ゾイドジェネシス

登録日 :2010/01/25(月) 11:48:53
更新日 : 2017/07/28 Fri 13:27:36
所要時間 :約 6 分で読めます





惑星Zi―――

そこには、優れた戦闘能力と自らの意思を持つ
金属生命体「ZOIDS(ゾイド)」が存在した。

ZOIDSとは、すなわち生きた機械なのである。



トミー(現:タカラトミー)から発売されていたプラモデルシリーズ『ZOIDS』を題材にしたアニメ作品。
2005年4月から2006年3月まで放送された。

全50話。

無印新世紀/0フューザーズに続く4作目のアニメ作品である。
玩具展開等ではタイトルを『機獣創世記ゾイドジェネシス』としている。


【あらすじ】

『神々の怒り』と呼ばれる大規模地殻変動で旧文明が滅びた数千年後の世界。


ミロード村に住む少年ルージは、いつもの様に、
大人達と海からゾイドの引き上げ作業をしていたのだが、そこに謎の銀色のゾイドが襲撃してきた。

そのゾイドは“バイオゾイド”。

最近近隣国を侵略している『ディガルド武国』の物だった――。


【作品の特徴】

従来の作品やバトルストーリーとは、様々な面が異なるシリーズ屈指の異色作である。

舞台はこれまでと同じく惑星Ziではあるものの、
その世界観は作品独自の物となっている(世界観、作品独自の用語は後述)。

展開としては前半は主人公達の旅を中心に敵であるディガルドの非道さを描き、
中盤からは主人公達がディガルド討伐軍を率いてディガルドと戦っていく戦争物となっていく。

物語の中心に戦争が描かれたのはアニメでは本作のみとなっている。
無印も物語の背景に戦争があるが、主人公の冒険や戦いが中心であった。

物語の展開の丁寧さに定評があり、中盤で討伐軍を立ち上げる際に、
当初の旅の目的である、村のジェネレータを直せる職人を探す事を一端止めてしまう事を、
村に伝え謝るためにわざわざ1話使っているのは本作ならではである。

また、戦争も仲間を集める宣伝効果を期待しての首都奇襲や、わざと空爆させて帰還直後を狙った電撃戦、
対籠城戦にゾイドの特徴を生かした作戦を用いるといった戦略的な展開が見られる。

また活躍するサブキャラも多く、そのおっさん率が高いのも特徴的である。

しかし、世界観が大きく変わったことや後述の萌えを組み込んだ一部商品展開、
展開や設定の都合で従来の恐竜型ゾイドがリストラされたことで、これまでのファンからは否定的な意見も見られた。

しかし、現在ではシナリオ面を中心に再評価もある程度進んでいるようである。



【世界観・用語】

◆世界観

「神々の怒り」という大破壊で旧来の文明が破滅してから数千年、その中で新たな文明を築き上げてきたのが本作の世界である。
ジェネレータと呼ばれる木にも似た巨大な物体の周りは自然の回復が早く、街や村はジェネレータ脇に作られている。

文明レベルとしては一部を除き現実世界の中世に近い。

◆ゾイド

本作のゾイドは旧文明の遺産となっており、発掘したり海中から引き上げる物となっている。
また、レッゲルと呼ばれるジェネレータから出てくる物質を燃料としている。

ゾイドに乗るには個人個人で違うゾイドへの適性が必要で、大型になるほど乗れる人間は限られる。
また、名前は初めて乗った人の脳裏に自然に浮かんだりと謎も多い。

基本的には先祖が残してくれた便利な乗り物といった感覚で使われている。 

バイオゾイド

ディガルド武国が運用する謎のゾイド。

◆リーオ

別名をメタルZiという惑星Ziで最も硬い金属。
ムラサメライガーの刀等、この金属で作られた武器でなければバイオゾイドにダメージを与えることは出来ない。



【登場人物】

●ルージと旅の仲間達


ルージ・ファミロン
CV.平田宏美
使用ゾイド:ムラサメライガー
ミロード村に住む13歳の少年で本作の主人公。

◆レ・ミィ
CV.こやまきみこ
使用ゾイド:ランスタッグ
ヒロイン&萌え要素その一。
裸で川に潜って魚をとる野性味溢れる12歳のロリ少女。
かなりキツい性格。ツン9、デレ1のツンデレ

◆コトナ・エレガンス
CV.伊藤静
使用ゾイド:レインボージャーク
ヒロイン&萌え要素その二。
スタイル抜群の美少女。17歳。
お姉さんキャラでルージをからかう事もしばしば。


◆ラ・カン
CV.松山鷹志
使用ゾイド:ソードウルフ
50歳の男性。姪のレ・ミィと共に旅をしていた。


◆ガラガ
CV.三宅健太
使用ゾイド:デッドリーコング
反ディガルドゲリラを率いていた大男。『雷鳴のガラガ』の異名を持つ。

◆ロン・マンガン
CV.谷山紀章
使用ゾイド:バンブリアン
ガラガのゲリラで参謀役だった青年。

◆セイジュウロウ
CV.津田健次郎
侍の様な佇まいをした青年
以前は凄腕のゾイド乗りだったらしい。

その他、ディガルド討伐軍(ゾイドジェネシス)の項目も参照されたし。

●ディガルド武国


ザイリン
本作のライバルキャラ。詳しくは項目参照。



【登場ゾイド】

ムラサメライガー
ミロード村近海から引き上げられた青いライオン型ゾイド。
背中に“村雨”と彫られた大刀を持つ。
詳しくは項目参照。

◆ランスタッグ
白い鹿型ゾイド。
角とランスが主武装で両方リーオの武器である。
後に量産機も登場した。

◆レインボージャーク
孔雀型ゾイド。数少ない飛行タイプで偵察や運搬役が多い。
羽にリーオ製の刃『フェザーカッター』を持っている。

ソードウルフ
ラ・カンの愛機。詳しくは項目参照。

◆デッドリーコング
黒いゴリラ型ゾイド。
左腕にリーオの武器が仕込まれているが、使用するとゾイドが暴走するため、普段は包帯で巻いて封印している。

◆バンブリアン
背中にミサイルランチャーを備えたパンダ型ゾイド。
修理に出していた為出番が遅れた。

◆ソウルタイガー
白いボディに赤いラインの走った虎型ゾイド
集光パネルと言う機器を持ち、光学兵器の攻撃を無力化する。


【主題歌】

◆OP

夜鷹の夢

◆ED

一期『Real Love』
二期『ありのままでLovin'U』
三期『握りしめたその手に』

『夜鷹の夢』はかなりの良曲で、DoAsInfinityファンからも名曲の1つに上がることも多い。詳しくは項目参照。

スーパーロボット大戦Kには『夜鷹の夢』、『ありのままでLovin'U』がBGMとして出た。


【商品展開】

今回は過去のゾイドのリカラーと、メインキャラ用の新規・リデコキットのGZシリーズとバイオゾイドのGBシリーズが販売された。
ハウンドソルジャーとカノンフォート、ヘビーライモス、ギルドラゴンは、
リカラーとはいえ通常販売初の復刻だが、一部機体はアニメ未登場である。


また萌えを取り入れた展開がされ、二期と三期EDはヒロインが歌うキャラソンも兼ねている。
また、ヒロインを中心にした限定キットや、ドラマCD、編集版DVDにフィギュア等の展開も行われた。
こういう展開が放送中から積極的に行われたのはゾイドアニメでは初であった。

スパロボ初参戦を果たしたゾイドシリーズである。ガオガイガーという先例があったとはいえ、スパロボを制作するバンダイナムコグループのライバル企業の看板商品の一つが参戦することは当時大きな衝撃を与えた。



【ゾイドジェネレイションズ -ZOIDS GENERATIONS-】

模型誌『電撃HOBBY』にてゾイドジェネシスと似た世界観で描かれたライトノベル作品。
主人公はミドリという少女で、主役機は蒼いライガーゼロ『ライガーブルー・ソウガ』。


【余談】

本来惑星Ziには月が二つある筈なのだが、
本編中に登場する月は一つなので「『神々の怒り』はその何れかが落下した事により起こったのでは」と考察するファンもいる。


かつてコロコロコミックで漫画『機獣新世紀ZOIDS』を連載していた上山道郎の個人サイト『別冊兄弟拳』では、
ルージがバン(漫画版)と出会うオリジナル漫画『機獣超世紀伝説ゾイドXGクロスオーバー・ジェネレーションズ』が掲載されている。
あくまで上山氏の創作であり当然非公式。






ミィ「ルージぃ! 追記・修正しないと丸焼きよ!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/