人吉善吉

登録日 :2012/02/11(土) 09:18:55
更新日 : 2017/03/03 Fri 13:52:32
所要時間 :約 8 分で読めます





俺はね
めだかちゃんを守れる奴になりたいんですよ

週刊少年ジャンプで連載中の漫画『めだかボックス』のもう一人の主人公であり、ヒロイン。
名前の由来は熊本県人吉市。

所属:一年一組
   普通(ノーマル)
役職:庶務 現生徒会長

CV.神谷浩史(VOMIC)/小野友樹(アニメ)


めだかちゃんの幼なじみで異常すぎるめだかちゃんの影に隠れがちだが、そんなめだかちゃんの隣に13年間居続けて来た強者。
小学校6年までめだかちゃんと一緒にお風呂に入ってたし、現在も着替えにやたらと遭遇、しかもめだかちゃんと両想いという非常に羨ましい男。
ちなみに虫歯が無い健康的な口内環境を持つ。

前述した通りめだかちゃんの傍にいられるだけの戦闘力は有しているが、色々と濃いキャラ達に囲まれている為に光が当たりにくい。

生徒会長黒神めだかの側にいる自称「凶暴な番犬」で、主役で戦うと強いのに観戦中は小物化する損な人間でもある。

男(宗像&球磨川)も女(めだかちゃん&江迎)も問わずにデレさせる一級フラグ建築士。
…ただし基本変人…というか変態ほど惚れるらしく、一般生徒からは割と散々な評価だったりする。
人気者ではあるらしいのでフランクに付き合えるということなのかもしれないが。

安心院さん曰く「能力があるから友達が出来る男」。

一緒に活動する他者のスペックを上昇させる生粋のサポート体質(めだかが引き上げるタイプなら善吉は踏み台や後押しに近い)。
これは安心院さんに「奴隷根性」とも呼ばれた。

性格は実直であり愚直、頑張り屋だが諦めが悪く頑固、悪口が口をついて出てしまったり、
短気だがどこか冷めていて、頭は悪いわけじゃないがバカ、差別はしないが選り好みはする。

誰もが抱えている相反する善き面と、理屈では分かっているが出てしまう悪い面を作品内で最も体現している存在である。

日向の言うことも正しいがめだかちゃんはもっと正しい。
めだかちゃんと対立する雲仙の理論は正しいがめだかちゃんの方が好きだからついて行くとしている。

「全ての人間を幸せにしたい」と思っているめだかとは違い、「幸せになりたいと自ら望む人間」を助けるべく、努力を重ねている。

2歳時の出会いで
「きっときみはみんなを幸せにするために生まれてきたんだよ!」
と言い、今日のめだかの人格形成及び行動理念に強い影響を与えた。つまりこの無邪気な一言が後に黒神めだかという『化物』を産むことになる。
が、この直後めだかちゃんに「結婚してください!」と告白されるが「それは無理だよ(笑)」と即行でフった。


実は結構な人気者であり、めだかちゃんが生徒会長になれたのも「善吉がめだかを応援したから」と言われている。


  • 戦闘
母親仕込みのサバットを主体としている。
一応、柔道やらボクシングやら幅広く手を出してはいるがサバット以外は広く浅い(それでも平均以上だが)ので何らかの補佐に使うのがせいぜい。

また銃器にも精通し、ピストルを一瞬で分割したり咄嗟に手榴弾を水の中へ蹴り込んだりロケランの信管を避けて蹴り伏せたりできる。


「こんなこともあろうかと!」

勘違いしてはならないが、彼は極度の怖がりである。
怖がり故に「撃たれたくない」→「撃たせないようにする」といった行動が出来るそうだが、冷静に考えると異常過ぎる。

その異常な脚力から放つ震脚は、天井に刺さった刃物を自由落下させるほど強力。

名瀬夭歌(師匠)との訓練で目を瞑ったままでもある程度(学園一周ランニングを行えるくらい)は戦えると思われる。

  • スキル

「欲視力」(パラサイトシーイング)

本来スキルは無いのだが、球磨川に視力をなかったことにされた際に安心院さんより借り受ける。
他人の視界を覗き相手と全く同じ視界を得る。これにより相手が次に攻撃する地点が分かるだけでなく、本人の考え方をも理解することができる。
某ホラーゲームの「視界ジャック」と似たようなものである。

逆に戦い辛くね?と言ってはならない。
きっと彼は藍染のように上下左右前後みんな逆でも問題ないんだろう。

このスキルの消滅=視力消滅に逆戻りになるかは不明。




以下、ネタバレ










愚行権(デビルスタイル)

めだかに勝つ為に不知火半纏に作って貰ったスキルであり、一言で言うと『ご都合主義を排除する能力』。

つまり"善吉の主人公補正だけ"を完全に否定してしまうスキル。
幻想殺し以上にラッキーを除外しまくる能力であり、もはやマゾってレベルじゃない。

例えばこのスキルがあれば曲がり角で女の子とぶつからないし、行けども行けども殺人事件に遭遇しないし、敵の必殺技が運良く急所を外れない。

言ってしまえば他の漫画の主人公なんかが起こしてきた全ての偶然を『ただ運がいいだけ』の一言で片付けてしまうような悪魔的な能力。
なぜこんな無駄な能力を作ったかと言うと
「たまたまじゃなく、ちゃんとめだかちゃんに勝ちたいから」。
これにはさすがの安心院さんにも「お前頭おかしいんじゃねーの……」と言われた。

この能力はオンオフが可能らしいが、習得してから善吉の扱いは悪化する一方のため、本当に普段OFFにしてるのかは不明。


沢山それっぽい事や正しい側に立ち続けて来た(と思って来た)が、
とどのつまり惚れた女であるめだかちゃんとチュッチュッしたりおっぱい揉んだりしたい原始的欲求に突き動かされている下心満載の健全な男子高校生である。
訂正、純粋な恋心故に本気で物事へぶつかっていけるのである。

そのことに気づいた当初は(普通の男子なら当たり前のことなのだが)見開きいっぱいに自己嫌悪に陥っていた。


「恥ずかしいいいいいいい!!!」


「恥ずかしがり屋でいたいと思う」と言ったのは伊達じゃなかった。

その後、第百代生徒会長選挙にてめだかと悪平等五人組を相手に真っ向勝負を行う。

真黒曰く「他人の為に幼馴染みを切り捨てる人間を生徒会長に選ぶものか」
安心院さん曰く「箱庭学園に通う生徒達から、めだかちゃんは解放された」

と言った理由から圧倒的得票差をつけて善吉がめだかちゃんに勝利し、行き過ぎ愛情表現ではない本気のキスを貰う。爆発しろ!
現在は第百代生徒会長として、眼鏡をかけまたハーレム員を増やしながら、自由になっためだかちゃんの子供の様な行動を見守っている。


めだかの婚約者編では、病んでる女を(無自覚で)手玉にとったり、女二人に協力させて善吉式改神モードを手に入れてたり、
女の子に噛み付いて涙目で止めてと懇願させたり、やりたい放題である。


改神モード善吉モデル

「漆黒の花嫁衣裳編」で習得。通称「全吉モード」。
なんと黒神めだかの改神モードを習得してしまった。
両手を手刀にする「手刀流」で戦う。
半袖の「正喰者」(リアルイーター)で「欲視力」を改造し、「他人の視点を覗く」スキルを「自分の内面(限界)を覗く」スキルに喰い改めたことによる産物である。
嫌がってた割に欲視力は返してなかったらしい。もちろん失明もしていない。


きっときみは項目を追記・修正をするために生まれたんだよ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/