新選組!

登録日 :2011/05/26 (木) 05:29:20
更新日 : 2017/04/25 Tue 12:21:20
所要時間 :約 3 分で読めます




「愛しき友よ」



新選組!とは、2004年1月11日から同年12月12日に放映されたNHK大河ドラマである。

脚本は三谷幸喜。

主演はSMAPの香取慎吾。

全49話。


大河ドラマ第43作目を飾ったこの作品は、現在でも最多の出演者数を誇りながら、
当時若手だった俳優や、劇場界で活躍する舞台俳優を多く起用したため非常に若さ溢れる作品に仕上がっている。
名だたる大河ドラマ至上においてかなりの異色作として今でも語られている。

簡単な例として、

  • テーマ曲に歌詞が付いている(11年ぶり)

  • タイトルに「!」が付けられている

  • 劇中の語りが一切無い(但し史実の説明を除く。歴史ドラマではかなり異例であると言える)
等々。


どちらかといえば、民放のドラマらしい雰囲気を持った作品である。
その為か、古来の大河ドラマファンに評価されなかったか放映時の視聴率はあまり振るわず最高が初回の26.3%、平均でも17.4%程度にとどまってしまった。


しかし、支持するファンも多く山南敬助が切腹死した際には実際に切腹が行われた場所にて追悼式が行われたほど。


さらには当作品の続編を多く望む声に押され、なんと正月時代劇として「新選組!!土方歳三最後の一日」が放送された。

当然、これもかなり異例な出来事である。
時代劇だが、当然ドラマであるため史実と異なる場面も見られるところはご愛敬。

されど、「今までとは違う、新しい新選組の物語を作りたい」という三谷幸喜の思いから、
創作とされる池田屋の大階段を無くし、平屋にするなど史実に忠実に作り込みつつ、
比較的に闇に包まれたシーン…例えば坂本龍馬暗殺の局面に於いて、新選組が坂本龍馬を救出しようとした新選組救出説として描くなど、
所々に「こうであったらいいな」というIF要素が散りばめられ、贔屓目ながらもかなり面白いストーリーに仕上がっている。
…とはいえ、江戸にいたころ近藤勇や坂本龍馬、桂小五郎らに面識があった、というのは流石に無理があるように思われるが、
その時期にどの辺りに誰が住んでいたかなど、資料で判明していた事と緻密に照らし合わせた上で、ストーリーが組み立てられている。




基本的に一話の中で一日の時間が過ぎて行く。

その為、話と話の間で一ヶ月くらいキングクリムゾンしてしまうこともよくあるが、あまり気にならなかったりする。
激動の幕末を生きる、近藤勇率いる新選組を待ち受ける残酷な運命とは。



  • 登場人物

※登場人物が多すぎる為分割して建てるつもりです。※



「………冥殿、
俺は本家よりもWikiらしく追記・修正してみせる

日本一アニオタの心を持ったWikiになってみせる」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/