に飛翔癖などの問題が露呈したためほとんど勝てず。9点差を追いつかれた試合に先発である。
その後は先発で6勝した年もあったが中継ぎに転向しセットアッパーとして定着した。
やけにバッティングとフィールディングが上手く野手転向した方がいいと言われた時も。


他にもネタは沢山あるがベイスターズの未来を信じる方から追記・修正求む

この項目が面白かったなら……\ポチッと/