ポナヤツングスカ

登録日 :2010/12/20(月) 21:43:11
更新日 : 2017/04/08 Sat 20:29:35
所要時間 :約 3 分で読めます




「しゃちょう めー!

このおれを ポナヤツングスカ してん なんかに とばすから
ロケットだんに ねらわれるのだ!」








ポナヤツングスカとは、ロシアの辺境のどこかの地名である……らしい。

語感はいかにもロシア語らしい名前なのだが、Google先生でこの名前で検索しても場所についての情報は出てこないし、
地図を調べても似たような名前はあれど、ここだ!という場所は見つからない。


このように、ロシアのどこかもわからない、下手したら実在するかもわからないような場所である。
そんなポナヤツングスカであるが、ある作品によって一躍、日本中に知れ渡るとなる。

そう……

ポケットモンスター

である。



初代の赤・緑またはリメイク版のファイアレッド・リーフグリーンをプレイした方は覚えているだろう。
シナリオ後半、ロケット団がシルフカンパニーを占拠する事件で、単身シルフに乗り込む主人公(レッド)。
シルフカンパニーの中にはロケット団と内通、もしくは裏切ってロケット団に味方した「はぐれけんきゅういん」とも闘い、苦しんだことだろう。


そのような、元シルフ社員であるはぐれけんきゅういんの一人が対戦の前に放ったセリフが、上の通りである。

いや、どこだよ

最初に見たときは、誰もが思ったことだろう。
語感からしてインパクト満載である。


そんなこんなで戦闘に入り、彼もレアコイルやらドガースやら出してレッドさん相手に奮闘するが、結局は負けてしまう。
その後、倒した彼に話しかけてみると、

「ポナヤツングスカ……
ああ、 ロシアの おくのほう だよ」


ツッコミどころ満載である

ロシアの奥地に支店を出して左遷するシルフカンパニーの企業体質とか、お前どうやって戻ってきたんだとか。
単身赴任の悲哀の物語が微塵も感じられないネタの宝庫である。

ゲーフリ自重



ちなみに、米国版では

戦闘前「That rotten PRESIDENT! Serves him right for shipping me off to the TIKSI BRANCH! That’s why TEAM ROCKET came after us, I’m sure of it!」

勝利時「Shoot!」

戦闘後「TIKSI BRANCH? It’s in Russian no-man’s-land!」


と言っており、どうやらあちらでは「 TIKSI BRANCH 」に変更されたようである。

「ティクシ」とは、シベリアの北極海沿岸にある港湾都市らしい。

でも普通わからない



追記・修正しないとポナヤツングスカ支店に左遷されます。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/