ネコマタ(女神転生シリーズ)

登録日 :2010/04/29 (木) 23:19:35
更新日 : 2017/01/18 Wed 14:55:00
所要時間 :約 4 分で読めます




猫が五十年生きると人語を解するようになり、尾が二つに分かれ、妖しげな術を使うようになるという。それが ネコマタ である。


今回は女神転生シリーズに登場するネコマタについて記する。


○ネコマタの歴史

実はネコマタはFC版女神転生Tからの登場で、シリーズ皆勤賞を成し遂げている。デザインもほぼ毎回変更され、多くのプレイヤーを魅力し続けてきた。その点も含めて記してゆく。
初作からネコマタは一貫して『人型をしたネコミミ娘』としてデザインされている。初作はおかっぱ頭にレオタード(体毛?)とシンプルながら可愛らしい存在で、サキュバスに並び多くのファンを作り出した。仲魔としても優秀で、中盤に彼女に頼ったプレイヤーも少なくないだろう。
FC版Uから悪魔絵師こと金子氏が悪魔デザインを担当。ネコマタも雰囲気が随分変わる。
ウェーブのかかった金髪のロングで羽織りを着ている。前作のような可愛らしさは影を潜め、大人びた雰囲気である。だがデザインは同作に登場する悪魔キヨヒメと色違いなだけであり、専用ではなかった。容量の問題もあるが、これはSFC真・女神転生T(以降、真T)でも同様である。余談ではあるが、この頃のネコマタは今は高位悪魔として登場するネビロスより強かったw
真Tになるとデザインが一気に変更される。というか 全裸 。白い体毛に包まれているが、出る所はしっかり出ててくっきり、四つん這いでこちらを覗き見る彼女の肢体は実に素晴らしい。初代ペルソナではこのデザインに準じている。ちなみに同じデザインのワーキャットはもっとエロい。まんま全裸の女性に尻尾が生えてるだけ。速攻で仲魔にしたプレイヤーも多いとか少ないとかwwちなみに魔神転生では 原画に近い、よりエロい格好 で登場しているので興味のある人は見てみると良いだろう。
真・女神転生Uになると、さすがに全裸はまずかったのか、タンクトップが着せられ、首に鈴が付いたチョーカーが巻かれた。

…… 余計、エロくないか?

このデザインはお尻が本当に可愛いと編者は感じている。つかネコマタは尻ですよ尻。
これは金子氏も気に入っていたのか、以降のデビルサマナーにも同じデザインで登場する。

ちなみに任天堂は裸の描写には厳しいはずなのだが、ネコマタは 人じゃなくて悪魔なのでOK との事。

……それでいいのか?

さて、デビルサマナーのネコマタを語る上で忘れてはならないのがコレである。

ネコパンチバズ

恐らくはネコパンチバズーカだろうが、文字制限の関係でこの名前になっている。
この銃器は中盤にネコマタの忠誠度をMAXにし、魔晶変化と呼ばれる仲魔をアイテムに変化するシステムを利用する事で入手できる。
驚くべきはその威力で、弾は文字通りネコパンチの形をしているが、なんと攻撃力240と銃器類最強のトンデモ武器なのだ。最強武器のようおうはけんが攻撃力255(一回の攻撃時)である事を考えて頂ければその凄さがわかりやすいだろう。
無論、バズーカらしく(?)、命中力も低めで攻撃回数も0‐1回となかなか当たらない事もあるが、後衛のパートナーに持たせれば終盤まで使える逸品である。
次作のソウルハッカーズでは大幅なデザイン変更が行われた。今までの可愛らしい雰囲気とはうってかわって、どこか不気味な感じがする、三毛猫風である。より猫らしさを強調する毛並みに、目は前髪で隠れており、背中を向けてこちらを覗き見る姿はまるで幽霊である。このデザインはライドウシリーズでも採用されている。
そして、真・女神転生V〜ノクターン〜でまたも大幅デザイン変更。パンクを思わせるデザインで、マスクに毛皮のジャケット(恐らくは体毛)、そして形の良い胸とヒップ、脚線美を際だたせる黒いラバースーツと今までより格好良さが強調されたデザインとなっている。ちなみにこのデザインは真TのPS版リメイク時に発表されたが、ゲーム内には使用されなかった。 やはり全裸は捨てがたかったか。
以降のシリーズはこのデザインが使われていく事になる。
個人的には着せ替えが楽しみだったので残念である。


またそんなネコマタさん真・女神転生デビルチルドレンにすら登場している。デフォルメされているためセクシーから、かぁいいと言える姿になっていたのだが…
かのボンボンに掲載されていたデビルチルドレンでは画力の向上もあいまってツルペタからバインバインに…
一粒で二度美味しいとはまさにこのことか。


駆け足で見てきたが、ネコマタもまた女神転生には欠かせない存在である。これからも登場して我々に マリンカリン を唱えて欲しい。


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/