スミス(DQⅤ)

登録日 :2010/09/11(土) 23:25:48
更新日 : 2017/04/08 Sat 20:53:30
所要時間 :約 2 分で読めます




DQⅤにおける仲間モンスター。

くさったしたいを仲間にするとこの名前になる。
最短だとサンタローズの洞窟で仲間にできるが、序盤のモンスターのくせに思いのほか仲間になりにくい。
その上、しかも仲間にしたところで大した旨味もないという誰得なヤツである。
洞窟でメタルスライムを仲間にしようと頑張ってると、頼みもしないのにこいつが起き上がるのはよくあること。

ステータスはHPの伸びがよく、レベル上限が30の割に最終的に300まで達する可能性を秘める。しかしそれ以外の能力は残念の一言。
力がなんとか100に届くかという程度であり、身の守りはさすが死体、初期値8で上がってもせいぜい30である。
特技はなんとか使えるのがなめまわし、つめたいいき、もうどくのきりくらいだろうか。
耐性についても状態異常に対しては優秀だが攻撃呪文や息に対する耐性は皆無である。

残念だが戦力としては厳しいものがあるため、愛がなければとっとと預けてしまうのがよい。死体を預けられるモンじいカワイソス。


余談だが、コイツの3匹目の名前は「 マサール 」である。
Ⅴの遥か過去の物語であるに同名の賢者が存在したがまさか…。
真相は闇の中である。

Ⅵではモンストル周辺で出現し、Vから一転、かなりの強キャラに変貌。
素早さと身の守りこそ低いものの、HPと力、レベル20以降はMPもガンガン伸び、物理面ではハッサンにも見劣りしない上、MPはバーバラ以上になる。
前作に比べて装備品も充実し、初期ステータスでもベストドレッサーコンテストのランク7まで優勝でき、「グリンガムのムチ」によるメタル狩りも可能。
レベル上限が50と低いため本編クリア後は主戦力から外れてしまうのと、リメイク版ではスライム系以外のモンスターが仲間にならないのが残念な所。

なお、Ⅴの小説版ではビアンカに片想いする 恋する死体 である。ビアンカが結婚してもその想いは変わらない。
主人公に対しても、腐った死体である自分を快く受け入れてくれたと感謝しており、嫉妬なんてしない漢。
そしてデモンズタワーでは愛するビアンカ(と主人公)を庇ってジャミのこごえるふぶきを食らい、凍り付き砕け散るという最期を遂げた。

涙腺崩壊必至のシーンなので死体なのに死ぬのかなんて無粋なツッコミは許しません。
魔物として死んだ、あるいは成仏したんだと解釈しよう
また、キャラバンハートにも同じ名前のくさったしたいが登場する。
彼は元は人間で、とある塔の頂上におり、クリア後に元恋人のマチュアを連れて行くと仲間にできる。
転身次第ではナイトリッチ、はたまた物質系のドラゴンマシンにまで姿を変える。


追記・修正はくさったしたいになってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/