クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード

登録日 :2010/06/02(水) 20:39:50
更新日 : 2017/07/19 Wed 18:40:41
所要時間 :約 6 分で読めます






走れしんのすけ!のはら一家が指名手配?


2003年に公開された映画クレヨンしんちゃんシリーズの第11作。キャッチコピーは『走れしんのすけ!のはら一家が指名手配?』




監督が水島努へと交代。
『クレヨンしんちゃん』らしくギャグ全開の作品で、終始ギャグパートである。

オトナ帝国』『アッパレ!戦国』とシリアス系が続いた後のギャグ全開な為、比較されて評価を下げられる事が多いが、
逆にギャグこそがクレヨンしんちゃん本来の姿でもある為、支持する人も少なくない(前二作よりも好きだというファンも結構見られる)。
実際、前二作の雰囲気から従来通りの雰囲気に戻すというのも相当勇気がいる判断だったことは想像に難くない。
また、序盤の野原一家が指名手配をされてからの周りの対応などの描写は歴代映画でも相当歪んでいて怖い描写という声もある。
全体的にみると良くも悪くもクレヨンしんちゃんの原点に戻った映画と言える。



【あらすじ】


朝からご機嫌斜めのしんのすけとひろし。その理由は手抜きレベルではない朝食だった。
あまりの酷さに批難しまくるひろし達を納得させる為、みさえはある物を見せる。
なんとそれは―― 見ただけで涎が溢れてしまいそうな超高級焼肉!
それを見てしんのすけ達は納得し、やっと朝食を食べようとする野原家。しかしそんな彼らの前に、塀を壊して一台の車が現れる。
車から出てきた白衣の男は「悪い奴らに追われている」と言って助けを求めた。
更にそこへ堂ヶ島と名乗る謎の男が登場。
捜し物が野原家に託された事を知った堂ヶ島は、白衣の男を気絶させ、野原家に同行を求める。
野原一家は危機を察して家を飛び出すが、無実の罪を当て付けられ、堂ヶ島達だけでなく町の住人たちにも追われる羽目となってしまった。

逃走中に敵組織「スウィートボーイズ」のアジトが熱海にある事を知った一家は、散り散りになりながらも熱海へと向かう。

面倒事を全て終わらせて――皆で焼き肉を食べる為に。



【登場人物】


野原しんのすけ(声:矢島晶子
嵐を呼ぶ幼稚園児。罪状は 幼児変態罪。
愛しのなな子おねいさんからは「ごめんなさい!」と拒絶され、アクション仮面からも罪人扱いされ心に深い傷を負う。
逃走中にかすかべ防衛隊に裏切られ捕まるも、心を入れ換えたかすかべ防衛隊に救出され、風間くんのマウンテンバイクで熱海へ向かう。
補助輪が取れたばかりなのにプロ顔負けのアクロバットを披露する5歳児。リアルでは何故か金髪になった。


野原ひろし(声:藤原啓治
しんのすけの父親。罪状は 異臭物陳列罪。
罪人扱いされた為、双葉商事をクビになる。 逃走中に女装する。
途中でヒッチハイクしたトラックの運転手に惚れられる。ひまわり、シロと共に走って熱海に向かう。


◇野原みさえ(声:ならはしみき)
しんのすけの母親。罪状は 年齢詐称。
逃走中に男装する。
敵から奪ったセグウェイに乗っていたが、途中で海に放り出されバタフライで熱海に向かう事になる。海から出てくる様子はさながら海坊主。


◇野原ひまわり(声:こおろぎさとみ)
しんのすけの妹。罪状は 結婚詐欺。
ひろし、シロと共に熱海に向かう。二足歩行では最速。
終盤で『キムチ』と喋る。


◇シロ(声:真柴摩利)
野原家の飼い犬。罪状は 集団暴走行為及び飲酒運転。
ひろし、ひまわりと共に走って熱海に向かう。二足歩行では最速。
朝ご飯は一番酷く海苔一枚であった。


◇風間トオル(声:真柴摩利)
一度はしんのすけを裏切るが仲間と共に再びしんのすけに協力する。
中盤、しんのすけにマウンテンバイクを預ける。


◇佐藤マサオ(声:一龍斎貞友)
一度はしんのすけを裏切るが仲間と共に再びしんのすけに協力する。密告を主導したためか、普段は大らかなしんのすけも流石に頭に来たらしく「 裏切りオニギリ 」、「 裏切り大臣 」と呼び、白い目で見られてしまう。
一輪車で移動する。汚名返上の為ジェットコースターで敵に特攻したが、犬死にだった。


◇桜田ネネ(声:林玉緒)
一度はしんのすけを裏切るが仲間と共に再びしんのすけに協力する。
ジェットコースターでウサギを武器に戦った。ローラースケートで移動する。


◇ボーちゃん(声:佐藤智恵)
一度はしんのすけを裏切るが仲間と共に再びしんのすけに協力する。
持ち前の知識でメンバーを率いる。


◇トラックドライバー(声:真殿光昭)
恋に性別は関係ないグローバルな人。ひろしに惚れている。かなりの運転テクニックの持ち主。
中盤、野原家を追ってきた下田部隊と交戦する。終盤、ひろしを追って熱海までやって来る。作中で唯一の野原家の味方。
「助けにきたぞ……オレのひろし!」


◇白衣の男(声:石丸博也)
野原家の塀を車で破壊した男。野原家にある物を託す。
実はスウィートボーイズのボスの兄。厳密には協力者ではなく、元凶の1人。


◇堂ヶ島少佐(声:徳弘夏生)
スウィートボーイズ幹部。帽子にグラサンをした男。
白衣の男を追って野原家に土足で上がり込む。肉を好む。デパートの屋上にヘリを着陸させたり、野原一家に無実の罪を着せるなど結構無茶苦茶する。


◇下田長九朗(声:江原正士)
スウィートボーイズ幹部。眼鏡をかけたメタボ体型の中年男性。セグウェイを使用する。「~でしょでしょ?」が口癖。
話し始めるとやたらと長くなる。スナックに通っているが、既婚者。


◇天城(声:皆川純子)
スウィートボーイズ幹部。真面目な性格で任務に忠実。カマキリ自転車を使用する。
Aカップの貧乳で、しんのすけ曰くおばさんの履くベージュ色のパンツを履いており、それを理由にしんのすけからおばさんと呼ばれる。


ボス(声:石塚運昇
スウィートボーイズのボス。古代ローマ風の服装をしている。自称「伊豆半島一の汗っかき」。ミュージカル好き。実は白衣の男の弟。


◇埼玉のタマちゃん(声:こおろぎさとみ)
「アゥ! アゥ!」
ひろし「海に帰れ、バカヤロー!!!」






追記・修正は貧相な朝食に怒ってからお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/