真・女神転生if...

登録日 :2012/01/15(日) 13:46:35
更新日 : 2017/02/12 Sun 12:28:59
所要時間 :約 7 分で読めます




もしも……学校が別の世界へ投げ込まれたら?


■if...とは?
『真・女神転生if...』は1994年にATLUSから発売されたRPG。
突然、魔界に落とされた学校を舞台に人と人とのつながりを描く。
本作は『真・女神転生』とは趣向の違う外伝として作成された。
世界観としては、真・女神転生とほぼ同時期。ED後にⅠとストーリーが繋がり、 ICBMが飛んでくる。
また人間関係を主眼とする作風は、後の女神異聞録以降のペルソナシリーズへとつながっていく。

◆《ガーディアンシステム》
後の《ペルソナ》の基礎となった、ゲームオーバーは無しという発想から誕生した、 自殺推奨 システム。
主人公とパートナーは、戦闘で死亡するとそれぞれに対応した《ガーディアン》というものが憑依して復活する。
憑依したガーディアンによって、ステータスは変化し、またパートナーは魔法を習得することができる。またガーディアンは、複数もつことが出来ないので、死ぬ度に自動的に変更されてしまう。
憑くガーディアンのレベルは、「ガーディアンポイント」によって決定される。
ポイントは倒した敵のレベルが高いほど多く貯まるが、死ぬたびにゼロに戻る。無駄に何度も死ぬとガーディアンも弱くなってしまうので、 自殺は計画的に 行いましょう。
因みに最低ランクのガーディアンはゼリーマン。

《魔法の習得》
魔法はパートナーのみ、ガーディアンの付け替えで習得可能。
しかし所持魔法数には限度があり、それを越えてると、古い魔法から 勝手に 消去されてしまう。所持数は魔力と知恵を上げることで増やすことが可能。即死系を消されたときは泣きたくなる。

※PS版では イベントでガーディアンの変更可能




■ストーリー
学校が魔界に落とされた…

「……我が世界へようこそ」

魔神皇と自称するハザマによって、学校は魔界になってしまった!
突如として起こった異常事態に、校内は混乱していたが、とある少年少女はそれぞれの思惑を胸に学校から脱出しようとしていた。

主人公は、悪魔召喚プログラムをインストールし、選んだパートナーと共に魔界に赴くことに。

これは突然魔界に迷い込んだ、少年少女の物語である。




《パートナー選択》
今作ではパートナーが選択でき、またそれによってストーリーや結末が微妙に変わってくる。

ユミルート
「お願い!あたしに手を貸して!みんなを助けるために…」
学校を救うために行動する。

チャーリールート
「おれは自力で、ズラかってやるぜ」
自分達だけが助かるために魔界に赴く。

レイコルート
「すぐに彼を探し出して、こんなことやめさせないといけません」
ハザマを止めることを目的とする。物語の謎が解ける、いわゆる真相ルート。

アキラルート
上記の3人のいずれかをクリアしている事が条件。
3人のパートナーと踏み込む魔界とは異なる「幽閉の塔」をひたすら登っていく。
難易度が非常に高く、学校に戻れない上に安全地帯といえる場所が少ないので気を抜けないが、 ハザマが一番弱い。
学校でピクシーとジャックフロストを取っていないだけで軽い縛りになる。別名「ハトホル無双」


■魔界
魔神皇ハザマが支配する軽子坂高校が落とされた世界。

  • 傲慢界
「自分に出来ないことは無いと考えるのは傲慢の極みだ」
主人公達の傲慢さを砕くための界。なのでボスがかなり強めに設定されている。三日月おじさんがいる。

  • 飽食界
「人間は欲が深い生き物だ。飢えをしのぐ食物を得ても、なお物を食う」
魔神皇様のデブ批判。食欲に捕らわれたブタがいる。
カジノがあり、チート武器のひとつ「キングフロストの杖」が景品にあるが、解禁されるのは飽食界を一度クリアした後。

  • 怠情界
「人間も所詮獣…すぐに怠ける。万物の霊長を名乗るにしては、あまりにお粗末だとは思わんかね」
魔神皇様のニート批判。最大の敵は退屈。エストマがないとまともに地下を歩けない。
ここでは敵のタイプが切り替え可能。仲魔作りとレベル上げをとことん楽しめる。あとレア敵が……。

  • 嫉妬界
「彼女にとってパートナーは君でなくても良かった。誰でも良かったんだよ」
ユミもしくはレイコルートのみ訪れる。嫉妬で目の前が真っ暗になっているせいか、ダークゾーンだらけ。
ガーディアンが上位3体か無しの状態で深奥に行くと…。

  • 憤怒界
「我を崇めよ」
魔神皇の憤怒が見られる。チャーリールート専用であり最後のダンジョンとなる。
ワープがうざい。

  • 貪欲界
「貪欲な人間は、もはや救いようが無い」
物欲が試される界。取るか、取らないか。
条件を満たすとボスがラスボスより強くなるが何も取らないと最弱となる。最強にすると相当なチート性能に。これをオートで倒すのがメガテニスト。

  • 軽子坂高校
ユミルート最終ダンジョン。タイトル画面等で描写されている構造では軽子坂高校には4階以上は存在しないので実質魔界。
全てのリングを集めると侵入出来る。
因みにタイトル画面等で描写されている限りでは 軽子坂高校に渡り廊下は体育館のもの以外は存在しない。

  • 精神世界
レイコルートのみ突入可能な最終ダンジョン。軽子坂高校の最上階でハザマを下すとそのまま突入する(一時撤退も可能)。
ある人物の精神世界であり、なぜ今回の凶行に踏み切ってしまったのか、なぜ「彼女」が「彼」に固執し凶行を予見していたのかが明らかになる。

  • 幽閉の塔
アキラルートのみ突入可能であり、全編に渡ってこの塔を只管登っていくことになる。
他3人のパートナーと共に踏み込むハザマの創り出した魔界とは異なる、謂わば「本当の魔界」。


◆間欠泉
魔界に遍在する瞬時に入口へ戻れる装置。月齢が新月の時は利用出来ない。
一度は女生徒の 濡れてスケスケになった制服姿 を想像して興奮したはず。


■登場人物
  • 主人公
男女選択可能。軽子坂高校2年D組に在籍しているごく普通の学生。
女主人公こと「たまきちゃん」は、地味に人気があったのかペルソナシリーズゲスト出演している。モデルは内田有紀。 パンツ装着の有無は選択できる
女神異聞録では軽子坂高校からの転校生として登場しており、「悪魔とは交渉出来る」とアドバイスして「前の学校で使っていたもの」であるレイピアをくれる他、ペルソナ2罪でGUMPを使っている描写があるため、相当ハードな人生を送っている事が察せられる。

◆ユミ(白川由美)
主人公のクラスメイトのギャル。見た目と違って優しい性格。
ガーディアンは攻撃魔法を覚えるものが多い。
一部を除いて全員帰れる。

◆チャーリー(黒井真二)
2年E組のチャラ男。行動派だが自分勝手なお調子者。
あだ名の由来はチャリンコをパクろうとして御用になった事があるからで、「チャリンコチャーリー」と呼ばれるとキレる。
ガーディアンは補助魔法を覚えるものが多い。
帰れるのは主人公とチャーリーだけ。ペルソナ2罪では軽子坂高校生がカメオ出演しているので、少なくともチャーリー・アキラルートの2つからは派生しない可能性が高い。

◆レイコ(赤根沢玲子)
1年B組のメガネっ娘。
おとなしい優等生だが、作中では行動的。なぜかハザマや魔界に詳しい。
ガーディアンは攻守のバランスは取れているものの、器用貧乏とも言える。
クリア直前にハザマの精神世界にショタハザマと居残る事を選ぶ

◆アキラ(宮本明)
2年C組の一匹狼の不良少年。デビルマン。バンダナがチャームポイント。どっかで見たような用務員と仲がいい。
ストーリー進行で強化されていくので最終的にはハザマ涙目な強さになっている事が殆ど。
実質主人公以外誰も現実世界に還れない

◆ヒーホーくん
何故か 3F倉庫にいる学ランと学生帽を身に着けた ジャックフロスト。
序盤の仲間としては破格の性能で、中盤までお世話になることになる。
仲間にせずスルーしてしまうと、何故か相撲部に入部している。

◆大月
化学教師にしてプラズマ・パワーの体現者。科学信奉者のくせに、科学的根拠のない魔神皇を崇拝している。
但しこの崇拝は一方的かつ勝手にやってるもので、
「勝手に崇拝するならまだしも、妨害役としても役に立たないからピチューンしてこい」
と魔神皇直々に主人公へ排除命令が出された。
風紀委員会の顧問を担当していたようだが、生徒たちからは「なんであのヤバイ奴が風紀委員の顧問なのか分からない」と思われていたらしく、生徒達からの評判は芳しくなかったようである。
結果的に人間やめちゃった人。

ハザマ(狭間偉出夫)
orz。2年E組の根暗ぼっちIQ256 の天才。
悪魔召喚プログラムを用いて、魔界の支配者「魔神皇」となった。学校を魔界に落とした張本人。得意技はランダマイザとソルブラスター。
強さが全ルートで共通なのでストーリーが短いチャーリールートでは脅威だが、最もストーリーの長いアキラルートでは最悪の場合1ターンキル出来る。
境遇が似ていることから、「デジタルデビル物語女神転生の主人公、中島朱実のIf的な存在ではないか」と言われている。

◆リュウイチとアキコ
リュウイチはチャーリーのクラスメイト。アキコはリュウイチの彼女。
物語開始直後は1Fの倉庫に2人で立てこもっていたが、ある時を境に姿を消してしまう。
チャーリー編ではアキコがハザマに連れ去られてしまい、リュウイチは危険を顧みず単身魔界を走り回っていたが、主人公達と出会うとチャーリーは助力してくれないだろうと諦めている事を示唆していた。
アキコがハザマに対して以前行ったある行動が、軽子坂高校が魔界に落とされる原因の1つとなった。
ユミ・レイコルートでは怠惰界で石化しており、その後助かった描写も学園に帰還した描写もないため恐らく行方不明扱いとしてEDにてカウントされているものと思われる。
チャーリールートでは憤怒界でハザマに捕らわれたアキコを救出するために奔走するが、ふたりとも結局石化してしまい、主人公とチャーリーがトドメを刺してしまった…



魔界は七つの大罪に合わせてデザインされており、実は途中まで色欲界も作成されていたが、SFCでの表現の限界やハザマの設定との絡みなど諸事情があり、結局見送られた。



全パートナーでクリアすると、エンディング後に……。


余談
  • 主人公の悪魔召喚プログラムはハンドルネーム「STEVEN」から学校のPCに送られたのをフロッピーで譲ってもらったもの。HNからして恐らく真メガテン1のあいつ。無差別にプログラムを送ったとはいえ またお前か
  • 真・女神転生カーンでは軽子坂高校の魔界の転移で生き残ったのは主人公のノブとユミのみであり、二人共生き残りはしたがPTSDや人間不信に陥ってしまうなど、心に深い傷を刻みつけられることになった。ユミルートながらチャーリールートのような顛末になっている。
    • だが、小説版カーンで描かれた顛末によると「 ユミとノブを除いた生徒や教職員の大半が悪魔化し壮絶なバトルロイヤル状態となった 」らしく、ノブ達はピクシー達味方となった悪魔の助力により生還した。


君たちが追記するも修正するも、項目は全て私の手の内にある。せいぜい楽しませてくれたまえ。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/