仙道アラタ

登録日 :2010/11/11 (木) 14:04:17
更新日 : 2017/03/26 Sun 13:07:36
所要時間 :約 3 分で読めます




田辺誠一の演じるライアーゲーム~ザ・ファイナルステージ~に登場するキャラクター。


名前:仙道アラタ(漢字表記は不明)
年齢:34歳
職業:銀行営業マン


◆人物
大手銀行に勤めており、営業ではトップクラスの実力を誇るエリート。性格は非常に穏やかで真面目、少し気弱で目立つ事を嫌う。
そんな彼がライアーゲームで勝ち抜いて来た理由は、慎重に仲間を選び確実に勝てるグループにつくという彼らしいリスクの少ない戦法。
なので個人戦(ポーカー)では苦戦した様子。


◆容姿
天然パーマに眼鏡、紺色のスーツとまんま仕事帰りのサラリーマン。福永が「彼なら信頼出来そう」と言っている様に安心感のある容姿でもある。

以下ネタバレ












慎重さと情報収集能力と観察力を武器とした作中最強の刺客、Ⅹである。
初期所持マネーは2億、アルファベットはF。
上記の性格は全て演技によるもの。
嘘と裏切りを繰り返しマネーを増やし秋山とナオの信頼関係も直ぐ様見抜きあの秋山を失楽園させた。秋山すぐに戻って来たけど。
戻って来た秋山に罠に嵌められ、自身の正体をⅩとバラす。
(`・ω・)× チュパッ
ヒャーッヒャッヒャッヒャ!
と、性格も一変。
しかし神崎ナオに嵌められて-1億円を喰らう。
-1億円を喰らっても優勢には代わりなかったが「馬鹿正直の神崎ナオ」に嵌められたという事実にプライドを傷付けられ、
自身の最大の武器であった慎重さを失い秋山に偽の林檎を掴まされ-10億円となってしまう。
残りは1ゲーム、負債は-2億円。
ナオは仙道が負債を背負わない方法を提案、しかしその方法ではナオが負債を背負ってしまう。
自身を必死に助けようとしてくれたナオの優しさに触れた仙道は自身の負債を省みず「皆が幸せになる方法」を選んだ。このときのツンデレっぷりは必見。
-1億円の負債はヨコヤによって支払われる事となった。


◆Ⅹは最初から仙道?
劇場公開前から「仙道アラタがⅩ」という噂が上がっていた。
理由は役者の知名度、キャスト紹介では福永役のよりも先に名前が上がっていたり、
公式サイトのギャラリーでは妙に写真が多かったりなどⅩな雰囲気を盛大に漂わせていた。


◆その他
エリーと谷村にも認められる最強キャラなのだが、決勝までの戦法も上記の通りで初期マネーも他と変わらない2億円とたいした活躍をしていない。
何故エリーと谷村が仙道がⅩと見抜いているかは迷宮入りである。

ちなみにⅩ投げキッスは田辺誠一氏のアイディア。


仙道「しかし追記・修正するのも……悪くない。」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/