かいパンやろう(ポケモン)

登録日: 2012/06/17(日) 05:45:33
更新日:2017/10/10 Tue 16:23:05
所要時間:約 7 分で読めます




かいパンやろうとはポケットモンスターシリーズに初代から毎回登場するトレーナーである。
その名の通りに海パンと水泳帽、ゴーグルのみを身に付けている。細マッチョである。
やまおとこが山を象徴するトレーナーなら、彼らは海を象徴するトレーナー。
というかドククラゲやらがウヨウヨしている海を生身で泳ぐあたり、身体能力は非常に高いのだろう。

服装故に金をあまり所持していない。



初登場はハナダジムのジムトレーナーとして。

おわっぷ! まずは おれが あいてだ! かかってこい!

のあの人である。

FRLGでの彼の名前はヨウヘイ
彼に勝った時に貰える賞金は初代では80円だったがFRLGにて64円と、なんと2割も下がった。
手持ちはタッツーLv16にシェルダーLv16と、なかなかいいセンスである。

その後のかいパンやろうの登場はカントー南の海エリア。

まず、19番水道でハルキ(120円)にヒトキ(145円)、エイイチ(120円)、クニヒコ(120円)、タツオ(108円)、
タモツ(108円)といきなりかなりの人数がどどんと登場。
続いて20番水道、双子島を挟んでレツジ(140円)、ガクジ(124円)、テルユキ(112円)。

最後に21番水道。
トシヒロ(132円)にマサトシ(128円)にモリオ(132円)にヒデノリ(148円)がいる。ポケスペ4章のヒデノリとは無関係。

ナナシマでは1の島の火照りの道にトモユキ(152円)とソウタ(152円)、5の島のゴージャスリゾートにナツオ(192円)、6の島の外れの島にマサル(196円)、
水の散歩道にテルアキ(200円)がいる。



続いて金銀世代。

ジョウト地方のアサギとタンバの間の40番水道にノブオ(320円)とナオユキ(288円)がいる。
その南、渦巻き島近海の41番水道にもムネオ(304円)、ヨウヘイ(368円)、シゲキ(368円)、セイジ(→HGSSでナガアキ(160→320円))、タツヤ(304円)が。

勿論カントー地方にもおり、21番水道にトビオ(672円)、アラタ(640円)、ヨシノブ(608円)。
20番水道にシブキ(672円)、トシミツ(672円)、カツヤ(704円)。
19番水道にススム(608円)、ジュン(640円)、ヒロノリ(704円)がいる。
ヒロノリは隣で彼女も泳いでいるにも関わらずバテるという体たらく。




まず、103番道路の間の水辺にエメラルドでヒデヒコ(120円)が追加。ビキニのおねえさんのユミコとタッグバトルを仕掛けてくる。

そしてトウカ~ムロ~カイナ間の105~109番水道。
105番水道にはヨウヘイ(208円)とヒロミ(208円)、106番水道にはタツオ(192円)、107番水道にはテルユキ(192円)とエイイチ(208円)、
108番水道にはモリオ(208円)とクニヒコ(208円)、109番水道にはケンイチ(200円)がいる。
エイイチはポケナビに登録可能。

ホウエン東の海の入り口の124番水道にはトシヒロ(264円)とカツユキ(264円)にマサトシ(272円)、エメラルドではイッペイ(272円)も。
マサトシはエメラルドにてトライアスロンのカズハがパートナー。

125番水道にはシノブ(272円)とケイシ(272円)。

126番水道ではガクジ(272円)とレツジ(248円)、エメラルドでカズシゲ(272円)がパートナーのキヌエと共に追加。

128番水道にはエメラルドでマサアキ(280円)が追加。ビキニのおねえさんのクミコとタッグ。
129番水道でもアキオ(264円)に加えエメラルドでヨシフミ(272円)がパートナーのビキニのおねえさんのクミコと共に登場。

130番水道でもRSからいたマサヒロ(272円)に加えてシンジ(264円)がまたもやビキニのおねえさんのフミエをパートナーに追加。
やはり海に生きる者同士親和性があるのだろう。

131番水道ではダイスケ(264円)とハルキ(272円)にツトム(272円)。
ツトムはエメラルド追加組でパートナーはトライアスロンのミカコ。

キナギ~カイナ間の急流地帯である132番水道にはゴウ(272円)、133番水道にシゲオ(272円)。
シゲオはRSからいたがエメラルド発売に当たって同じくRSからいたビキニのおねえさんのリカコとパートナーになる。

そして134番水道にはあのヒデノリ(272円)がいる。
このヒデノリはポケスペに登場したあの人。ゲームの手持ちはヒトデマンLv34にギャラドスLv34と、ポケスペ読者なら納得がいく筈。
ただし、エメラルドでの手持ちはギャラドスのみ。

流石は海が多いホウエン地方、その分かいパンやろうがいるエリアや人数も凄い。



でもってシンオウ地方

213番道路でコウジ(544円)とエイサク(512円)、220番水道でキョウタ(544円)、ツキオ(528円)、モグル(560円)、221番道路でリキオ(528円)が。

そして223番水道でレンサク(704円)、アキヒト(720円)、ミナト(688円)、テルユキ(720 円)、スイヘイ(720円)、ヒデノリ(688円)と怒涛のかいパンラッシュ。
このヒデノリは、ポケスペには無関係。

あとは226番水道でセイイチ(896円)、230番水道でタイゾウ(864円)、ミナオ(848円)、サンペイ(848円)がいる位。

ゲーム終盤から登場するので総じてレベルは高め。



イッシュ地方ではストーリーに海が関わらない為、端に追いやられた感がある。ドームやブラックシティにも登場しないかなりレアな存在。
また、立ち泳ぎ状態でも腕を動かすようになり、従来のブーメランからスパッツ型の水着となった。
BWでのかいパンやろうのポーズは準備運動のそれ。
BW2では一般トレーナーも動くので、彼らがどんな挙動をするのかが実に楽しみである。

急流地帯の17番水道でエイタロウ(512円) とヨウヘイ(544円)が、サザナミ湾でエイスケ(1008円)にヨウタ(1024円)、シゲキ(1024円)が。
エイスケは他地方の水タイプのジムをスラスラ挙げる事が出来る程、水タイプが好きである。
ここで余談だが、シンオウ以外の全て地方にヨウヘイという名のかいパンやろうがいる。洋平……やはり太平洋という事で海っぽい名前なのだろうか。



そして、アローラ地方。
南国の海だけあって、これまでと打って変わった活きのいいイケメンになっている。
14番道路ではラプラスより早いと自称するタイヘイ(744円)がいる。
太平…洋?


ポケモンスタジアムシリーズでは主に水タイプの使い手として登場。
ポケモンスタジアム2ではハナダジムトレーナー3、イエローカップバトル3、ニンテンドウカップ98バトル3(夫もてのみ)に登場。
「~ぱん」というニックネームが特徴。
(例:ドククラゲ→ドクぱん)
ポケモンスタジアム金銀ではニンテンドウカップモンスターボール・ハイパーボールのバトル2にトモヒロ、ポケモンこうざのトレーナークラスにダイジロウが登場。トモヒロは「あまごい」をよく使う。ダイジロウはぼうぎょを上げる技を好み、こちらは固定ダメージわざを持ったポケモンで対抗することになる。
トモヒロはニックネームをつけているが、2から一転して名前の3文字目から後ろがひらがなになるだけという非常にいい加減なものに…。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/