黄金のたてがみのアジャニ > Ajani Goldmane(MTG)

登録日 :2011/06/02 (木) 08:41:58
更新日 : 2016/12/27 Tue 16:54:48
所要時間 :約 2 分で読めます




Ajani Goldmane / 黄金のたてがみのアジャニ
(2)(白)(白)
プレインズウォーカー アジャニ(Ajani)
[+1]:あなたは2点のライフを得る。
[-1]:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。それらのクリーチャーは、ターン終了時まで警戒を得る。
[-6]:白のアバター(Avatar)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。それは「このクリーチャーのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたのライフの総量に等しい。」を持つ。
忠誠度4

ローウィンで登場したプレインズウォーカー。レアリティはローウィンがレア、基本セット2010及び2011では神話レア。
ライフゲイン、クリーチャーパンプ、セラのアバター召喚という効果を持つ。そのどれもが使える効果で、特に2つ目の効果が極めて優秀。

[-1]:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。それらのクリーチャーは、ターン終了時まで警戒を得る。

まさに白ウィニーに入れろと言わんばかりの効果である。
クリーチャーが除去されていなければ、アジャニが出る頃には2、3体は並んでいるだろう。そのクリーチャーをパンプししかもそのターン警戒持ち。アタックしても相手ターンでブロックも出来る。

忠誠度+1効果もある程度の持久戦に持ち込める上に-6効果とシナジーするため使う価値はある。

  • 6効果はセラのアバター召喚。+1効果で増えたライフが削られていなければとんでもないパワーとタフネスを誇る。
多少削られようとライフが10もあれば十二分である。


基本的にウィニーは-1効果を使うものの、クリーチャーの数が少ない時はライフゲインという選択肢もある。臨機応変に使おう。



余談だが、同じ白のプレインズウォーカーである「遍歴の騎士、エルズペス」との相性は良い。二枚並べるなら他のクリーチャーを並べろ、と言われるだろうがエルズペスのトークン生成とアジャニのライフゲイン&クリーチャーパンプの組み合わせは中々しぶとい。もし5ターン粘られたら破壊不可能なクリーチャーに+1/+1トークンが増えて警戒持ちというとんでもない状況になる。実用性はともかく、中々ロマンがあるのではないだろうか。



アジャーニではない


白ウィニーの使い手は追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/