アンチリテラルの数秘術師

登録日 :2011/07/25(月) 17:43:48
更新日 : 2015/08/24 Mon 11:21:26
所要時間 :約 3 分で読めます






天使のような儚い少女は
数を操る異能だった。

著者:兎月山羊
イラスト:笹森トモエ
レーベル:電撃文庫
全5巻




第17回電撃小説大賞銀賞受賞作
∞あらすじ∞
東京内戦―― 民衆のクーデター によって起きた未曾有の内戦から5年。内戦の爪痕残るその街で少年は一人の少女の自殺を目撃する。彼女の名前は羽鷺雪名。数を操り奇跡を起こす、数秘術師の一人だった――

∞登場人物∞

∞ 冴上誠一
高校生。東京内戦により親を亡くし、現在は妹と二人暮らし。ある事件に巻き込まれたことで、その才能を開花させる。

羽鷺雪名
数秘術師。 自殺しようとしたところ を誠一に拾われる。
誠一と同じく両親を失っている。
とある事情により教団から追われている。
焼き芋が好きらしい。

∞ 冴上愛架
誠一の妹。自身の悩みをつかれ、 赤帽子 に誘拐されてしまう。

∞ 明津憲剛
誠一のクラスメイト。学校に来ることが無く、悪い噂は絶えない。炎の符術士を名乗り炎の禁字刻印を操る。
最初のキャラはどこへいったのやら、白地にピンクのハートをちりばめた寝巻きを着たり算数ドリルをしたりしている。

赤帽子
チャンパーノウン定数を使うことにより現れるといわれている都市伝説。何でも願いを叶えてくれるという。

∞ 秋月杏子
警視庁の刑事。教団からも認められる優秀な能力を持つ。
ちなみに「きょうこ」である。

∞ 稲瀬果穂
ショットガンを操る少女。
その正体は錬金呪術師。
色々と不気味である。

∞ ディエゴ
教団の一員。V0(初速度)=300を教団から与えられている。
※初速度=300とは前動作無しに時速300キロが出せるということ。

∞ タデウス
教団の一員。誠一にとある協力を要請してくる。

∞ アンデレ
教団の一員。 ツンデレではない。 多分。

∞用語∞

数秘術
数を書き換え、組み立てることで奇跡を起こす異能。この異能を操る者を数秘術師と言う。

∞ 禁字刻印
東洋版の数秘術。無次元数を札に蓄えることで効力を発揮する集数媒体の一つ。

災厄の数
数を傷つけ、数を狂わせることで奇跡を起こす存在。彼らに傷付けられた数はノイズがかかったように歪む。

∞ 無次元数
万物の根源。数秘術師が利用する数がこれである。

∞ 変革の石
白いビー玉サイズの石。触れた者の思いに反応し、その人間の数式を組み立て直してしまう。

∞ 教団
世界の秩序 を守ってきた秘密結社。災厄の数と敵対している。

∞ 先端科学機構
国営の研究機関。無次元数の発見に貢献したが東京内戦により破壊された。

高貴なる血族
紀元前より存在する数秘術師の血族。教団に守られている。



数秘術師というタイトル上、数字に弱いと読めないのかというとそうではない。
確かに数学の知識があった方が面白い部分はあるが、基本的には異能アクションなので全体としては気にすることはないだろう。


「残念だね。君には項目の異常を追記・修正できる才能が開花してしまった」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/