相田ケンスケ

登録日 :2011/11/07(月) 00:52:31
更新日 : 2017/01/09 Mon 16:52:31
所要時間 :約 4 分で読めます




相田ケンスケとは『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズ、及び『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場するキャラクターである。



CV.岩永哲哉

名前の由来は、村上龍の小説『愛と幻想のファシズム』の登場人物、相田剣介から。


主人公碇シンジの友人であり、同じく友人の鈴原トウジと合わせてクラスでは3馬鹿トリオと呼ばれている。
重度のミリオタかつカメラマニアであり、箱根山中に1人でテントをはって泊りがけで軍事教練ごっこをしたり、
休み時間の教室内で戦闘機の模型を手に飛ばす真似をして遊んだりしている。
他には昇進した葛城ミサトの襟章が変わったことに真っ先に気づいたり、
シンジに同行し太平洋艦隊の空母に乗り込んだときもビデオカメラ片手に大ハッスルしたりしている。

その為、戦闘への憧れが強いようでエヴァのパイロットになることを熱望しており、その熱意はフォースチルドレン選出の際にはミサトに直談判をしに行った程。
嫌々乗っているシンジからは変人扱いされている(もっとも実際変人だが…)。

シンジとの馴れ初めも使徒との戦闘見たさにシェルターを抜け出し、初号機の戦闘に巻き込まれたからだったりする。

父親がNERV職員のようで、勝手に父親のデータを盗み見してシンジも知らないような情報も知っていたりする。
因みに母親は既に他界している( というかシンジ達のクラスは全員母親が死亡している

アスカや他の女子達の着替えや体育の授業の隠し撮り写真を他生徒に売りさばく等のアヤシイこともしている。



追記・修正お願いします。

























特筆すべきは新劇場版に於いての扱いの酷さである。

2009年6月27日に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では、
シンジがミサトの家を出て行くシーンで相 ケンスケと言われていて、アスカが惣流から式波に変わったように名字が変更されたかに思われていたが、
公式サイトでは相田のままで、またDVD/BD版では修正されていたのでそんなことはなかった。
誰か気づいてやれよ…


2011年8月26日の金曜ロードショーで上記の映画が放送されたとき、シンジ役の緒方恵美さんと岩永哲哉さんとのTwitterでのやり取りで

Megumi_Ogata
オンタイムで観る楽しみだなあ〜……そういうのいいなあ! みんな、楽しんでる? 私は後で!(笑)

iwanagatetsuya
「碇と一緒だよ…」

Megumi_Ogata
あれっいつの間に!? あぶなく見落とす所だったよ(^^;
「ケイスケも観てるの? 僕はエヴァの搭乗時間に間に合わなかったよ……代わりにパイロットやってて!」(笑)

iwanagatetsuya
おがっちゃん、ケイスケじゃなくてケンスケだよーー・゚・(ノ∀`)・゚・

Megumi_Ogata
超ゴメン。。。orz 「僕を見捨てないで!」(爆)

iwanagatetsuya
大丈夫!大月さんなんか、トウジとケンスケを、ケンジとトウスケって言ってたからw


なんてやり取りもされてたりする。
これでもサブキャラクターなのに…


PSPのソフトでエヴァの格ゲー『新世紀エヴァンゲリオン バトルオーケストラ』のストーリーモードではゼーレにより念願のエヴァ4号機専属パイロットになる。


が、ストーリーの終わり方は鬱な内容である。


追記・修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/