ペルリヌさん

登録日 :2009/05/27(水) 21:32:48
更新日 : 2016/11/29 Tue 10:42:09
所要時間 :約 2 分で読めます




ウルトラジャンプで連載していた漫画『CLOTHROAD』に登場する人物。

ファーガスの住む貧民街で娼婦をしている女性。
ファーガスの初恋の女性でもある。

巨乳


元は7つのトップブランドのひとつ『ロイヤルカストラート』の専属モデルだったが、ドラッグに溺れクビになっている。
首筋にドラッグの痕があり、後遺症が残っているため、激しい運動が出来ない。

ファーガスにデザイナーとしての在り方を教え、ジェニファーにはモデルの基礎を教えている。
特訓の際に着ていた服の露出は異常。

肌は褐色だが喪服を着ると何故か肌が白くなる。
喪服を着て肌が白いペルリヌさんの可愛さは3割り増しだと思う。

最初の頃しか出番のないペルリヌさんだが、ペルリヌさんが主役の番外編があることから、ペルリヌさんの人気が伺い知れるだろう。


ファーガスの師匠グスタフが倒れた際、多額の手術代を稼ぐため『WAR-KING』に出場しようとファーガスに提案するジェニファー。
手術代など出せるわけがない、シロウトであるジェニファーが出たとしても勝てるわけがないと自棄になるファーガス。

グスタフの運命を左右する勝負から逃げだそうとするファーガスをペルリヌさんは優しく抱きしめる。

そして囁くように厳しい選択をファーガスに強いる。



……私に甘えてファーガス……

泣きたいなら泣いていいのよ

私が膝でも胸でも言葉でも
……なんでも使ってあなたを慰めてあげる


……今のあなたは他のお客さんと同じ匂いがする……

……みんなから逃げて
……全部をあきらめて
……こんな女にたどりついた男の匂い……

負け犬の匂いよ

ここで人生が決まるわ
……私を取るかその服を取るか

……選んでファーガス……


ジェニファーの言葉では少しも動かなかったファーガスだが、ペルリヌさんのこの言葉で『WAR-KING』に出場する意志を固めた。
さすがペルリヌさん。
この誘惑にファーガスは惜しくも服を取って立ち上がったが、読者の大半、いや全員はきっとペルリヌさんを取りどこまでも堕ちていくだろう。

筆者は間違いなくペルリヌさんを取ります。
人生に別れを告げます。



追記・修正をお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/