獣電戦隊キョウリュウジャー

登録日 :2013/05/28 (火) 17:31:40
更新日 : 2017/07/14 Fri 17:19:02
所要時間 :約 30 分で読めます




恐竜! プラス人間!

億千年の時を越え、地球を守る為に今!
史上最強のブレイブチームが誕生したァ!

聞いて驚けぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!



獣電戦隊キョウリュウジャーとは、東映制作の特撮、スーパー戦隊シリーズの第37作品目。
ニチアサキッズタイムの中のスーパーヒーロータイム内で2013年2月17日から2014年2月9日まで放送。



【概要】


ジュウレンジャー、アバレンジャーと続く三番目の恐竜モチーフの戦隊(ただし当て字としては“強き竜の者”)。
約10年ごとに恐竜ものになっている。

前作『特命戦隊ゴーバスターズ』がシリアス且つ挑戦的な作風だったのに対し、こちらは極めて王道な作風。

チェンジマン以来の 初期メンバーに黄色がいない戦隊 で、メンバーの色も赤、黒、青、緑、桃とシリーズ初の組み合わせ。初期メンバーで黒と緑が共存するのは『炎神戦隊ゴーオンジャー』以来である。
更にシアン(水色)やグレー(灰色)など、今までに無い色の戦士も登場する。紫も歴代二人目(実質三人目)が登場。
また、前々作『海賊戦隊ゴーカイジャー』に勝るとも劣らない歴代戦隊のネタを盛り込んだお祭り要素も見所。
世界各国から集まった戦士(幽霊含む)、ダンスで戦うのは『バトルフィーバーJ』のオマージュである。

メインライターには『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』『仮面ライダーW』でお馴染みの三条陸、メイン監督には坂本浩一。
三条氏は当初、バクレツキョウリュウジンまで書ききろうとしたがやがてインタビューで全シナリオを一人で書き上げると宣言、映画およびVS戦隊シリーズで見事達成。三条さん無理すんな

ナレーション&劇中登場アイテムの声には、アドリブ大王こと千葉繁を起用。
予告では案の定、高齢とは思えないハイテンション声を披露、視聴者の笑いをかっさらった。

ちなみに千葉氏は昔、声優大暴走と名高いCGアニメで、紫色の恐竜を演じていた。
…と思ったら紫の戦士として番組内に登場した。まいったぜ


【あらすじ】


遥かな太古―― 宇宙より飛来した暗黒種“デーボス”。

“恐竜”たちは、賢神・トリンに機械の体を与えられ “獣電竜”となって立ち向かい、デーボスの魂を凍結し海に沈めた。

そして時は流れ…

現代―― デーボスの身体の破片から部下たちが復活。 デーボス完全復活のため、人類への襲撃を開始した!

地球最大の危機を救うため、5人の勇者が集結。 恐竜の魂が宿る“獣電池”を駆使し、獣電竜とともにデーボスに立ち向かう!
(公式サイトより引用)


【登場人物】


■キョウリュウジャーサイド

獣電竜に選ばれて共に戦う戦士たちとその仲間たち。
戦隊としては1話で結成したものの、当初はキング以外は戦隊メンバーにもそれぞれの事情で正体を隠したドライな戦隊だった。
しかしキングの頑張りで腹を割って理解し合うことで本当の仲間になった。
過去にも複数人存在したが、「戦隊」として成立したのはダイゴたちの代が初のことらしい。
…後述のスピリットレンジャーたちの生前を考えると、チームワークとかではなく、単に 地理的にも時代的にも、集まれる範囲にいなかった 可能性もあるが。


〇獣電戦隊

ガブティラ に選ばれた 『牙の勇者』
天然かつ真っ直ぐな性格で、仇名は『キング』。
ちなみにキングとは自称だけでなく、彼のブレイブな行動に感服した者が自然と呼ぶものでもある。
最初は「(キングと)呼ばない!」と言っていたメンバーも、どこまでもまっすぐなダイゴの行動に心を動かされ、彼をキングと呼んでいる。
行方不明の父を捜しており、父から貰った琥珀のペンダントを大切にしている。
状況に応じて武器および獣電池を使い分ける万能型だが、基本的には拳で戦うパワーファイター。父譲りの鉄拳 『岩烈パンチ』 は文字通り岩をも砕き、 ガブティラファング 装着時には 『ガブティラ岩烈パンチ』 に強化される。
キメ台詞は「 荒ぁれぇるぅぜぇ~!止めてみなァ!」 「俺たちは戦隊だ!」
カーニバル登場回では、 お母さま方のために無駄に脱いだ


  • イアン・ヨークランド/キョウリュウブラック
パラサガン に選ばれた 『弾丸の勇者』
捻くれ者でキザで女好きのナンパ野郎、と誤解を受けやすいが、あまり表に出さないだけで実際は仲間思いというツンデレ枠。
職業は考古学者で、炎神戦隊のかっこよすぎる人に似たトレジャーハンターの友人と世界を渡っていたが、その友人をデーボス軍に殺され、復讐の為にキョウリュウジャーに参加した。
ガブリボルバーや パラサショット を用いた射撃の名手。当初は狙いを定めることにちょっとしたトラウマがあったが、キングのお陰で克服。
キメ台詞は「 (チュッ)荒れるぞ!…止めてみやがれ!!


  • 有働ノブハル/キョウリュウブルー
ステゴッチ に選ばれた 『鎧の勇者』
初期メンバー内では最年長の32歳で、年配らしいおおらかな性格。
ゴーバスターズとの共演時には同じくアラサーブルーであるリュウジと意気投合していた。
愛称は『のっさん』で、メンバーはおろかトリンにもこう呼ばれている。
以前は一流商社に勤めるサラリーマンだったが、義弟が事故で亡くなり、今では『なんでも屋まるふく』で働きながら妹とその娘を養っており、家族への愛情は強い。ちなみに初期設定では45歳妻子持ちの予定だった。
ダジャレが趣味なのだが、死んだ義弟以外は彼のセンスを理解できないらしく、言うたびに全員を呆れさせている。
ちなみに妹夫婦は、それぞれ特捜戦隊の黄色いエスパーとリ・イマジネーション世界で天の堂に入り総てを司る男に似ている。
戦闘時は ステゴシールド で敵の攻撃を受け止めつつ 『ノブハルボンバー』『ノブハル・ストーンシュート』 などのプロレス技や怪力技で投げ返す。獣電池『イゲラノドン』とセットでダジャレを相手にぶつけたり、『プクプトル』で風船になったりボールになったりするぞ!
最近では決闘者に転身し、レジスタンスに身を置いているらしい。
キメ台詞は「 荒れちゃうよぉ~!止めてミロのヴィーナス!
戦隊で髭が生えた戦士は『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のゲキチョッパー以来であり、初期メンバーとするのならば初だったりである。髪型を整えれば中の人はイケメン。


  • 立風館ソウジ/キョウリュウグリーン
ザクトル に選ばれた 『斬撃の勇者』
霧咲高等学校に通う高校生でメンバー最年少。古来より伝わる剣術 『無双剣』 を守る道場の息子。
今作のクール枠で人見知りが激しい性格だったが、メンバーとの交流で徐々に軟化。
母とのことで軋轢があった父とも和解し、尊敬する父と自分の力を組み合わせた新たな剣術 『斬撃無双剣』 を会得した。
戦闘時もガブリカリバーや ザクトルスラッシャー による斬撃技を使い、終盤はトリンから フェザーソード『最強剣・トリニティストレイザー』 を伝授された。
校内では剣道部所属のモテモテくんだが、恋愛に関してはかなりの朴念仁。そのためか結構ひどいことをしたりいったりする。クリームソーダ愛好家。
あと、唯一OV「帰ってきた~」の時期(100年後)でも生存している描写があった。
ちなみに両親は過去に二回世界を救ってたりする。
キメ台詞は「 荒れるよ?止めてみれば!?


  • アミィ結月/キョウリュウピンク
ドリケラ に選ばれた 『角の勇者』
アメリカからの留学生で名家のお譲さま。現在は大学に通いながら喫茶店でバイト中。
明るく陽気な性格だが、ややがさつな面もあり、当初はそのことを執事のジェントルにばれるのを恐れていた。
とはいえ基本的には温和な為、キングと同じくギスギスした空気を治める立場に回ることも多い。何気に ソウジウッチーキング とカップルフラグを立てることも…。
戦闘時は蹴り技や ドリケランス でとことん攻めて攻めて攻めまくる主義だが、獣電池『スティメロ』で相手をメロメロにしちゃうこともある。
監督によっては、やたらと生足やハイキックシーン、果ては 足の指でリモコンを操作するといった女子力の低さ をこれでもかと映される。
だが、このようなことは縛った縄を足で解くといった非常時に役立てるのである意味すごい人だとも思うことができる。
ちなみにリモコンで出した番組表はタイトル名がパロディネタ満載だった。
キメ台詞は「 荒れるわよぉ~!止めてみなさぁい!


  • 空蝉丸/キョウリュウゴールド
プテラゴードン に選ばれた 『雷鳴の勇者』
一人称は「拙者」、口癖は「ござる」だが、結構ナウい言葉も使う。愛称は『ウッチー』。年齢は29歳。
戦国時代、武士としても活躍したキョウリュウジャーだが、ドゴルドの鎧に封印され操られていたところを、ダイゴ達が救出。そのまま現代のキョウリュウジャーに加わった。
最初はかつて共に戦ったトリンが疑念を抱くほど、ダイゴ達の実力を認めないポーズを取っていたが、それはドゴルドに利用されていたことの自責から来ており、厳しい態度を取った後は「言い過ぎた…」と人知れず落ち込む萌キャラ。アミィにその現場を見られ、そのフォローもあってキョウリュウジャーと互いに受け入れる。
実際の性格は人懐っこく、かなりのお人よしで家庭的。アミィに薦められて食べたアイスが好物。
クールな初登場の翌週に人の良さを発揮し、視聴者の腹筋を盛大にぶち壊した。
現在の格好はアミィに見繕ってもらったもの。正直目立つ。
現代には割と適応しているが、モンペ(モンスターペアレント)のような現代のものにショックを受けることも。 そしてメンバー随一の女子力を発揮する時も
長剣・ ザンダーサンダー による剣技はソウジ以上の腕前で、格闘も射撃も基本メンバーを上回る。ゴセイナイトデカマスターほどではないが他のメンバーに比べて能力値は高く設定されている。
必殺技は空気中の静電気を刃に集めて縦一文字に斬り裂く 『奥義・雷電残光』
キメ台詞は「 天怒りて、悪を斬る! 」「 荒れるでござる!止めてみよ!


  • 福井優子/2代目キョウリュウシアン
のっさんの妹で、未亡人。
一時はよからぬ宇宙の悪よりも娘を危険な目に合わせる青いの(キョウリュウブルー)を目の仇にしていたが、正体を知ってからは陰ながら応援するようになった。
兄以上のとんでもない怪力の持ち主で、 ラミレスをぶん投げた ことも。
その縁からかブレイブ47でラミレスの後を継ぎ、キョウリュウシアンとして戦う。
なお戦闘時には「 エマージェンシーよ! 」と叫び、どこからかサイレンが鳴り響く


  • 津古内真也/2代目キョウリュウグレー
アミィとラッキューロとトリンがよく読む人気少女漫画「らぶタッチ!」の作者(P.N:青柳ゆう)。
鉄砕の子孫であり、髪型以外は瓜二つ。
ブレイブ47で鉄砕の後を継いだ。


  • ドクター・ウルシェード/初代キョウリュウバイオレット
プレズオン に選ばれた 『海の勇者』
下記のスピリットレンジャーとは違って現役。
ガブリボルバーなどのキョウリュウジャーの武器を量産した陰の功労者。
演じるのが前述のようにアイテム音声やナレーターを務める千葉繁(無論変身前の役者として)で、トリンが運命を感じるレベルでスピリットの音声と似た声を持っている。
デーボス軍の復活の際、プレズオンとともに宇宙へ調査しに行っており、地球へ帰還後、ダイゴにプレズオンを託した。
「地球の海は俺の海、宇宙の海も俺の海!」というキメ台詞もあり、何気にナレーションもしていたりすることも。
中の人が中の人だけにかなりうるさく、目立ちたがり屋な性格が災いし、 張り切りすぎてギックリ腰に陥り 、元々引退するつもりだったこともあって、弥生を後釜にして自身は引退することになる。 ムチャシヤガッテ…
結局しっかり戦ったシーンは最初だけ。戦隊ヒーローを演じた演者としては(初変身時点で)最年長であったが…。とはいえ渋いシーンでは渋くキメてくれる。チバちゃんブレイブだぜ!
16年前はサメ型のビーロボ9号機だったらしいッス。
キメ台詞は前述の「 地球の海は俺の海、宇宙の海も俺の海。海の勇者!あっ、キョゥゥゥゥゥウリュゥゥゥゥゥウ…あれ?あら、あれ?ヴァァァァァァイオ(グキッ)レットォォォォォオ!


  • 弥生・ウルシェード/2代目キョウリュウバイオレット
ドクター・ウルシェードの孫娘であり助手のメガネっ子。
ダイゴに想いを寄せているようで、イアンのアタックを華麗にスルーできる。
…だけならまだ良かったが、キングの写真(どうやって撮った?)を大量に所持していたり、メガネのスイッチを押すと辺り一面にキングの写真と立体映像が浮かんでくる。
弥生曰く「ダイゴが一番バランスがよく、データを取るのに適しているから」との事だが…その資料、ホントはナニに使っていたんですかねぇ…
ダイゴの友人のMeekoこと天野美琴の件で暴走しかけたので、下手すればヤンデレに入りそうである。
ブレイブ24にて現役引退したドクターの後を継ぎバイオレットに変身。以降はセミレギュラーとして変身前後ともに活躍する。
アームドオンはしないがガブリボルバー、ガブリカリバー、ガブルキャノン(&銃剣モード)と基本装備を使い分けて戦う。
プレズオー搭乗時の「ぷれずなっくるーっ!」という叫び(?)は視聴者をズッコケさせつつときめかせた。
キメ台詞は「 荒れまぁ~す!止めてごらんなさい!!!


キョウリュウジャーの指揮官的存在であり、見た目は青い鳥人。CV:森川智之
実直だが割とギャグもわかる鳥さん。アミィの読んでた漫画やDVDにハマったりするなど、結構俗っぽい一面も。
かつて獣電竜と共にデーボス軍を封印した後遺症で長時間戦えなかったが、その実力はかなりのモノ。長剣・ フェザーエッジ による剣技も鋭いが、力を使いすぎると背中の翼が石になってしまう。

その正体はかつてのデーボス軍の一員であり、百面神官カオスの実の弟。出生的には他の戦騎も全員デーボス生まれの筈なので、明確に兄弟といわれているのは同時に生まれたからかと思われる。
元々はデーボス軍として最初に派遣され、地球を滅ぼそうとしたが、地球に生きる恐竜たちの生命の力強さに感動し、実の肉親と戦う辛い宿命を選んだ
後に弥生から銀のガブリボルバー(後の ギガ ガブリボルバー )を手渡され、 『閃光の勇者』 として ブラギガス と共に戦う。必殺技はフェザーソードによる三角斬り 『最強剣・トリニティストレイザー』
指を鳴らして「ブレイブだ!」というのが癖。デカマスター/ドギークルーガ―同様、変身している時に髭や羽はどうなっているのだろうか?。
ブレイブ43では鉄砕の幻術で中の人になる。その格好はなんと白い鳥人…その話の監督も狙ってた模様。
ブレイブ45でダンテツの裏切りによって遂に殉職してしまう…
が、これらは大地の闇を封印する為に地獄に向かう、ダンテツとの作戦であった。
決戦後は賢者としての使命をある人物に譲り、この世を去っていった。
キメ台詞は「 とてつもなくブレイブだ! 」「 ブレイブ、ここに極まれり!


  • 桐生ダンテツ/2代目キョウリュウシルバー
ダイゴの父。子供の彼を残し、世界を旅していた漢。
誰もが予想したあのセリフを披露し、『岩烈パンチ』でデーボモンスターを殴りつけた。
ダイゴが生まれて間もない頃、地球意志に『キング』として選ばれトリンと繋がりを持つ。
しかし、年明けで突如裏切りトリンを抹殺。キョウリュウシルバーになりデーボス軍に……

と、思いきや、それ等は全てトリンとの作戦であり、打ち合わせ済みだった。
以後は正式に2代目キョウリュウシルバーとなる。結果的に同作品内で戦隊変身者最年長記録を更新することに。
トリンとは異なり徒手空拳で戦い、岩烈パンチを上回る魂の鉄拳 『空烈パンチ』 が必殺技。


〇スピリットレンジャー

現代のキョウリュウジャーよりも前に戦っていたキョウリュウジャー達。
死後も残る魂『スピリット』と化しており、変身にもガブリボルバーを用いず、獣電池を天に翳し「スピリットレンジャー!ファイア!」と叫ぶだけ。しかし同じく過去のキョウリュウジャーであるウッチーは、専用の変身アイテムを持っている為、生前は別の変身方法だったのかもしれない。
ちなみに過去のキョウリュウジャーであるウッチーは封印されていた関係で死んでいないのでスピリットレンジャーではない。

一度戦うと、再び戦えるようになるまでパワーを貯めることが必要。
幽霊の戦士ではあるが、普通に触れることもでき、食べ物を食べることもできる。

名前は『パワーレンジャージャングルフューリー』の逆輸入、外人が変身し、追加戦士であるが常に一緒に戦わないのは『ビーファイターカブト』の新ビーファイターのオマージュであり、最終的に10人戦隊になったのは『カブト』で実現しなかった新旧ビーファイタ―を合わせての数である。


  • ラミレス/初代キョウリュウシアン
アンキドン に選ばれた 『鋼の勇者』
名前が同じ野球選手とは関係がない。かつて西暦2500年から来た艦隊の一員として戦っていたとかいないとか。
ふとましい外国人で、やや訛った日本語が特徴。
500年前に戦っていたキョウリュウジャーで、エネルギー状の鉄槌 『スピリットハンマー』 を用いて戦う。
特撮では珍しく、 変身すると体型が変わることが明確に描写された 戦士。
おちゃめな性格で、準レギュラーながら強烈な印象を視聴者に与えていった。
鉄砕より先に登場したことや性格もあって少し出番が多い。


  • 鉄砕/初代キョウリュウグレー
ブンパッキー に選ばれた 『激突の勇者』
1500年前の中国に活躍していたキョウリュウジャーで、初めて獣電池で変身した戦士。
普段の姿はスキンヘッドにカンフー服だが、ファンキーな姿になることも多い。
中国拳法と幻術を得意とし、現代のキョウリュウジャーを鍛える為に日本にやってきた。
『光と闇、白と黒を象徴する灰色の戦士』 と名乗り、自他共に認める石頭で型物な性格だが、その性格は愛する者の命や故郷を背負って戦わなければならない、戦士としての責任を知っているからである。
ちなみにこの石頭は文字通りの石頭でもあり、戦闘に頭突きすることも多い。
その性格ゆえ、弱点を自覚していないダイゴに厳しく当たる一面もあったが、その一方でヒッピー風の釣り人に変装し、ダイゴに弱さを見つけるためのヒントを与えるなど、『粋』な一面もある。
必殺技はブンパッキーのイメージと共に放つ左正拳突き 『鉄砕拳・激烈突破』 。この技は後にダイゴに伝授された。
サージェス財団眩き冒険者になったり、ネクロオーバーな傭兵になったりしていた時期もあったかもしれない。
実はコスプレマニアであり、このスキンヘッドですらカツラ。本当の姿は未だ不明。


〇キョウリュウジャーと関わりの深い人物

  • 御船士郎
かつてのイアンの親友であった、黒つながりでカッコよすぎるトレジャーハンター。
アイガロンに襲われ、命を落とした。
だが、その亡骸は見つかっていない。


  • 福井里香
優子の娘で、のっさんの姪。
母とは違い、自分を守るために戦うキョウリュウブルーを応援している。
ラミレスにも懐いており、「おヒゲのおじちゃん」と呼んでいる。


  • 福井賢一
優子の夫であり、里香の父。
優子を孕ませたといううらやまけしからん男。
のっさんとも交流は深く、彼の親父ギャグで爆笑していた。
「なんでも屋まるふく」の設立者。


  • 立風館源流
ソウジの父であり、「無双流」の現継承者。
剣術全般に精通しており、書物で見ただけで雷電残光の模倣まで可能なチート親父。
学生時代は将棋部の部長もしくは忍者の末裔であったと思われる。


  • 丹波麗子
ソウジの母であり、離婚した源流の妻。世界をまたに駆けるファッションデザイナー。
ソウジを「ソウちゃん」と溺愛、日本に帰国した際に彼を剣の道からモデルの道に招こうとした。
かつては源流と同じ火薬戦隊メンバーの紅一点だった模様。


  • 勝山りん
ソウジの通う霧咲高校剣道部のマネージャー。
ソウジにベタ惚れなのだがその恋愛感情をデーボモンスターに利用されたり、彼がりんだけでなく女友達にもプレゼントをあげて怒りが爆発してしまったり、特製栄養ドリンクを笑顔で 「本当に不味かった。ありがとう」 と言われてしまったり、とほとんど損な役回り。ただ、この特製栄養ドリンクは確かにまずそう。弁当は普通だったのに…。
ウッチー「りん殿~! 殿中…いや、校内でござる~っ!!」


  • ジェントル
アミィの執事を務める老人。
スパルタ気味であり、怒ると教育のための「ジェントルデー」を行うため、アミィからは煙たがられている。
実際はいい人で四葉財閥の執事と同じ執事拳法の達人。アミィの女子力の低さ見るとむしろ苦労人。
当初は彼がキョウリュウグレーを受け継ぐ構想もあったとか。


  • 岩泉猛志ノ介
岩泉家の当主であり、ウッチーがかつて『お館様』と慕ってた主君。
キョウリュウジャーでないにも関わらず空蝉丸と共にデーボス軍と戦うが、空蝉丸を庇って命を落とした。
幸村「ゥヲォヤカタサムァァァァァァァッ!!!!!!」


  • 天野美琴(Meeko)
劇場版、ブレイブ39に登場したダイゴの友人で世界を駆ける歌姫。
ダイゴのことを「ダイ君」と呼び、淡い恋心を抱いているが当の本人は全く気付いていない。
トバスピノを「古の歌」で封じた古の巫女の末裔で、その力を獰猛の戦騎・Dに狙われていたがキョウリュウジャーに救われ、トバスピノの獣電池をお守りとしてダイゴに託される。
演じるのは人気グラビアアイドル・レースクイーンの中村静香。



全銀河の災厄と謳われた暗黒種デーボスをリーダーとする悪魔の軍団。
かつて恐竜を絶滅させたが、その後にトリンと獣電竜によってデーボスは北極に封印された。
現在は百面神官カオスを初めとした部下たちが、デーボス復活のために人間から感情のエネルギーを吸い取っている。

星の病として恐れられる暗黒種。 星の支配種を滅ぼす事を目的としている。
トリンや獣電竜に封印されてからは肉体も精神も氷漬けの状態で眠っており、そのためデーボスの配下達は喜び、怒り、嘆きと言った人間達の感情を取り出して吸収させる事でデーボスを蘇らせようと目論んでいる。
デーボス軍の構成員は幹部から怪人、そして戦闘員まで全てこのデーボスの細胞から生まれた存在である。
ブレイブ22で強制的に復活させられた際は緑色の体にワニのような巨大な口が特徴的で、その姿は怪人というよりも怪獣に近いデザインをしている。というかどことなくゆるキャラっぽくも見えたりする。
人間の感情が足りない状態での復活のためか、会話もなく、そばにいたウィルスンを吸収したり暴走状態にあった。カオスもどちらかというと兵器のように扱っていた。
ブレイブ23にてバクレツキョウリュウジンに倒されかけるが、カオスの右腕に心を移して生存。そして終盤で蝶絶神デーボスとして 蝶☆サイコー! 進化を果たす。

  • 百面神官カオス
封印されたデーボスの代弁者であり、現時点での実質的な総指揮官。
冷静かつ威圧感溢れる態度で、トリンとも互角に渡り合う実力者。
トリンの兄であり、彼の背中の翼はトリンに斬られたもの。トリンが最初に地球に来た際は別の惑星に行っていた。


喜びを司る戦騎にしてデーボス軍の歌姫。
とにかくポジティブ且つ陽気で部下思いな性格だが、作戦失敗時も喜んでいるなどやや無責任。口癖は「キープスマイリングよ♪」
人間態にも変身可能であり、文字通りに中の人が演じて話題となり、ちょいちょい中の人が出てくる。 桃園喜美子 を名乗りのっさんとお見合いしたのを契機にラッキューロと共に改心フラグが立っており、遂にブレイブ46にてデーボス軍と決別することに。
武器は 『キャハハルバード』 で、必殺技は人間態のウインクを背後に浮かべながら攻撃する 『喜びの舞』
その後は「人間のために働く」と決意し、プリキュアに転身したそうな。


怒りを司る戦騎。
その名の通り常に怒っている粗野な性格で、怒りのままに暴れ回る危険人物。「腹立たしい!」が口癖。ダイゴ曰く「八つ当たり野郎」
本来の人格は飄々とした狡猾な策士でもあり、鎧のような体内にはかつて空蝉丸が閉じ込められていたが、実は鎧そのものが本体であり、着た対象を乗っ取ることができる。ウッチーが解放されて以降はカンブリ魔を代わりの肉体として使っているが耐久性が低いようで、長時間の運用が出来ない模様。
弱点を補えるより強い肉体を求め、未来科学研究所のロボットやら司る感情が近いエンドルフの身体やらを乗っ取るが、結局失敗し配下にされる…と、腹立たしい状況が積み重なり、遂には考えるのをやめてしまった。
しかし、空蝉丸の言葉をきっかけに…
武器は七枝刀 『喧嘩上刀』 、必殺技は 『奥義・雷電残光』


悲しみを司る戦騎。
「沁みるわぁ~!」が口癖で、何かにつけて嘆き哀しむ超の付くネガティブ思考。ダイゴ曰く「泣き虫野郎」。
性格に反してドゴルドに匹敵する武道派で、 『トホホーク』 という斧を武器に泣きながら闘う。
実はイアンの親友を殺害した張本人である。
かつては激獣拳のふとましいゾウの亜人でもあった。そして一時間前の世界で鋼鉄聖闘士としても活躍していた。


幹部の一人だが、戦騎ではない。
立場はキャンデリラ直属の部下だが、関係はほとんど友達同士。
『スクスクジョイロ』 という如雨露に入った復元水は、デーボモンスターを巨大化する事が可能。
口癖は「ラッキュー」及び「アンラッキュー」、愛読書はアミィと同じ 「月刊少女こずみっく」
二つ名通りの快楽主義者で隙あらば楽をしたがるが、本編では毎回のように復元水をかけに行ったり、キョウリュウジャーのアジトを壊滅の一歩手前まで辿らせる等、割と成果を上げていたりする。ただ、目の前の楽しみを優先した結果作戦が失敗することも。
一応幹部クラスであるため「楽」の感情を持つデーボモンスターも作れるが、カオスの旦那の計らいで「喜」「怒」「哀」の感情全てを満たすモンスターが生まれてしまったことも。
とある話では中の人になりキャンデリラの母親役になるが、銀牙騎士の指輪になったりはしない。


ブレイブ25のラスト、デーボスとカオスの復讐心を結晶に誕生した新たな戦騎。
怨みを司り、キョウリュウジャー達のブレイブに対抗しうるほどの怨みの感情を集めるため活動する。
「頭が痛ぇ…」という口癖と共に蝋燭に似た銃剣を振りかざし、他の幹部までも巻き込むその戦い方はドゴルドはおろか、ラッキューロからも不審がられる事も。
カーニバルの力を引き出したダイゴに敗れ、満身創痍な所をドゴルドに襲われ、彼の中の人にさせられてしまうが、年末で見事に下克上を果たす。
かつては電磁戦隊のブルー志波家十八代頭首の親父殿だった。
また、部下も元忍者の狩人だったり元警官の忍者だったり、無駄に豪華。


デーボ・ヒョーガッキデーボ・ウィルスンデーボ・ナガレボーシ の三人組。
一、二話で退場するごく普通の一般怪人かと思えば、かつて恐竜を滅ぼした実績を持つ、デーボモンスターの中でもエリート集団だったりする。
そもそもこの作品、1話目で幹部怪人が倒される予定だったのだが、それではまずいと代わりに倒されることになったのがコイツらである。
得意技は「デーボスジャンプ」と「デーボス滅ボール」


■その他


〇ブレイブなダンサーたち
ブレイブ12のエンディングからは視聴者の投稿映像が表示されるようになり、可愛らしい小さなお友達が健気に踊る姿がED画面に映し出されるようになった。
…のだが、時々大きなお友達が踊る姿が放映されることもある。

更には下記のように有名な大きなお友達の踊りが採用された。
この通称「 ダンスの刺客 」達は数多くの小さなお友達をポカーンとさせ、元ネタがわかる数多くの大きなお友達の腹筋を崩壊させた。

ブレイブ20
ED「みんな集まれ!キョウリュウジャー」のダンス投稿のパートで、ブレイブ20に現れた、おおきなおともだち2人組(かたっぽ既婚者)。
2人は東映のラジオで仕事をやっているが、 これはプライベートで投稿した物。 ブレイブだ!
とても良い笑顔で踊る2人の不意打ち過ぎる登場に、踊ってるのが誰かわかる視聴者達の腹筋は崩壊したのであった。
ちなみにブレイブ20は戸松遥や千葉繁も顔出し出演しており、期せずして声優顔出し祭となっていた。

上と同じくブレイブ24でのダンス投稿のパートに現れたおおきなおともだち3人組。
新作Vシネマの宣伝も兼ねた夢のコラボレーションにより多くの視聴者が感動した。歌のラストではシノビチェンジのポーズをバッチリ決めてくれた。

ブレイブ28でのダンス投稿のパートに(ry
うあおーの現長官が、自身が経営する客?を引き連れて登場。

劇場版『ガブリンチョofミュージック』にてまさかのダンシング。
一応、『スーパーヒーロー大戦Z』でも競演。ウィザードの姿を見てデーボモンスターと勘違いするメンバー、変身解除した晴人に「いいヤツか悪いヤツかは戦って決める!」とタイマン勝負するダイゴ、なぜか金色つながりで意気投合する仁藤とツンデレ時代のウッチー、と少ない出番ながらも印象的な場面があった。

2013年10月6日(日)の放送開始に先駆け、ブレイブ31のエンディングで東京都練馬区沢芽市からチーム鎧武がダンシング。
中央位置にいる葛葉紘汰もバク宙をしっかり決めた(絋汰役の人はダンスとバク宙が得意)。
放送開始日のブレイブ32のエンディングにも登場、その時はライダーに変身するメンバーがダンスした。

  • 立川レッドスターズ
ブレイブ47にてダンス投稿のパートに登場したおおきなおともだち5人組。
2度目の登場となった宍戸マサル氏をはじめ、忍者戦隊カクレンジャーのニンジャレッド/サスケを演じた小川輝晃氏、五星戦隊ダイレンジャーのリュウレンジャー/亮を演じた和田圭市氏、超新星フラッシュマンのレッドフラッシュ/ジンを演じた垂水藤太氏、そしてスーツアクターとして多くのレッドを演じた新堀和男氏が登場(ちなみに撮影は垂水氏)
無駄に超豪華な面子でダンスの刺客たちのトリを務めた。


【装備】


獣電竜の魂が封印された電池。
ガブリボルバーに読み込ませることで様々な効果が発動、使用後はスピリットベースでの充電が必要となる。
現実世界では前年度の戦隊であえて小物収集路線を踏襲せず、36戦隊のコンプを済ませたレンジャーキーに変わる財団Bの新しい品であり、劇中には登場しないスーパー戦隊の獣電池も発売されている。
また、放送開始と同時に一新されたダイスオーでも使用できる。
オーズの頃から玩具連動が当たり前になったガンバライドとは違い、ダイスオーでの連動はこれが初めて。


  • ガブリボルバー
本作の変身アイテム。
恐竜モチーフの銃で、獣電池を装填後にシリンダ―を回転。
「ガブリンチョ!○○○~!」の千葉ボイスと共に流れるサンバのリズムに乗って踊り、「ファイア!」と叫んで引き金を引き変身できる。
踊る必要無いんじゃね?と思ったら劇場版絡めてトリンが解説した。
勿論銃器としても使用可能で、獣電竜の力を発動させる為にも使われる。


  • ガブリチェンジャー
ゴールド専用のガントレット型変身アイテム。
獣電池を装填後、後部のトリガーを引いて離すことで変身する。
メロディはサンバでなく三味線のような和風音楽。
また、戦闘中は小型のボウガンとしても使用で、 『雷電砲乱れ撃ち』『雷電飛翔斬り』 と、遠近共に活用できる武器となる。


  • ガブリカリバー
共通装備の剣。
ガブリボルバーと組み合わせることで、大型銃のガブルキャノンとなる。


  • ガブルキャノン
ガブリボルバーとガブリカリバーを組み合わせた大型銃。
マシンガンとしてもショットガンとしても銃剣としても使用できる。


  • ミニティラ/ガブティラ・デ・カーニバル
初登場はブレイブ27(27話)。獣電池ナンバーは 1+
ちなみに、正式な名前は「ミニティラ」ではなく、「ガブティラ・オーバーチャージモード」
数多のライバルの登場に嫉妬し、「キングと合体したい…」と思っていたガブティラが 弥生 の開発したパワーアップ獣電池をガブリンチョする事で誕生した。
普通の人間に抱きかかえられるほどの小柄なサイズだが、戦闘能力は非常に高く、敵の追跡にも使える。
首を180度捻られる 事で、「ガブティラ・デ・カーニバル」という銃に変形。グキリンチョではない。
そのままパワーアップ獣電池を使用する事で、ダイゴは キョウリュウレッド・カーニバル に変身する。
なお、ガブリボルバーで直にその電池を使用すると野生に帰ってしまうので注意。


  • ザンダーサンダー
ゴールド/ウッチー専用の剣で、変身前でもこれを背中に差している。
刀身に三本の獣電池を装填でき、その本数によって技が変わる。
フル装備時、 『ブレイブフィニッシュ・雷電残光』 を放つと同時に 『ZANDER THUNDER』 と英文字が出る。
戦国時代の武将がなぜエゲレス語を!?と思うが気にするな!
他にも「ザンダーサンダー飛翔斬り」等の技がある。
「テレビマガジン」特製DVD『でたぁ〜ッ! まなつのアームド・オンまつり!!』ではアームド・オンにより「ゴールダーザンダーサンダー」が発現し二刀流となり、「雷電残光・乱れ斬り」を発動した。


  • 獣電モバックル
変身後のベルトのバックル。戦闘時はここから獣電池を取り出す。
また、戦闘以外ではスマホとしても使用できる。メールも送れるよ!
よく見ると恐竜の頭を模しており、ここにもカミツキ要素がある事がわかる。


  • 獣電アームズ
「アームド・オン!」の言葉と共に、ガブリボルバーのシリンダーを右腕に添わせることで発動する個人武器。
ガブティラファングパラサショットステゴシールドザクトルスラッシャードリケランス の五つがあり、それぞれ ファング ショットシールド ランス ラッシャー 、そして必殺武器の ケントロスパイカー という形態に合体することもできる。


  • ディノチェイサー
ディノニクス型獣電竜 ディノスチェイス が獣電池ナンバー11. ディノチェイサー にカミツキ合体することで完成する高速バイク。どんな悪路も突破し、最高時速300kmで駆け抜ける。最大の弱点は のっさんのオヤジギャグ
一応、メンバー一人につき一台所持するという設定だが、撮影と予算の事情であまり同時には映せない


  • ディノスグランダー
獣電池ナンバー12. ディノスグランダー をガブリボルバーに装填、右腕がアームド・オンの状態時に左腕にシリンダー部を添わせることで発動する重強化武装。
ワニの顎に似たガントレットであり、それを重ねてドリルのように高速回転することで頑強な岩盤・装甲を貫き壊すことができる。
そこ、超電磁スピンって言わない。


  • プレズオンロケット
上記のテレマガ特製DVDで登場したキョウリュウレッドのアームド・オンの武装。
ブースターから炎を噴射しながらロケットのように高く飛び、強力なパンチを繰り出す必殺技「プレズオン・マッハパンチ」を放つ。
宇宙が来たりしない。


  • ギガ ガブリボルバー
弥生がトリン専用に開発した特注品。
トリンの体色に似た青と赤のカラーリング以外は五人の持つガブリボルバーと同じだが、威力はその数倍。
獣電池を装填すると「 ギガ ガブリンチョ! 」の叫びと共にエレキサウンドが鳴り響き、トリンをキョウリュウシルバーにチェンジさせる。


【ロボット】


今作のロボは獣電巨人と呼ばれる。
詳しくは、該当項目を参照。


【余談】


2013年5月5日放送分において、番組終了後に仮面ライダーウィザードの「このあとすぐ」が流れるはずが、本作のものが流れる放送事故が起きた。ましてこの日はこどもの日である。
視聴者の反応が一様に「!?」だったのは言わずもがな、であろうか。

アイガロンとキャンデリラの中の人が実写で共演した回では、ハリケンの野乃ナナ、ゴーバスのアンジー(ヨーコと瓜二つ)、劇場版に登場したMeeko(天野美琴)と思われるアイドル&女優のポスターが芸能事務所に貼ってあった。
一種のファンサービスで、近年は戦隊の共演もよくあるとはいえ、世界観の繋がりが感じられる。
ちなみに、3人とも2013年の東映作品に出演した者同士である(Vシネマのハリケン、白魔女学園、劇場版キョウリュウ)。


デーボ・シノビンバの声は特捜戦隊デカレンジャーでデカグリーンを演じた伊藤陽佑氏で、それに関するネタもあった。
特撮でもお馴染みの稲田徹氏はデーボ・キビシーデスを演じているが、ツイートによるとアドリブ満載だったりカットされたシーンがあったりするという。


◇特報!

お隣の国・韓国では日本のスーパー戦隊シリーズが韓国語吹替版で放送されており、
本作キョウリョウジャーも「パワーレンジャー・ダイノフォース」のタイトルで放送されていた。
しかし、本作のあまりの人気に韓国で続編を望む声が殺到し、
坂本浩一監督をはじめとする東映の日本人スタッフと韓国人キャストによる、 「獣電戦隊キョウリュウジャー」の正式な続編 となる
獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ (現地タイトル:パワーレンジャー・ダイノフォースブレイブ)」の制作が決定した。

ダイゴたちキョウリュウジャーの戦いが終わり、時を経た未来にて新たな脅威「ネオデーボス軍」に対抗すべく、
「ガンティラ」をはじめとする新たな獣電竜に選ばれた5人の韓国の青年たちが、新たなキョウリュウジャーとして立ち向かっていく。

日本でも2017年4月よりバンダイYoutube公式チャンネルにて、日本語字幕版・日本語吹き替え版が配信予定となっており、
吹き替えには、本家キョウリュウジャーでのっさんを演じた金城大和、仮面ライダーキバで登太牙を演じ声優業もこなす山本匠馬、季刊『宇宙船』にて連載コラムを持つほどの戦隊シリーズのファンで有名なキュアピーチはんこと沖佳苗など、
東映特撮に縁のある声優たちが担当することになっている。
また、プレミアムバンダイでは、キョウリュウジャーブレイブに関する玩具も受注販売を予定しているので、要チェック。

今後のブレイブな展開にも注目していきたいところである。




追記するぜ!修正してみなッ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/