ゴア(女神転生)

登録日 :2010/06/28 (月) 22:13:47
更新日 : 2017/01/18 Wed 15:51:56
所要時間 :約 3 分で読めます





CVはターミネーター(CDドラマにて)

南極点に出現した亜空間、シュバルツバースの調査隊の隊長で、主人公の上司。

元大国の将校で卓越した能力とリーダーシップを買われ、人類の命運を握るミッションに隊長として参加する。

主人公と同じくレッドスプライト号に搭乗し、調査隊の総合指揮を執る。
見た目はいかつい黒人のおっさんだが、主人公が握手を拒否しても冗談を言ったりするユーモアが溢れる優しい隊長である。

ゴア隊長かっこいい



以下ネタバレ





調査隊は最初に辿り着くセクターで多くの人員を亡くしてしまい、ゴア隊長は意を決して自らも出陣。

見事なまでの死亡フラグを立て、そして主人公たちを助けるために悪魔と戦い殺されてしまう。

「優しすぎたんだ、隊長は。」


最序盤に死んでしまう。しかし隊員を想うゴア隊長の意思は隊長たちに受け継がれている。襲い掛かる幾多の困難にも立ち向かう勇気を隊長たちに与えただろう。
でも実は死んでなかった。

いや、死んでるんだけどね?

シュバルツバースを統括する「母たち」と呼ばれる悪魔の一人、ウロボロスに遺体を利用されて良いように操られてしまう。生前の記憶があるようだが全くの別人格。
何故かタキシード姿で登場。

ママ!とか言うし…

このときの彼はユーバー・ゲシュタルト(超進化形態)と呼ばれる人間を超えた存在と化しており、デモニカなしでシュバルツバースを歩き回れる肉体と地球の記憶を手に入れた。別に二人で一人の仮面ライダー右とは関係ない。

しかし操られていたゴア隊長もウロボロス撃破により解き放たれ、セクター・グルースの親玉マーヤーの幻覚と、主人公のそれを打ち破る咆哮により遂に覚醒!

あの優しい隊長が戻ってくるのだ。

この時、感涙したプレーヤーは数知れず。


そしてルートによるが、セクター・ホロロジウムにて主人公たち隊長に望みを託し、消えてしまうのだ。

「ゴア隊長に敬礼!」

こんなかっこいい隊長は中々いないだろう。


彼はヒトで無くなった後であってもヒトを想い、心だけはヒトであり続けた。主人公が悪魔に傾こうとすれば命を賭けて立ちふさがり、天使になびこうとすれば全力で立ち向かった。
ある意味で誰よりもヒトでなく、誰よりもヒトであり続けた男。人気の高さも納得である。

因みに敵として戦うとかなりの強敵として立ちはだかる、物理反射に加え強力な攻撃。ゴア隊長の想いが伝わってくる。
物理攻撃しかして来ないからこっちも物理反射の仲魔で固めて行けば簡単に倒せちゃうんだけどね


追記修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/