平坂黄泉

登録日 :2011/11/08(火) 23:06:21
更新日 : 2016/01/02 Sat 12:34:32
所要時間 :約 5 分で読めます




平坂(ひらさか)黄泉(よもつ)

未来日記の登場人物。


12人の日記所有者の一人で12th。
CV:川原慶久

名前の由来は冥界の王プルートであり、名と姓を逆にした黄泉平坂とは死後の世界の事である。

自称・正義のヒーローであり、街で色々な善行を働いている。
……これだけ聞くと善人と思うかもしれないが、
彼の正義と悪の概念は「勝った者が正義、負けた者が悪」という一面では真理であるものの一般的に見て歪んだものである。
(行なっている善行自体は道で困っているおばあちゃんを助けるなどまともなものだが)
また、正義を行うためなら手段は選ばずたとえ殺しであっても躊躇なく行う。
あくまで「正義を行う」こと自体が目的でデウスの後継者の座や戦い自体には興味がないようで、
確実に殺せる状況にあったみねねを逃がし雪輝にも巻き込まれたくなければ逃げるよう勧めている。

御目方教の悪事の証拠があるわけでもないのに直感で悪の教団と決めつけたが、
結果的に御目方教は悪のカルト宗教だったため見る目は確かだったと言えると単行本のキャラ紹介で評されている。

全盲だが、常人の千倍に及ぶ超聴覚を持っており行動に支障は全くない。むしろ身体能力はかなり高い。
更に複数の人間に同時に催眠術をかけて操るという人間離れしたことをしている。
未来日記の能力をジャンケンに例え、「逃亡日記」では「千里眼日記」には勝てないと能力の優劣や戦いにおける能力の生かし方を述べるなど頭も切れ、
単体のスペックでは日記所有者の中でも上位に入ると思われる。
日記を記述して読むことができないため、ボイスレコーダーに自分の正義を記録していた。

所有する日記は「正義日記」。
日記の媒体がボイスレコーダーとなっている。
倒すべき悪事、守るべき弱者を記録しており、自らが未来に"するべき"正義の善行が吹き込まれる。
その内容は、部屋のゴミの片付けから御目方教の悪行まで色々。
この未来日記はムルムルから50円で買った。もちろんキャッシュで!

正義の善行を行うときは、変身タイツに変身ベルト、変身グローブと変身マスクを着て正義のヒーローになる。
その見た目は「てるてる坊主」に「畑の鳥避け」を描いたマスクに「全身タイツ」の変質者にしか見えない。
変身後にはセリフが漢字とカタカナを交えた話し方になる(覆面を固定するための紐をキツく締めすぎて喉が苦しいためと思われる)。
このせいでせっかく善行を働いても、逃げられたり自分が不審者扱いされて石を投げられたりしていた。

潜入操作のために雨流みねねを御目方教に引渡し教団の地下で雨流みねねを監禁する。
その後教団を皆殺しにするために催眠術にかけた信者を暴れさせるが、由乃という規格外の存在に計画を狂わされた挙句DEADENDフラグが立ってしまう。
そのため時限爆弾を飲み込み催眠術をかけた信者をダミーにして春日野椿(6th)を道連れにしようとするが、
我妻由乃に全盲であることを利用され返り討ちに合い爆発し死亡した。

未来日記「モザイク」では雨流みねねとの遭遇から監禁までが描かれている。

「3巡目の世界」でもコスプレ姿で善行を働いているが、
こちらでは偶然火山高夫を捕まえたことをきっかけに子供達にも慕われる「正義の味方」になることができたようである。
アニメ版では自分が捕まえた火山に何度も面会に訪れているようで、「お前も暇な奴だな」と呆れられていた。


さて、彼を語る上で外せないネタがある。

6thを道連れにする際みねねから爆弾をもらい持ち出しており、
雪輝たちは「どうせろくでもない事に使ってくるぞ!」と来須圭悟から忠告を受けた。
その爆弾は登場の際に決めポーズの演出に使われた。


12thレッド
12thイエロー
12thブルー
12thピンク
12thグリーン
5人揃ッテ


”ゴ12th”
ドカーン!
雪輝「本当にろくでもないっ!」


"ザ――ッ!項目ニ追記・修正箇所ヲ発見"

「何ッ!ドコダッ!?」
「フ―!スッキリダ!」
  ヘ/TT\
  Z|(●)|
  ん\」」/
  / ||リ||
 ( ̄U U
  >_>_>

この項目が面白かったなら……\ポチッと/