マレット島(DMC)

登録日 :2012/01/20(金) 23:08:47
更新日 : 2016/03/14 Mon 22:55:53
所要時間 :約 6 分で読めます




ゲーム「Devil May Cry」シリーズの記念すべき第一作目の舞台となった島である。

主人公である半人半魔のデビルハンター、ダンテは謎の美女・トリッシュによって導かれて悪魔達の巣窟となったこの無人島を舞台に、父の形見である剣と愛用の二丁拳銃を手に駆け回る。


ダンテ達が訪れた頃には既に無人島となっているが、古城などが建てられて残っている事から以前は領主が島を統治していたようで、古城の格納庫には複葉機が置かれていた事から近代までは人が住んでいた事も窺える。

しかし、どうやらこの島は人間界と魔界との境界が薄い場所であったようであり、過去に何度も天変地異や領主の乱心が起こっていたようである。さらには魔帝ムンドゥスの復活によって人間界侵攻の拠点とされてからは既に人のいない無人島となってしまった。


ダンテはこの島の様々な場所を探索しながら、はびこる悪魔達を倒していく。




【古城】
ダンテは島の北側の崖からまずこの城へと侵入する事になる。劇中では前半と後半に探索する事となり、最も探索できるエリアが多い場所である。
前半は所々が崩落していて通行できない場所などが多い。しかし、劇中後半は魔界の侵攻によって城全体が強力な魔力で侵食されている事で、かつて人が住んでいた頃までに時が戻されたようであり内部はかなり綺麗になっている。だが、一部の通路や扉が消滅していたりするため、ワープ装置で各所を移動することになる。

  • ホール
崖から始めて城の内部へ入ってきた場所。部屋の中心には巨大な槍を掲げる騎兵の像が建っており、城の屋上でダンテに敗北したファントムは天井のステンドグラスを突き破ってこの像の槍に串刺しとなった。
また、階段の奥にはムンドゥスを模したものと思われる像が建っているが、城が魔界に侵食されてからは消えており、代わりにプラズマを呼び出す紋章装置が設置されている。

  • 格納庫
ホールの東に存在し、古びた複葉機が置かれている。当初は複葉機もかなりの年月が経っていたために動く気配は全く無かったが、
後半で魔界に侵食されてからは整備が済んだ万全の状態へと戻っており、ムンドゥスを倒した後に島から脱出するために利用する事となる。
ちなみにこの複葉機の名前は「カーニバル号」という。

  • 闘技場
格納庫の地下に存在する闘技場。無数のマリオネットやブラッディマリーと戦い、さらにシークレットミッションでは三体ものシャドウを相手にしなければならない。これが非常にキツイ。
後半で魔界に侵食されてからは格納庫側のエレベーターが消えている他水没しており、水中銃を手に悪魔達を倒していく事になる。

  • 大聖堂
格納庫を抜け、回廊を進んだ先にある巨大な聖堂。入口の扉には雷の剣、「アラストル」が刺さっており、 シリーズ恒例の串刺しイベントが発生する。
前半から既に魔界に侵食されかけているのか柱が不気味に脈打っており、気持ち悪い。祭壇には獅子の誇りというアイテムが置かれている。
魔帝の腹心の一体、ファントムと初めて戦う事となる場所で、多くの初心者プレイヤーの登竜門となった。
後半で魔界に侵食されてからは床に魔界への入口となる水溜まりが出来ており、ナイトメアと初めて戦う事になる。

  • 試練の回廊
大聖堂のすぐ外に続く回廊であり、奥にはヘルメスの杖を設置するレリーフが存在する。
戻る際にいきなり崩れて海中へと落とされ、さらに戻ってきた時には崩れた地点がバラバラになって浮いているために落ちずに渡りきるにはややコツがいる。

  • 中庭
奥には獅子の像が設置されており、獅子の誇りが無ければ破壊できない。
破壊すると多くのプレイヤーの鬼門となったシャドウが初めて出現し、攻略法が分からない初心者をことごとく葬っていった。
後半では獅子の像の代わりに哲学者の卵をエリキサに変える祭壇が設置されているのだが、同時にナイトメアと二回目の戦いを繰り広げる事となり、初回と比べて狭いので戦いにくくなる。

  • 地下水路
中庭を抜けた先の塔の地下から行ける場所。
中ボスのデスシザーズやベルゼブブが主に出現し、さらに奥では二度目の襲撃を仕掛けてきたファントムに追われる事となる。
また、脱出時に格納庫へ辿り着いたダンテはこの水路へと落とされ、そこでしつこく追ってきたムンドゥスと最後の戦いを繰り広げる。

  • 城主の寝室、謁見の間
かつての城主の寝室は中庭より西側の塔の上部に存在し、ここにある鏡からネロ・アンジェロが初めて姿を現し、すぐ隣のバルコニー、城壁と移りながら戦いを繰り広げる。さらに次のミッションではシャドウが出現して、プレイヤーに襲いかかってくる上、ハードモードでは二体も相手にしなければならないので非常にウザイ。
謁見の間は後半で探索できる城の西側に存在し、ここでネロ・アンジェロと最後の戦いを繰り広げる。



【コロシアム】
古城の南側へ跳ね橋を渡った先の窪地に建っている巨大な闘技場。地下にはナイトメアβ、南には魔具イフリートが置かれている。
ここの広場では魔帝の腹心、グリフォンと初めて戦う事になり、後に闘技場内でも最後の戦いを繰り広げる。
ここより西にある森と城壁を抜けた先には迷いの渓谷という場所を通る事になり、上手く道しるべの光を追いかけないと延々とループする事になる。しかもこの光、敵が現れると真っ先に逃げ出す相当なビビリである。
コロシアムの東側には山岳地帯が広がっており、沈んだ幽霊船はここの地下水路で止まっていた。
滝壷にあるブルーオーブは見つけてもすぐに取らない方が良いかもしれない。


【グリーンガーデン】
コロシアムの北西に建つ巨大な温室庭園。内部には古びた巨木があり、中に入った途端いきなり中ボスのデスサイズが襲ってくるが、デスシザーズに比べれば戦いやすいため慣れれば倒すのは簡単。
奥の水上回廊では古城から追ってきたネロ・アンジェロと二度目の対決が行われる。
なお、ここは一度幽霊船へ乗ってからまた戻って来ても入口が閉じているので入れない。


【幽霊船】
グリーンガーデンから行ける地下水脈に放置されている。既に船底に穴が空いているが、何故か沈まない。
動かすとコロシアムと古城の間にある運河を渡って島の東側へと進んで行くが、途中でグリフォンと二度目の戦いを行わなければならない。
しかも、他の場所での戦闘と比べて足場がかなり悪い上にグリフォンはほとんど飛んでばかりなので攻められるチャンスが少ない。
グリフォンとの戦闘後はいきなり船が沈んで浸水してしまう。
船底に穴が空いていて、よくあそこまで動けたものだ……



追記、修正をよろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/