大亜門

登録日 :2011/11/12(土) 18:44:16
更新日 : 2017/06/05 Mon 09:30:50
所要時間 :約 6 分で読めます




ダメだぁジョジョネタしかうかばね――!!



(だい)亜門(あもん)

1977年5月29日生まれのギャグ漫画家。埼玉県出身。血液型はB型。本名は西村大介。
趣味は現実逃避、アニカラ、ゲーム。

大亜悶名義で同人サークル「MAD CONPANY」で『ドラえもん』の作品を出していたが、
2002年に『もて塾恋愛相談』で「週刊少年ジャンプ」の月例賞最終候補となりデビューする。
作品を出した時に現在のペンネームに替えたはずが本名で発表された。

デビュー後は「週刊少年ジャンプ」で『無敵鉄姫スピンちゃん』『太臓もて王サーガ』を連載する。

『太臓』の連載終了後に『魔法少女しげはる』を「赤マルジャンプ」で発表した後は編集者を満足させるネームを描けず音沙汰が無かったが、
長いスランプを乗り越え「ミラクルジャンプ」創刊号で初の青年誌の作品となる『未来のジェノス』を掲載。
この読切でブランクを感じたようで久々に同人界に戻り『TIGER & BUNNY』の作品を発表した。

『ジェノス』の調子が良かったのか、『英雄製作所』『わたしはキャワワワ』と次々に読切を掲載し、後者は5年半ぶりの連載作品になった。

なお、『ジャンプSQ.』『週刊少年ジャンプ』での連載の打診があったが、
前者は不人気で打ち切られた作品の続編を見たい読者はいないと判断され、後者は他の連載作品と内容が被ったため結局無くなった。



◆作風
彼の作品の大きな特徴、それはパロディ、下ネタがやたら多い。
どちらかといえば初期は下ネタが目立っていたが、『太臓』では毎回タイトルが何かしらの作品のタイトルをパロったものになり、
作中に出てくるパロディの量と完成度の高さは他の追随を許さない程になり、僅か2、3週間前に「ジャンプ」に掲載した作品もネタにする。
最近は助野嘉昭が彼に負けない活躍を見せているが。

性描写においても太臓の連載では陰毛が描かれる程に男の露出が激しくなり、当時同誌で連載していた『To Loveる』と共に心配されていた。

荒木飛呂彦の大ファンであり、『太臓』からは『ジョジョの奇妙な冒険』のパロディが1話に数個、酷い時は20個以上も出たりとかなり多く、
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や『ピューと吹く!ジャガー』とのコラボでも平然と使っていた。
特に『太臓』の登場人物の麻仁温子に至っては、行動のほぼ全てがジョジョネタで埋め尽くされている。

ジョジョネタは「週刊少年ジャンプ」で連載していたジョジョまでをネタにしており、
ウルトラジャンプ」に移籍してからの『SBR』ネタは『太臓』が打ち切り寸前になるまで使う事は無かった。

例外として、『るろうに剣心』公式アンソロジーでは流石にパロディはまずいと判断したのか、
パロディが無い分下ネタで埋めつくされており、他の作者の作品と比べてかなり雰囲気がカオスになっていた。
と思いきや自画像は青年誌に移動してからのをそのまま使っていたので荒木飛呂彦のそっくりさんだった。

なお、パロディは全て担当編集を通じて許可をとっている。

少年要素の少なさ、過激な内容に加えパロディの元ネタが分かりにくい事から連載作品は人気が出ず、全て打ち切りになった。
ただし、常に掲載順位が低い訳でもなく『太臓』ではラブコメ要素で上から4、5番目に上りつめた事もあったが、世代交代に失敗した。

良くも悪くもインパクトが強い漫画家といえる。

『太蔵』の人気投票で作中にも登場したが実に悲惨であった。



◆人物
変態チックな作品ばかりの大先生だが単行本のおまけでは真面目にやっている。よく暴走するが。
成田良悟からは死んだアバッキオの前に現れた警官のような人間と評されている。

交友関係は広く、荒木飛呂彦と高橋和希の3人で中華料理を食べに行ったり、知らない間に担当がパロディの許可をとっていた憧れの柴田亜美とサイン交換をした。

特に荒木飛呂彦とは太臓を描いてもらったり、同じカップの飲物を二人で飲み合う親密な関係になったが、
あまりにもおまけページでネタにしすぎたために本人から「おまけページオレばっかりじゃねーか」と大亜門的に最高の賛辞を送られた。

他の漫画家からも大亜門=ジョジョネタという認識があり、ビンゴゲームで賞品を選ぶ時にジョジョコールが響いてジョジョのフィギュアを選ぶ事になった。
なお、このビンゴゲームで狙っていたWiiは長谷見沙貴が手に入れた。

BASTARD!!-暗黒の破壊神-』のダイ・アモンが好きなキャラクターだと言っているが、本人はペンネームの元ネタは覚えていない。




もう追記できるのなら何でもいいです。ギリギリまで修正する覚悟です。よろしくお願いします。<Wiki篭り>

この項目が面白かったなら……\ポチッと/