ガッツウイング1号

登録日 :2011/05/21(土) 12:32:31
更新日 : 2016/11/18 Fri 18:39:23
所要時間 :約 7 分で読めます





ガッツウイング1号とは、円谷プロ製作の特撮TVドラマ『ウルトラマンティガ』と『ウルトラマンダイナ』に登場するライドメカである。
デザインモチーフはイカ。一見飛行機とは縁のなさそうなモチーフを立派に組み込んだ見事なデザインと言えよう。


概要


全長:14m
最高速度:マッハ5.5(大気圏内)、マッハ49(宇宙空間)
乗員:2名


特捜チーム GUTS』の主力である超高性能小型高速戦闘機。
地球平和連合TPCの科学局が2004年にガッツウイング2号共々完成させ、正式配備された。
TPC極東本部基地ダイブハンガーや万能戦闘母艦アートデッセイ号内部には常時複数機が待機している。

その性能は極めて高く、主翼の可変機構も併せて戦闘はもちろん宇宙飛行、
狭い洞窟内やビル街での低空飛行や空中静止、垂直離着陸、ホバリングなど何でもござれ。
熊本県の通潤橋の下を潜り抜けるという離れ技までこなした。オプションを装備すれば単独での大気圏離脱・再突入すらこなす。

科学局局長のカシムラ博士開発のウイングシステムによる可変翼を用いて待機状態のスタンバイモード、
基本形態のフライトモード、ホバリングと攻撃力に特化した(らしい)ハイパーモード(劇中未使用)を使い分けることで前述の高い機動性と武装化を両立し得ている。

コックピットは複座式で前席、後席のどちらでも操縦が可能。
宇宙ではコックピットそのものが脱出ポッドとしても機能し、さらにそのまま地球に帰還出来る。


元々は戦闘用ではなく調査を主任務とした機体であり、怪獣に対しても信号弾で威嚇するくらいしか出来なかったが、
ゴルザメルバの出現に始まった世界規模の異変に対処する為にTPCの再武装化が決定されると、
カシムラ博士の指揮の下でレナとホリイの努力により兵器を搭載出来るように変形するよう改造され、
久良々島に出現した怪獣・ガクマとの戦いで新生後の初陣を飾った。

本来カシムラ博士は安全性を考え、新しいライドメカの開発を唱えていたが、
いつ怪獣が出現してもおかしくない状況では新しくメカを開発する時間がなかったことと、
「ガッツウイングを超えるメカが造れまっかいな」「ベースはガッツウイングでないと怪獣はあきまへん」というホリイ隊員の主張とレナ隊員の懇願により、
晴れてガッツウイングの改造が決定した。


攻撃力では2号に遠く及ばないものの多彩な武器を備えている。
基本武装は機体前部から発射するビーム砲・ニードルと機関砲、機体下部のハッチに搭載されたミサイル・ヒート、機首から発射するレーザー。
また、下部のハッチにはヒートとの換装でマイクロウェーブ砲、アルミジャマー、高周波ジェネレーター、消火弾、水中機雷、
三連装空対地機関砲ポッド、液体窒素弾、スーパーウェーブ照射装置、探照灯、冷凍弾をなどの多彩な武装を搭載可能で、
機体前部のナパーム弾や狭角ミサイル(未使用)、機首からの液体窒素ビームを装備する。
この他にもヒートに強アルカリ中和剤を積んで発射したことがある。

このように幅広い状況に対応出来るが上記の通り攻撃力は決して高くはなく、
攻撃力の高い2号やEX-Jと組むことでその真価を発揮出来ると言える。
事実、1号単機で出動するのは偵察や小型宇宙船との空中戦くらいである。


そしてこの機体の最大の特徴は、何と言っても汎用性の高さにある。
前述した改造時のエピソードに証明されるように基礎設計は極めて優秀であり、
GUTSの主力機として活躍した2007~2010年はもちろんのこと、スーパーGUTSが活躍していた2017年以降においても前線を退いてこそいるものの、
相当数が訓練機関やTPCの各航空部隊に配備され、『ダイナ』劇中でも幾度か活躍する場面があった。

本機を元にした派生機も多く存在し、中でも警務局特殊部隊ブラックバスター隊専用に開発されたガッツシャドーは、
ネオマキシマ搭載を始めとした数々の改良により、バリエーション機の中でも際立って高い性能を持つ。



【GUTS時代での活躍】

全編を通してGUTSの主力として活躍した。
しかし、出番が多いことやウルトラマンティガであるダイゴが搭乗することもあって墜落する回数も多い。
あとダイゴ&シンジョウの墜落コンビが乗ると 十中八九墜落フラグ。
最終章ではダイブハンガーが闇に飲み込まれたこともあって第49話『もっと高く! ~Take Me Higher!~』のみの登場となったが、映画版『THE FINAL ODYSSEY』ではウサを晴らすかのように活躍を繰り広げた。



【ネオフロンティア時代での活躍】

TPC隊員養成機関ZEROの訓練機や航空部隊の主力機として配備されている。
性能は変わりないがマーキングが簡素になり、システムを演習モードと実戦モードに切り替えることが可能になった。

訓練機は1、2話に登場。
訓練機は演習中に乱入してきた宇宙球体スフィアを相手に実戦を行った。
第2話ではスフィア合成獣グラレーン相手に孤立無援の戦いを強いられたガッツイーグルγ号を援護する為に、
ミシナ教官率いる訓練生達が規則違反を犯してまで出撃。新たなウルトラマンであるダイナの強さを目の当たりにした。
まだZEROの訓練生だったアスカ・シンは上記のスフィアとの戦いがきっかけでウルトラマンダイナになり、スーパーGUTSに入隊することになる。

航空部隊のものは劇場版『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』に登場。
メトロポリスK3地区に出現すると予告したデスフェイサーに対して7機編成の部隊が地上部隊、
ガッツイーグル、ブルートルネード部隊と共に待ち構えるが、地中から奇襲を仕掛けてきたデスフェイサーの先制攻撃によって地上部隊は全滅、
ガッツウイング部隊も果敢に攻撃を仕掛けるが全く通じず、逆にガトリング砲によって一瞬の内に全滅してしまった。

また、サタンラブモスにTPCメカの殆どが吸収された際には、
たまたま整備中でコンピューター制御を外されていた為に難を逃れた1号にヒビキ隊長とナカジマが乗り、手動で発進。
コンピューターのサポートが無いにも関わらずアクロバティックな操縦でサタンラブモスと戦い、まだまだ健在である様子を見せた。

これらの他に旧GUTSが使用していたオリジナルの1号をホリイがTPCを辞した(?)際に払い下げを受けて大阪で動態保存しており、
ジオモスの亜空間バリアを破壊する為に反マキシマエネルギーを搭載し、一時的に前線に復帰したシンジョウとホリイの操縦でジオモス及びネオジオモスとの決戦に参加。
ダイナ、ガッツイーグル、ムナカタの乗るEX-Jと共に見事ネオジオモスを倒した。

当時、この新旧GUTSの共闘に歓喜した視聴者も多いのではなかろうか?



ガッツウイング1号のバリエーション
詳しくは項目を参照されたし。





「ダイゴーっ!追記・修正ー!くっそお、またかーっ!!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/