デビルトリガー(DMC)

登録日 :2012/06/20(水) 23:35:57
更新日 : 2016/05/01 Sun 02:40:20
所要時間 :約 4 分で読めます





デビルトリガーとは、ゲーム「Devil May Cry」のシステムの一つで略表記はDT


◆概要
初代から登場しているシステムの一つでL1を押すと発動し、使用キャラが魔人化する。
発動中はハイパーアーマーが付く・攻撃力が上がる・HPが徐々に回復などの効果がある。
発動には一定量のDTゲージが必要で、デビルスター等のアイテム使用のほか、隠し要素で敵を挑発すると回復できる。

ダンテ等の主要キャラが魔人化した際は、姿が悪魔へと変わるほか、最高難易度のDMDプレイ時は、雑魚悪魔もDTを使ってパワーアップしてくる。

その攻防両面の爆発力から攻略の切り札となるのは勿論のこと、
変身ヒーロー然とした外見&戦闘スタイルの劇的な変化はロマンに満ちており実にスタイリッシュ。
シリーズでも人気のある要素の一つである。



◆各作品でのDT
初登場作品。
ダンテがアラストルを入手した後に使用出来る。
アラストル装備時は紫電を纏った有翼の魔人、
イフリート装備時は業火に身を包んだ筋骨逞しい魔人に変身。
ラストバトル専用のスパーダ装備時のDTは赤黒いオーラを放つ父・魔剣士スパーダと瓜二つの容姿となる。
ゲーム上としては続編と比べ、通常時とは比較にならないほど攻撃力が上がる。


本作では最初から使用可能。ダンテの他にもヒロインのルシアが魔人化できる。
ダンテは赤と黒を基調とした悪魔然とした姿、ルシアはダーツのように射出できる純白の羽毛に身を包んだ姿が特徴。

今回は通常の魔人化だけではなくHPが残り僅かの時に発動出来る「真・魔人化」というものがあり、
通常の魔人化を超えた異常な強さを発揮、外見も変化しダンテは二種類の強力な隠し技も使用可能となる。
ぶっちゃけた話、初心者救済措置である。

今回はステージ中に手に入る様々なアイテムにより、飛翔能力等が得られる。


シリーズ3作目だが時系列的にはダンテが最初に魔人化をした作品である。
ちなみに使用可能になるのはMission7後。

悪魔絵師こと金子一馬氏がデザインを手がけ、幾何学的なラインや
衣服と肉体が融合したかのような造形はシリーズでも一際異彩を放っておりファンからは賛否両論。
また、装備する魔具によって細部のデザインが変化する。

ダンテだけでは無く、本作では兄バージルも魔人化している。こちらは弟と比べてやや角張ったシルエットが特徴的。
装備している魔具によって、性能が変わるが、主に攻撃速度や防御力の上昇と言った補助的な部分の強化がされる。
そのため他シリーズと比べ魔人化による恩恵はゲージを引き換えに大ダメージを与えるトリガーバーストくらいしかない。


新主人公ネロが、閻魔刀を入手後に使用可能になる。

ネロのDTはダンテ達とは異なり、DTを発動させるとネロの背後に幽波紋魔人が出現して一緒に攻撃を行ってくれる。
その関係上ハイパーアーマーがなくなっているが、DTを引くと約1秒間の無敵時間がある。
高火力の技の中には魔人化中にしか発動出来ないものもある。

ダンテに最初から使用可能。
一部の技は魔人化中だと大幅に強化される(リベリオンだとスティンガーが多段ヒットする)。


設定がパラレル設定の本作では、 魔人化から天使化に変更 されている。

DTの効果も、周りの動きを遅くして敵を空中に浮かし、名倉ダンテ自体は常時空中浮遊が出来るようになる。

DTを発動した際の姿は、従来のダンテカラーの銀髪&赤いコートに色が変わり、肌が白くなる。


  • アニメ
最終回のクライマックスで発動させた。

ちなみにダンテの串刺しや決め台詞の「JACK POT!」も最終回終盤でおこなっている。




追記・修正よろしく

この項目が面白かったなら……\ポチッと/