ハッフルパフ

登録日 :2012/05/17(木) 01:45:38
更新日 : 2017/08/07 Mon 11:33:59
所要時間 :約 11 分で読めます





''you might belong in huffle puff, where they are just loyal, those patient Huffle Puffs's true. And unfaired of toil.''

「ハッフルパフに行くならば、君は正しく忠実で忍耐強く真実で苦労を苦労と思わない」







ハッフルパフ寮 とはホグワーツ魔法魔術学校の四つの寮のうちのひとつである。
四つ寮の中で唯一包括主義を貫いた寮であり、努力、忍耐、親愛、フェアプレーを何よりも大切にする。

創設者はヘルガ・ハッフルパフ。

寮監はポモーナ・スプラウト。

寮憑きゴーストは太った修道士。

ハウスカラーは 黄色 と黒。

シンボルは穴熊。

対応する四大元素は土。


【特色】
ハッフルパフ生は勤勉で、人柄が良く、高潔で、嘘を吐かず、物事に対する差別や偏見を持たないことで知られている。

他の 三つ の寮 は創設者の意に沿った教え子を選別したが、ヘルガ・ハッフルパフは条件を設けず、生徒を受け入れた。

そしてその彼女の精神が寮の信条となっている。

他の寮に比べると競争心が無く、相手を打ち負かしたがる気概に欠ける。

そのせいか高い成果を残していても謙遜してしまいがち。

なのでハッフルパフ関係者の話がなかなか広まらない。
クィディッチに関しては目の色が変わり、他寮と同様大変な盛り上がりと闘争心を見せる。

ひとたび寮対抗杯が始まると、いつも小馬鹿にしてくる ガリ勉ギーク やたまに馬鹿にしてくる うるせえやつら
矮小チンポの 陰険近親相姦貴族 をぶっ潰すことに全力を尽くす。


【他寮との関係】
三校対抗杯ではホグワーツ代表者にハッフルパフ生のセドリック・ディゴリーが選ばれたが、
ハリー・ポッターが通常とは違う手順で選ばれたせいでスリザリンを軽く越えるほどグリフィンドールと険悪な仲になりかけた。
他の寮は創設者が一点特化型の才能と性格を持ったものを集めている中、ハッフルパフは選別をしなかったので、
他の寮に比べて見劣る生徒が多いとかなり頻繁に言われる。

大きな功績を残した魔法使いの総数は他寮と変わらない。

闇の魔法使いが他寮に比べてとても少ないことでも有名である。

ホグワーツでの最終決戦では、グリフィンドール生と共に多くの生徒が戦いに残った。


【談話室】
広い円形の暖かい部屋で、黄色と黒色の掛け布がぶらさがっていて、中央には大きなふかふかのソファがあり、その回りにたくさんのロッキングチェアがある。



寮監の魔法薬草学担当のスプラウト先生が、多種多様な植物を持ち込んでいるので、暖かで快適な感じにますます磨きがかかっている。

植物の中には歌うものがあったり、踊ったりするものもある。

壁の上のほうに円形の窓があり、そこから暖かい日の光が差し込んでいる。

その窓の外は薬草園になっている。

植物に触れる機会が多いせいか、ハッフルパフ寮には薬草学に秀でる生徒がとても多い。

厨房と繋がっている扉があり、そこから屋敷しもべ妖精が料理や軽食を持ってきてくれることがある。

ちなみにホグワーツの料理のレシピを作ったのはヘルガ・ハッフルパフである。


【寝室】
こちらはお酒の貯蔵庫のような感じ。

あとかわいい感じの木製の丸いドアがたくさんある。

このドアは寝室へと続くトンネルの入り口である。



【その他】
ハッフルパフ寮棟は本編には一切登場していない。


しかしそれは影が薄くて使い処がなかったとかそんな理由ではない。

なんとハッフルパフ寮はあの世界を救った英雄であり、リア充死ねでもあるハリーポッターに唯一侵入されていない。

これは ヘルガ・ハッフルパフ がセキュリティ面に非常にこだわったためである。

その理由は生徒を選別せず受け入れていたため、守る必要のある子が多かったからかもしれない。

…そのセキュリティはここ千年ほどは部外者の侵入を許したことはないほど強固なものなのである。
…入る必要性が無いとか言っちゃダメ。

ちなみに寮への入り方は、厨房近くの廊下にある樽の山にある、二列目の真ん中の樽の底を2回叩くというもの(通称:ハッフルパフ・リズム)。正しく叩くと扉が現れる。
叩く樽やリズムを間違えると、熱されたビネガーが掛けられる。




追記・修正はセドリックに夜這いをかけてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/