今更そんな情報が何だというんだ!

登録日 :2012/04/20(金) 22:17:51
更新日 : 2017/08/18 Fri 16:25:18
所要時間 :約 2 分で読めます




情報部「こちら情報部、あのヘクトルは小型です。おそらく、空中輸送が可能な軽量タイプと思われます」

情報部「大型の方は体が大きすぎ、円盤による輸送が不可能だと思われます。逆に小さいものは空中輸送が可能な軽量タイプと推測できます」

本部「今更そんな情報が何だというんだ!」


「今更そんな情報が何だというんだ!」とは、地球防衛軍3における本部の名(迷)台詞である。
この台詞が聞けるのはmission29「降下戦隊」の冒頭。
人型ロボット・ヘクトル(大型と小型)に小型ヘクトルを落とすキャリアーに囲まれている状況で上記のやり取りが流れる。
……が、この情報、


  • あのヘクトルは小型です→見ればわかる
  • 空中輸送が可能な(ry→囲まれているので今はどうでもいい
  • 小型ヘクトルは以前ののステージで登場済み
  • 弱点とかの情報は特になし


……等々、どうでもいい情報ばかりな為、本部に叱責されてしまう。
無能っぷりが目立つ本部にしては割とまともな事を言う(ように聞こえる)珍しい例。
……んな事を言ってる間にさっさと始末しろという事かもしれないが。


因みに小型ヘクトルは大型に比べ、

  • 動きや弾速が速い(その癖、威力は同じ)
  • 耐久性が低い
  • 前述の通り、キャリアー(でかい円盤)が落としてくる事がある


といった特徴がある。高難易度で某王子の如くオレンジの光弾を連射してくるのは圧巻。
更にキャリアーから沸く場合無限に沸いてくるので、キャリアーは早めに撃墜していこう。

汎用性も高く、「サンダー!」や「大きいねぇ!」(空耳)等の台詞と並んでよくネタにされる。



本部「各員、項目を追記・修正せよ」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/