聖剣伝説3

登録日 :2010/10/25 (月) 06:03:54
更新日 : 2017/06/06 Tue 11:48:03
所要時間 :約 6 分で読めます





『聖剣伝説3』とは、1995年にスクウェア(現スクウェアエニックス)から発売されたスーパーファミコン用ソフト。
『聖剣伝説(せいけんでんせつ)』シリーズの第3作目にあたる。
ファンの間では、シリーズ最高傑作は『聖剣2』か本作かでしばしば議論になるほど、今でも人気は高い。
ちなみに前作と違い海外版は発売されていないが、海外ゲーマーからは「Secret Of Mana 2」あるいはそのまま「Seiken Densetsu 3」と呼ばれよく知られている。
ガラケー版やスマホ版、新約など出来はともかくリメイクされた初代、スマホ移植やVC配信があった2と違い、移植・リメイク共に全く縁がない。
そのためプレイするにはスーパーファミコンを引っ張り出すしかなかったが、聖剣伝説シリーズが25周年となる2017年、ニンテンドースイッチ用ソフト「聖剣伝説コレクション」発売が発表され、
初代GB版、2とともに収録されることが決まった。 実に22年弱ぶりの復活である。


■概要
アクション性が強い戦闘システムが特徴的なRPGシリーズの3作目。
前作『聖剣伝説2』とゲームシステムに基本的に大きな違いはないが、
前作と比べるとバトルのスピード感がなくなり、攻撃魔法が回避不可能となった。
グラフィックは前作からさらに向上。 バグもだいぶ減った。
主な新要素は以下の通り。

【トライアングルストーリー】
本作ではゲーム開始時に6人のキャラクターから主人公を1人、仲間を2人の計3人を選んでパーティを決定するのだが、
その際、最初に選んだキャラクター(主人公)によって、ゲーム中の一部のストーリー展開が変わる。
変化する部分は各主人公ごとに用意されたプロローグのシーンとストーリー終盤のダンジョン等で、
それ以外のストーリー展開はどのキャラクターでもほぼ同じ。
また、パーティの組み合わせによっては、一部のシーンで特定のキャラクターとの特別な掛け合いが見られる場合もある。

【クラスチェンジ】
本作ではある条件を満たすと「クラスチェンジ」をすることができる。
クラスチェンジをするとキャラクターの能力が大きく上がり、様々な魔法や特殊攻撃、必殺技を習得できるようになる。
本作ではクラス(キャラクター)ごとに習得できる魔法、特殊攻撃、必殺技が大きく異なるため、
各キャラにどのような役割分担をさせるかが攻略のカギとなる。


■6人の主人公
以下の6名からパーティを編成する。
また、本作では以下の主人公達によく似た戦闘能力を持つモンスターも登場する。
たとえば、「ニンジャ」というモンスターは、ホークアイと同様にダガーで二回斬りつける攻撃手段を持ち、
ホークアイのクラス2「ニンジャ」と同じ忍術と必殺技を使用することがある。

草原の国フォルセナで暮らす、17歳の傭兵の青年。負けず嫌いな性格で気性が荒いが、一方で誠実な面も持つ。

使用する武器は剣。RPGらしいスタンダードな印象を受けるキャラで、初回プレイでは彼を主人公に選んだプレイヤーは多いはず。
攻撃の手数では他の男キャラに及ばないが、一撃ごとに敵に与えられるダメージ量は全キャラ中最大。
防御力もパーティ中最も高く、物理戦に秀でたキャラだが、クラスチェンジすると補助魔法や光のクラスなら回復魔法も習得できる。
打撃の命中率も高く、剣なのに何故か槍のリースよりリーチが長い。

オープニングでは光差す出口へ向かうという演出があり、他のキャラと比べると地味に特別扱い。
自身のプライドをズタズタにされ、自国とその英雄王を侮辱した「紅蓮の魔導師」への復讐の為、さらなる力を求めて旅立つ。
主人公の時は竜帝ルートとなる。

同様の戦闘能力を持つ敵は「アーマーナイト」系のモンスター。強力な必殺技でこちらを泣かせてくる。

魔法王国アルテナのナイスバディーな王女様。19歳。
勝気で自由奔放な性格だが、魔法をうまくあつかえないことにコンプレックスを抱いている。

使用する武器は杖。初期のクラスから様々な属性の攻撃魔法を習得できる。

オープニングでは、国の女王である母親に「マナストーン」の力を開放するためのイケニエになることを要求されてしまう。
その直後、感情の高まりにより彼女に秘められていた魔力が暴走。気が付くと彼女は城の外にいた。
母親に認められるほどの魔力を身につけたいと考えたアンジェラは、魔力を求めて旅に出る。
主人公の時は竜帝ルートとなる。

そしてデュランに惚の字。
彼女とデュランを旅に同行させると、あちこちで色々なフラグを立てる。
彼女とデュラン絡みのSSは、もはや鉄板。一方で他の男キャラともフラグを立てたり、女同士の友情ルートもあったり。

同様の戦闘能力を持つ敵は「マジシャン」系。色々な属性の攻撃魔法を放ち、プレイヤーを苦しめる。

敵にはこちらの魔法やクラス2以上の必殺技にカウンターを決めてくる敵がいるため、調子に乗って魔法を放つとパーティが壊滅しかねないので注意。
そういう意味では攻撃魔法に特化したアンジェラはシステムの割りを食っている感がある。

獣人王の父と人間の母の間で生まれた、獣人と人間のハーフ。15歳の少年で、ビーストキングダムの王子。
獣人王により冷徹な「殺人マシーン」として育てられてきたが、本当は心優しい性格。
ある理由により父親との交流はほとんどしておらず、城の外に広がる「月夜の森」で仔狼の「カール」と遊びながら暮らしていた。

使用する武器はグローブや爪で、一度のボタン入力で2回攻撃ができる。
一発のダメージ量はデュランより少ないが、2回ともヒットしたときの敵に与える合計ダメージ量はやや上。
シェイドの刻(夜)の間は半獣化して攻撃力が大きくアップ。小技を使えば最強キャラに。

オープニングではいつものようにカールと遊んでいたが、突如カールの様子がおかしくなり襲い掛かってくる。
その際に獣人化、カールを手にかけてしまう。失意の中、この件が獣人王の策略だと気付き、憎しみのままに王に襲いかかるが一蹴されてしまう。
策略に関わった男から復活の方法があるのではないかという情報を得たことでカールの復活を求めて旅立つ。
主人公の時は仮面の道士ルート。

同様の戦闘能力を持つ敵は獣人系のモンスター。
本作で登場する獣人系モンスターは圧倒的な攻撃力を持つ者が多く、注意が必要。
特に「ルガー」や「ブラッディウルフ」が使用する「朱雀飛天の舞」などの必殺技を連続で喰らうと、
パーティ全員が致命的なダメージを受けてしまう。

獣人の血を引くためかタフネスは目を見張るものがあり、目的地に近い街まで 単身泳いで到着する 、高所から落ちた時に倒れまいと持ち堪えようとするなどの場面がある。

聖都ウェンデルの偉大な光の司祭様の孫娘。15歳。でち。
人間とエルフの間に生まれた為、年齢に反して体の成長は遅く、見た目は幼女。
彼女をパーティの3人目に選ぶと、他のキャラクターを3人目にしたときよりも早めにパーティに参入してくれる。

使用する武器はフレイル。初期のクラスからHPを回復する「ヒールライト」を習得でき、回復・補助魔法の要員としてゲームの最後までお世話になる。

オープニングでは謎の光の調査に向かったヒースを心配するあまり、弟分のミックに用意してもらったバネクジャコを使って神殿を抜け出す。 *1
ヒースとは再会を果たすも、彼は謎の男の攻撃を受け攫われてしまう。残されたシャルロットはヒースの救出と祖父に事を伝えるためにウェンデルへの帰還を目指す。
主人公の時は仮面の道士ルート。

同様の戦闘能力を持つ敵は「ダークプリースト」系。
こまめに発動してくる回復魔法にイライラさせられる

砂漠で活動する義賊「ナバール盗賊団」に所属する、17歳のシーフの青年。女好きでロマンチストな男だが、友情に厚い一面も持つ。
盗賊団の首領フレイムカーンに拾われ、その息子と娘のイーグル、ジェシカとともに、実の息子のように育てられてきた。イーグルとは親友の仲。

使用する武器はダガー。ケヴィンと同様、一回のボタン入力で2回攻撃できる。
1発の威力は弱めだが、2回ヒットさせたときの総与ダメージは、全キャラ中最大の攻撃力を持つデュランの一撃よりやや高い。
(ただしホークアイは力の値が低いため初期クラスや光クラスでは2回ヒットさせてもデュランとリースの一撃に届かない。彼の攻撃力の見せ所は闇クラス3以降となる)
クラスチェンジすると、特殊な効果を持つ魔法や、忍術などの様々な特殊攻撃技を習得できる。
また「運」が6人中最も高いことも特徴で、宝箱に仕掛けられたトラップを回避しやすい。

オープニングでは首領フレイムカーンが今までの方針を変える事を不審に思い、いつからか連れてきたある人物が怪しいとイーグルと共に調査するが、
尻尾を掴まれたある人物にイーグルを操られ戦わされるというなかなか苦い戦いの始まり。しかも正気に戻せた *2 イーグルは殺され、その濡れ衣を着せられてしまう。
のみならずジェシカには呪いのアイテムを付けられ人質同然の状態。
無実を信じる弟分のニキータに救助され、イーグルの仇討ち、そしてジェシカの救出と解呪の手段を求めて旅立つ。
主人公の時は黒の貴公子ルート。

同様の戦闘能力を持つ敵は「ポロン」系と「ニンジャ」系。どちらも行動の速さと特殊技によりなかなか鬱陶しい。

風の王国ローラントの王女であり、王国のアマゾネス軍のリーダー。弟想いの17歳。
年齢の割には大人びており落ち着いた性格。幼いころに母親を亡くしてから弟のエリオットの面倒をよく見ている。
『聖剣伝説』シリーズ全体でも人気が特に高いキャラクターで、
ゲームの発売から20年以上たった今でも、 エロ 同人誌等で人気が高いようだ。

使用する武器は槍。リーチが長く、平均的に成長するステータスとクラスチェンジ後に習得する補助魔法のおかげで使いやすいキャラクター。

オープニングではモンスター駆除の後、稽古の為にエリオットを探すが、
エリオットは旅芸人に扮したナバールの刺客に騙されて侵略の手助けをされた挙句攫われてしまう。そして攻め込んだナバールによって城は陥落、父ジョスター王は戦死してしまう。
王が今際の際に残した言葉を胸に、エリオットの救出と国の再興のため、一人故郷を後にして旅立つ。
なお、パーティにリースがいてホークアイがいない場合は、とある場面で彼にキスされるシーンがある。てめえ。
主人公の時は黒の貴公子ルート。

同様の戦闘能力を持つ敵は「レディビー」系と「ゴブリン」系。ステータスをアップ・ダウンさせる魔法を使ってくる。


■主人公達の関係者
  • フェアリー
マナの女神に仕える妖精。
光の司祭に火急の危機を伝えるべく現れるが、力をほとんどを使い果たして倒れていた所で主人公に出会い、生存のため憑りついて行動を共にする。
オープニングや回想シーンから複数体いるようだが、次々と力尽きてしまったようで、最後の一体になったフェアリーが本編で同行する個体となる。

  • 英雄王
草原の国フォルセナの王。名前はリチャード。
デュランの父ロキとは戦友で共に竜帝と戦った。
ストーリー中で助言をもらうため彼の許に赴く事になるが…

  • 光の司祭
聖都ウェンデルのトップでシャルロットの祖父。
主人公達はまず彼の許に赴く事からストーリーが始まる。


■敵陣営
【ドラゴンズホール】
  • 竜帝
デュランかアンジェラを最初に選んだ場合のラスボス。
真の姿を見せたときのグラフィックはめちゃくちゃカッコイイ。

  • 紅蓮の魔導師
アルテナの魔法使い。デュランの慢心を砕いた張本人。
強力な魔法を連発し、こちらを苦しめる。

  • 黒耀の騎士
暗黒面に堕ちた騎士。その正体は……ゲーム内で確認していただきたい。
主人公がアンジェラでパーティにデュランがいない場合は、中ボス感すら味わえない寂しい戦いになる。

ブラックなラビ。見た目はかわいいラビの色違い。
でもその戦闘能力は……ラスボスなんか目じゃないぜ!
6連続魔法をキミは凌ぎきれるか!?
でも、回復させられると楽勝できちゃう。
因みに、データ上は他2つのダンジョンにも存在するようだが、攻略の進行上辿り着けません。ご愁傷様。
戦いたい場合は、ゲーム開始時に主人公をデュランかアンジェラに設定しよう。

【ミラージュパレス】
  • 仮面の道士
仮面で素顔を隠した男。元は心優しいウェンデルの闇の神官で、不治の病に侵された女の子を救う為に、禁呪の解読を進めていた。
しかし、解読が完了した時には手遅れで少女を助けることができず、禁呪を研究した罪で聖都から追放されてしまう。
それからは禁呪の影響で顔が醜く歪み、果ては心も歪んでしまった可哀相なラスボス。
ラストバトルでは様々なステータス異常を発生させる攻撃をする。

  • 堕ちた聖者
ヒースが闇に染められてしまった姿。「仮面の道士」とは親子の関係。
シャルロットは彼の為に戦ってるのに、プレイヤーからは忘れられがち。
戦闘では召喚魔法などの痛い攻撃魔法で攻めてくる。

  • 死を喰らう男
人の魂を食べる妖魔。道化師のような姿をしており言動も道化的だが、性格は残忍。
戦闘時には3人に分身するが、本体は1人だけ。
しかし、3人とも攻撃をしてくる上、あっちこっち飛び跳ねるのでなかなか厄介。

【ダークキャッスル】
  • 黒の貴公子
魔界の王子。リースの弟のエリオットの肉体に転移しようと目論む。
エリオットを狙うのはショタコンだからではない。たぶん。
ラスボスとしては一番弱いとよく言われる。

  • 美獣(イザベラ)
怪しくもふつくしい女。その正体は……ふつくしい銀色の体毛を持つ獣。
黒の貴公子に忠誠を誓う魔界の住人で、目的のためならば手段は選ばない。
戦闘では時々可愛らしい猫のような姿になる。しかし油断は禁物。
でも案外楽に倒せる。

  • 邪眼の伯爵
赤い目と蒼白の肌が特徴的な魔界の住人。
ホークアイのオープニングにも現れ、その後も何度か登場する。
戦闘では彼は勿論強いが、一緒に戦うザコ敵の方が厄介。


■クラスチェンジ
本作ではキャラクターのレベルが18以上になると上位の「クラス2」へ、レベルが38以上になると最上位の「クラス3」へクラスチェンジが可能。
ただし、「クラス3」に上がるには、進みたいクラスに対応したクラスチェンジアイテムが必要となる。
クラスチェンジアイテムは「???の種」を宿屋などにある魔法のうえきばちに植えることで入手できる。
ゲームの後半で種を求めながらのレベルアップは誰もが経験する。

/\
/  \
光   闇
/\  /\
光 光 闇 闇
光 闇 光 闇

■余談
データのセーブ時にはカーソルがデフォルトで 最後にセーブしたファイル上にあり、上書きを確認するメッセージも出ないので、ボタンを連打してたりするとデータを間違って上書きしやすい。
一本のソフトを友達や兄弟で遊んでいた人は、データを消したり消されたりして、
ガチ泣きやリアルファイトに至った人間も多いだろう。

また、前作ほどではないがそれなりにバグがある。特定アイテムを倉庫に入れると消滅する、というのも相当だが、特殊な進め方をすると進行不能になる致命的なものもあるので注意が必要。




…項目の運命は、99パーセントまで、あらかじめ決まっておる…
じゃが、残り1パーセントに、未来があり、夢がある…人はその1パーセントをこうよぶ…『追記・修正』と…

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • 好きにパーティーを組めるがあえて「のっとられそうな国のキャラ」「のっとる国のキャラ」がはっきり分かれているのでそれで組んでみるのも面白い。 -- 名無しさん (2014-02-23 10:46:08)
  • 終盤、敵の必殺技が凶悪。敵撃破→敵の必殺技→敵死ぬ→味方全滅とか普通にあった -- 名無しさん (2014-02-23 13:50:35)
  • 分身斬、大地噴出剣、朱雀、青龍…頼むから開幕ぶっぱは勘弁してください -- 名無しさん (2014-02-23 13:59:48)
  • 戦闘がやたらわっちゃわちゃしてたな。まあ、基本近付いてA連打でいいから楽といえば楽だけど -- 名無しさん (2014-06-05 08:39:13)
  • 最近やたら紅蓮の魔術師の名前を聞くとおもったら…Lovにゲスト出演してたのね、しかもかなりの強カード -- 名無しさん (2014-06-08 22:07:09)
  • リメイクしてほしいけど今のスクエニじゃちょっと心配だ -- 名無しさん (2014-06-28 01:48:31)
  • もう聖剣は死んだんだ… -- 名無しさん (2014-06-28 03:46:26)
  • 聖剣はもう死んだんだ 幾ら呼んでも帰って来ないんだ(AA略 -- 名無しさん (2014-06-28 05:28:42)
  • 何故VC配信されない…。 -- asakura0310 (2014-06-28 05:52:15)
  • 再来年25周年ということで1~3を現行ハードで遊べるようにしつつ5を作りたいとかプロデューサー語ったらしいな。現行ハード=スマホだったらキレるぞ -- 名無しさん (2014-06-30 16:51:21)
  • 困った時のスターランサー&ネクロマンサー -- 名無しさん (2014-06-30 19:55:12)
  • 後半はLV2以上の必殺技や魔法に対するカウンターとして相手も必殺技を使ってくるので注意。逆に言うとLV1の必殺技なら問題ない -- 名無しさん (2014-10-14 19:13:16)
  • さぁセーブ…「ピロリン」兄貴のデータに上書きしてマジギレされた思い出 -- 名無しさん (2014-10-31 15:00:51)
  • 俺も何度兄貴のデータを消したことか・・ -- 名無しさん (2014-11-29 02:23:56)
  • クラス3になって超テンション上がった直後に姉貴にデータ消されてガチ泣きした20年の思い出 -- 名無し (2014-12-21 18:05:03)
  • 出すなら SFC時代の問題を是非改善して 出して欲しい -- 名無しさん (2015-01-20 23:00:21)
  • 個人の体感にもよるんだろうがここの記事で一番弱いラスボスが黒の貴公子と書いてるが仮面の道士が一番弱いラスボスじゃないのか? あんま戦術とか詳しくないから弱いラスボスたる所以が何かあるのかも知れんが -- 名無しさん (2015-01-20 23:23:52)
  • アンデットだからターンアンデットを連発すれば音変化の暇も無くダークリッチ… -- 名無しさん (2015-01-23 09:26:41)
  • 昔、回復呪文なしなパーティを組んでしまってラスボスや道中がすっごく苦労した -- 名無しさん (2015-04-02 19:41:45)
  • 子供の頃は何にも考えず強力な必殺技・魔法を連発してカウンター食らいまくってた。でもなんとかクリアした。 -- 名無しさん (2015-06-15 00:28:28)
  • 攻略本…ブレイズウォール(火だるま) -- 名無し (2015-07-22 13:08:21)
  • Sacrifice Part Threeはいまだによく聞くなぁ。LoV版でも出してほしかった・・・ -- 名無しさん (2015-07-22 16:44:22)
  • なんかリメイクの可能性出てきたなぁ。もう時代的に3Dモデリングでも構わないからとにかくまたプレイしたい -- 名無しさん (2015-09-19 22:05:56)
  • ↑7:黒の貴公子(アークデーモン)は闇のマナストーンを魔界から現世に転送したり魔王を殺して下剋上してる位だから3大ラスボスの中でも一番力がありそうだ。戦闘でも定期的にブラックカースで能力を下げてくるなど嫌らしい戦法を取ってくるし。でも精神は一番幼い。 -- 名無しさん (2016-08-06 09:50:22)
  • リメイクするのならば… 敵のカウンター廃止・ほか4人でもブラックラビと戦える・ケヴィンとホークアイの強さ調整…はしてほしい。 -- 名無しさん (2016-09-02 13:57:14)
  • カウンター廃止まではいかなくとも反撃確率はあくまで一定(2割程度でも体感的には嫌だが)、カウンター関係なく開幕では使わない使うとしても1割以下か体力の残り次第(これも体感ry)ぐらいにはする。逆に既存の魔法の8割は反撃されないように魔法の方を仕様変更など色々考えられるね。後は当然ゲームスピードの向上2は無理でも最低でもLOMと同等くらいには -- 名無しさん (2016-10-01 19:56:35)
  • >シリーズ最高傑作は『聖剣2』か本作かでしばしば議論になるほど おい初代FF外伝はどうした所詮キャラゲー人気って事か? -- 名無しさん (2016-10-01 20:07:02)
  • 公式動画・・・・遂にくるのか? -- 名無しさん (2017-03-20 19:48:42)
  • 歴代パーティメンバーと8精霊集合の公式HPイラストにフェアリーいないのがちょっと寂しい… -- 名無しさん (2017-03-27 15:58:34)
  • バトルは敵を囲んでタコ殴りで片がつくから、パーティーの組み合わせが悪くても、だいたい勝てる。属性付加やステータスアップ系のアイテムもあれば勝てる確率あがるしね -- 名無しさん (2017-06-06 11:48:03)
名前:
コメント: