タイ女子アルバイト日本刀撃退事件

登録日 : 2012/03/17(土) 00:59:47
更新日 : 2017/03/23 Thu 18:25:49
所要時間 :約 3 分で読めます




※事件名は便宜上のものです。



この人とは関係ない。あしからず。

『タイ女子アルバイト日本刀撃退事件』とは、タイのコンビニで女子アルバイト店員が日本刀で強盗を撃退した事件である。



【以下はその事件の概要である】



2009年、タイのとあるコンビニに銃を持った強盗が乱入した。強盗は

「誰も傷つけたくない……」

とは言いつつも、きっちりと

「金を出せ!」

と店員に強要。店内は緊迫した空気に包まれた。

だがそんな修羅場の中、女子アルバイト店員は 強盗が持っている銃が偽物だと看破
そしておもむろに カウンターの奥から日本刀を取り出したのだ


「偽物の銃なんて怖くない」


と強盗に向けて日本刀を構えた。が、それでも強盗は戦うそぶりを見せる。

・・・しかし、女子アルバイト店員はそんなことでは怯まなかった。
彼女は日本刀を構えて強盗に接近、 「もう何も怖くない」 (あくまでたとえです)と言わんばかりに日本刀を振り回し、
その鬼気迫る迫力にビビったのか 強盗はダッシュでその場から逃げていった

あちらの報道によると、その後その強盗は捕まったとのことである。

使われた日本刀だが、これは過去にもコンビニに同じ強盗に入られて被害にあったのを受けて、女子アルバイト店員自らレジに用意していたものである。
日本刀なのは彼女の趣味によるもの。

更にこの日本刀、実は 模造品 で人を斬れるほど刃は鋭くなく実際にはハッタリという点で相手と同じ状況だった。

つまり勝負を決した最大の原因は だった。
模造刀でもぶん殴られたら普通に死ねるとか言ってはいけない。


ちなみに



その前年、タイでは阿部寛出演のタイ映画『チョコレート・ファイター』が人気を博していた。
タイギャングと日本ヤクザの抗争がストーリーに盛り込まれており、 タイギャングの銃に対して阿部寛が日本刀で戦いを挑む という展開が人気を得た。
彼女は日本文化に興味があるとのことだが…果たして?



追記・修正は演技力のある方にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/