ビリー・カーン

登録日 :2010/07/29(木) 12:35:45
更新日 : 2016/09/23 Fri 20:06:35
所要時間 :約 3 分で読めます




餓狼伝説、およびKOFシリーズに登場するキャラクター。

◇プロフィール
出身地:イギリス
生年月日:1966年12月25日
身長:179cm
体重:78kg
血液型:B型
趣味:洗濯
大切なもの: 妹
得意スポーツ: 棒高跳び
好きな音楽: パンク
職業: ギースの側近

年齢:26歳(『餓狼2』『餓狼SP』)
28歳(『KOF'95』)
30歳(『RBS』)


◇人物像
出稼ぎでサウスタウンに来たらしく、当初はギースの支配する工場で働いていた。
仕事仲間との大人数のケンカで、鉄パイプで全員を血の海に沈めたところを偶然見かけたギースによって取り立てられ、以降はギースの忠実な側近となる。
最初は単なる用心棒だったが、厚い忠心にギースもビリーを信頼するようになり、徐々にハワード・コネクションの中枢の任務にも関わることが多くなっていった。

彼の棒術の師はサウスタウンに住む中国人の男性であるが、技を全て会得したビリーが

「老師。この修行のこと私は忘れません・・・ よ!

と、ギースの命令で殺害した。

恩を仇で返す、と思われがちだが
かつてギースも、ブルー・マリーの祖父から古武術を学びながらも殺害し、その後タン・フー・ルーの下でボガード兄弟の父であるジェフと修行しながらも彼を目障りだと暗殺した経験を持っており、彼にその忠誠心を示すように命じた結果のことである。

ギース亡き後の餓狼2では、ハワード・コネクションを統率してはいたが成果は芳しいものではなく、
餓狼SPECIALの個別EDで世界最強になった時はギース以上の地位に辿り着いてしまい激しく苦悩する場面から、彼の器は頂点に値しないものを感じさせる。

リリィという妹をとても大事にしており、餓狼3でジョー東がリリィの肩に手を掛けると、三節棍を振り回し怒り狂う。
リリィはかなり可愛い容姿をしているのでちょっかいをかけたい男は多いだろうが、兄がビリーでは命がいくつあっても足りないであろう…。
リリィの前では普通の兄としての姿しか見せておらず、肉親の絆というものが好きではないギースも、リリィのことは不問にしている。
一方で、『もしギースの命あらば、リリィをその手にかけることも辞さない』心構えをしている。ビリーにとってはギースへの忠誠がなにより優先すべき事項なのだ。
なお、リリィはKOFMIシリーズで操作キャラになっており、兄譲りの棒術の腕を見せている。

プレイヤーキャラとして登場してない作品でも、主にギース周りの演出やエンディングなどで登場することが多い。ギースあるところビリカンあり。


◇服装
赤と白の縞模様のバンダナはシリーズ共通で、シリーズによってバンダナを外すとスキンヘッドだったり、金髪のオールバックだったりする。
初登場の餓狼1、KOF95、KOFXIIIでは裸にオーバーオール姿。
餓狼2では英国旗の描かれた袖の破けたシャツにジーンズ姿。
リアルバウトでは背中に大きく禁煙マークの入ったジャンパー(店頭で見かけたものを店主からひったくった)を着用するが、 本人はヘビースモーカー。


◇戦闘スタイル
彼の武器である赤い棒は発火装置つきの特注コンバーター三節棍。
初代では六角棍だったが、敵に投げつける、もしくは無くすと戦意を失ってしまう弱点を克服するため、
「あの胸クソ悪い奴らを・・・叩きのめせるなら・・・」と、ギースの仇討ちのためクラウザーと組んだ餓狼2以降はそれに持ち替えた。
なお、この三節棍は 木製 であり、時間切れ負けした際にはブチ切れて 膝で折る シーンが見られる。

餓狼1当時はCPU限定キャラだったにしろ、格ゲーの中でも武器を持ったキャラは少なかったため(バルログ?知らんな~)
当時の子供達の目には新鮮に映り、掃除の時間に頭巾とほうきでビリーの真似をしたことのある人間もいるだろう。


◇KOFシリーズにおいて
当初94でキング、ビッグベアとイギリスチームで出場させる予定だったが、女性格闘家チームを登場させるためにお流れとなる。

95にてギースの命令で八神庵、如月影二と「ライバルチーム」として出場するが、エンディングで庵に不意討ちを受けて影二とともにのされてしまって以降、庵を敵視している。

96ではギースの護衛に努めており、Mr.BIGの部下の狙撃から三節棍で彼を守った。
この時、「余計なことを・・・」と不敵に微笑みながらも彼の腕を信頼していた模様。

97ではギースの指示でブルー・マリーと山崎竜二とともに「'97スペシャルチーム」として出場。
各所で行われた人気投票の結果結成されたチームで、以降この2人とは何かと絡むことが多い。

03では山崎、牙刀と組んで「アウトローチーム」として出場。ギースの意図で組まれたが、EDでチームは空中分解している。
チンピラ然とした容姿やキャラとは対照的な 「趣味:洗濯」 は初期からファンによくいじられ、当時のゲーム4コマなどではよくネタにされていた。

ちなみに03での声優は、かのコンバット越前で有名なせいじろう氏だったりする。

WEBアニメ『The King of Fighters: Another Day』第2話に於ける怪演は必聴。


◇キャラ性能
三節棍を生かした長射程の通常技での牽制が特徴。
初出の『餓狼伝説』ではボスキャラということもあり、当たり判定が強い技を多数保持している上一発の威力が高く、まともに戦うとかなり厳しい。
しかし、「棒を回転させて投げる攻撃をガードした後、新しい棒を受け取る際の着地を投げる」パターンを使うことで割合簡単に倒せてしまい、
「ギース前の敵としては物足りない、その前のライデンのほうがよっぽど強い」という評価を受けることに…
『餓狼伝説2』でもクラウザー配下の三闘士の初戦として登場し、こちらでは棒を投げなくなったためにかなりの強敵と化した。

プレイヤーキャラとして解禁されたのは『餓狼伝説スペシャル』から。
流石にあのリーチのままで棒部分に喰らい判定がないと理不尽極まりないため、棒攻撃は総じて喰らい判定が前にグッと出る様になった。
結果的に攻撃判定が弱く打ち負けることが多いので、慎重なプレイが要される。
作品ごとの調整に強さが左右されやすい傾向があり、先述の『餓狼伝説スペシャル』や『RB餓狼伝説』『RB餓狼伝説SP』、『KOF2002』では最強クラスとまで評されているが、
『KOF95』ではゲーム性と噛みあわないため、一転して最弱クラスと評されている。

パチスロ版では『餓狼伝説Special』においてテリーBIGの最初の敵として登場。ギースの部下としてRB以降(というかKOF97)の衣装でシュトロハイム城で戦う。
このボーナス中は格闘ゲームを再現した演出でビリー・クラウザー・ギースと3連戦するのだが、どういうわけか3人の中で一番攻撃力が高く設定されているためテリーBIGを選んだ際の鬼門となる。
しかも他の2人は与えたダメージ量によってARTのポイントが貰えるのに対し、ビリーだけは完全にKOしないとポイントゼロという鬼畜さ。
じっくり戦うとクラウザーが出る前にタイムオーバーになるし、かといって焦って戦うと三節棍の餌食になるというプレイヤーのリアルラックと機転が試されるキャラとなった。

この仕様のせいで時間効率を重視するパチスロファンやゲームを良く知らないニワカや年配者にはどうにも受けが悪く、テリーBIGはパチスロ誌などでも大して攻略されなかった。
2chのスロ板ではテリーBIG専用の攻略スレが立ったりするほど(前述の攻撃力やポイント関連もスレの有志によって判明した)原作ゲームファンや格ゲーファンには大いにウケたのだが…。


◇余談
ボンガロことボンボン版餓狼伝説では、テリーに負けたマイケル・マックスとホア・ジャイを 棒で脳天ぶち抜いたり頭から血を噴き出しながらもテリーを圧倒する という残虐さが描かれる一方、テリーに止めは刺さず、決着を付けるために生かし、クラウザーの攻撃からテリーたちを庇うという、餓狼の姿も見せている。

アニメ『バトルファイターズ餓狼伝説』シリーズではギースの側近の面が強調されている。
1では、ライデンと組んでアンディとジョーの相手を務めるも敗北。
2ではパオパオカフェで飲んでいるところをローレンス・ブラッドと遭遇(クラウザーがしぶとく生きていたギースにバンダナと折れた三節棍を手土産に尋ねる場面から、手ひどく痛めつけられたと思われる)。
劇場版ではダック・キングがオープンしたばかりのクラブに花束を持ち来訪。そこでアンディと遭遇、一触即発の状況になるが劇場オリジナルの敵・ハワーの乱入で一時共闘。後に、竹林でギースにハワーとその上司たるラオコーンの存在を伝えるも「捨て置け」と言われ、レイジングストームの威力に感嘆する。
なお、劇場版ではレイジングストームを見た後、バンダナが落ちて金髪のオールバックが見られるのにも注目。


追記・修正はギース様への忠誠心を優先しながらお願いします・・・ よ!


この項目が面白かったなら……\ポチッと/