本多・二代(境界線上のホライゾン)

登録日 :2011/10/08 (土) 01:37:29
更新日 : 2016/03/05 Sat 07:42:38
所要時間 :約 4 分で読めます




忠義とは、――その行為にこそ意味があるもので御座るよ



川上稔著〈GENESISシリーズ〉『境界線上のホライゾン』の登場人物
(CV.小林ゆう)

所属:極東警護隊、武蔵アリアダスト教導院
役職:極東警護隊総隊長、総長連合副長
戦種:近接武術師(ストライクフォーサー)
字名:―――
通神名:蜻蛉切


作中主要人物の一人であり本多・忠勝の一人娘。
昔馴染みの本多・正純を始めとする生徒からは『二代』、酒井・忠次からは『ダ娘』、また他にも『槍本多』『サムライ本多』等と呼ばれる。

一人称が“拙者”語尾が“御座る”で、人間濃度では点蔵・クロスユナイトより上。おかげで点蔵は外道どもから精神的ダメージを負わされた。

年頃の娘の耽美さと武人としての凛々しさを併せ持つ黒髪ポニーテールのクール系。お尻を触られたら思わず悲鳴あげちゃう女の子らしさも健在。

“東国無双”の一人娘として厳しい修行を重ねており、“極東の学生”に限定するならば恐らく最速。武神戦力もなんのそので、そこいらの兵士クラスの武神乗りならば単身で連続撃破も可能。

しかしその実力を密かに誇りはしても過信はせず、敗北は素直に受け入れる潔さがあり、また弱点も理解しているのか政治絡みの場合は迷わず部下に教えを乞い、その上で即座に行動決定するリーダーシップも持ち合わせている。








と、此処までなら非の打ち所がない武人なのだが、テキトー人間本多・忠勝と侍女式自動人形“鹿角”の教育があまりに武術面に偏っていたのか、実は一般常識が微妙に欠落気味の『アホの子』であることが判明。

うっかり侍でもある。

正純とネシンバラの作戦会議を話半分にしか聞いていなかったり、夜中に『結べ蜻蛉切!』と叫んでベッド蹴り上げたり、どっかの半神世間知らず皇族のおかげでセックスの意味を大分勘違いし、立花・ギンの前で『夫の立花・宗茂とは セックス ( ※戦闘のことです )した仲』と発言するなど色々やらかしている。
この誤認は原作Ⅴ下現在解かれておらず、その被害者(?)は着実に増えている。

とりあえずセックスの本当の意味を誰か教えてやれ武蔵勢

ちなみに細身に似合わず健啖家。
食べるときはがっつりいくタイプで、英国では会食会場が阿鼻叫喚のフードファイターの決戦舞台と化した。
シュークリームが食べられず不機嫌になったりココアに喜んだり、女子らしく甘味も好む模様。



【使用武器】

○“蜻蛉切”
父:忠勝の用いていた神格武装。三河消滅前に忠勝が立花・ギンに預けていたものだが後に返還され、以後そのまま二代の武装となる。本人が未熟なため、上位駆動である「事象の割断」は使用不可。
槍使いの彼女にとっては切っても切れない相棒。意志疎通可能で短いながらも言葉も話す。

一時期これを使い魚をたんまりしとめていたために、一緒にいた男子学生から『おさ』とか『御蜻蛉様』とか崇拝され変な宗教みたいになっていた。

『Ⅲ下』終盤に壊されたため、現在絶賛修理中。


○“蜻蛉スペア”
Ⅳ以降で使用している蜻蛉切の代わりの武器。
代用品ではあるが、蜻蛉切と同様のことができる。が、上位駆動は搭載されていない模様。



【使用術式】

○“翔翼”
二代が用いる加速術式。
加速を阻害する要素の全てを禊ぐ、穢れ払いの系の術式で、少々の疲労も阻害要素として祓うため行動時間は長くなる。
長時間運用を主眼に入れた低出力型。
これにより速度を得て、穂先と石突きの高速のコンビネーションで攻め立てていくのが彼女の戦闘スタイル。



関連人物

本多・正純
かつての昔馴染み。
正純の政治家としての能力を高く評価しており、また名字が同じだったのがキッカケで付き合いが深い。
Ⅴ下で「拙者の嫁」宣言した


ホライゾン・アリアダスト
二代の主君。
彼女のことを『姫』と呼び、武士として仕えている。


葵・喜美
二代の師匠。恐れ多い存在。
三河と有明で二度相対し、己を取り戻せていなかった二代を導いた。


立花・宗茂
セックス(戦ry)した仲。
初めて全力で戦った相手であり、実力も近かったためか宗茂が武蔵に来てからはライバルのような間柄になっている。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/