ロン・ウィーズリー

登録日 :2009/07/20(月) 22:53:16
更新日 : 2017/07/04 Tue 23:16:30
所要時間 :約 14 分で読めます




イテッ──アッ──やめろ!



何するんだ──?





ハリー──────











アーッ!!!!!









ハリー・ポッターシリーズの登場人物。
主役の仲良し3人組の1人。

ホグワーツに通う魔法使い。
グリフィンドール寮生。言わずと知れた、ハリー・ポッター最高の親友。

魔法使いであることを除けば、どこにでもいるごくごく普通の少年。ハリーや読者にとって、魔法界の常識や知識を得る為の重要な情報源である。

生粋の純血魔法族にして「血を裏切る者」の筆頭たる“ウィーズリー”家の六男坊。
それ故に、ドラコ・マルフォイ等の純血主義者達からは「穢れた血」と呼ばれる“マグル生まれ”と同等に軽蔑されている。
一族皆が赤毛かつグリフィンドール出身である為、『ゴドリック・グリフィンドール』の直系では、という説がある。

長兄ビルと三兄パーシーは首席、次兄チャーリーは伝説のクィディッチ・キャプテン、
四兄フレッド&五兄ジョージは悪戯王かつ凄腕のクィディッチ・ビーター、と優秀な兄達がいるため劣等感を感じている。
おまけに親友ハリーはヴォルデモートを打ち破った有名人であり、同じく親友のハーマイオニー・グレンジャーは学年トップの秀才。
そのため周囲から2人の添え物扱いされることが多く、それを不満に思っている。4巻では一度それが爆発し、絶交寸前に陥った。

基本的に性格は友達想いで良いヤツ。
ハリーと初めて出会った時は驚きこそすれ他の人のように珍しい物を見るような態度をとらず、普通に友達として接している。

ただ、妹のジニーに対してはウザイ程のシスコン。
ハリーであっても、ジニーと付き合う時には難色を示した。

ことあるごとにスネイプやマルフォイに疑いの目を向けるが常に的外れという本作のミスリード要因。

5巻から、クィディッチのキーパーを務めている。愛箒は『クリーンスイープ11号』。
実力が精神状態に恐ろしく左右され、緊張や気落ちしている時は目も当てられない程酷いが、昂揚しやる気な時はファインプレーを連発する。

魔法の腕は生徒の中では上位クラス。
『O・W・L(普通魔法レベル試験)』では「O・優」こそないものの、7科目に合格。
『ダンブルドア軍団』に加入後は、「テリア」の守護霊を創り出すまでに腕を上げた。また、6巻では死喰い人と一騎打ちを行っている。
父方の祖母は元ブラック姓の為、シリウス・ブラックとは意外と近い親戚関係にある。

結構忘れられがちだが、“ロン”は愛称。
本名は『ロナルド・ビリウス・ウィーズリー』。


以下、ネタバレ








傑出したところが無いように見えるが、実はチェスの天才。
これに関してはハーマイオニーでも彼に敵わず、1巻終盤ではマクゴナガル教授が仕掛けていたチェスのトラップに勝利した。
だが、この設定が生きたのはこの勝負の時だけ。

ペットとしてネズミの『スキャバーズ』を飼っていたが、3巻にて逃亡していたピーター・ペティグリューと判明。
帰りのホグワーツ特急にて、シリウスから豆フクロウの『ピッグウィジョン』をスキャバーズの代わりとして譲り受けた。

7巻にて彼がダンブルドアから託された遺品は「灯消しライター」。
カチッとすると周囲の明かりを吸い取る。
ダンブルドア自身が設計し、世界に1つしかないかもしれない貴重なもの。
漠然とした行きたい所への道標となる光を出す、という隠れた機能を持つ。

実はハーマイオニーのことが好きで、彼女からも想われているという相思相愛の関係だったが、
ロンが自分の気持ちに鈍感な上に2人して変な意地を張り合っていた為、付き合うまでに長い時間がかかった。

ロンなんて死ねb………死ねばいい、なんて言っちゃいけません。絶対。



7巻終盤ではバカップル化。
これから決戦(というか他では始まっている)、という時にでぃーぷきすしてハリーに怒られていた。






やっぱり死ねばいいよ






以下、各巻の活躍








1巻『賢者の石』
ホグワーツ特急の中でハリーと出会い、以来親友となる。
「賢者の石」を守るトラップでは、マクゴナガル教授のチェスに勝利した。


2巻『秘密の部屋』
車をかっ飛ばして学校にやってきた為、ハリー共々退学にされかける。
ジニーを助ける為ハリーとロックハートと共に「秘密の部屋」に向かうが、
本性を現したロックハートの忘却術が暴発したお陰で通路が分断されたため一緒に戦えず、パーになった彼のお守りをするハメに。


3巻『アズカバンの囚人』
一緒にベッドで寝たりして大事にしていたネズミのスキャバーズが、大量殺人鬼のキモくてハゲなオッサンだと判明。
おまけに、「暴れ柳」に引き摺りまれた際に足の骨を折った。
アーッ!!!!!


4巻『炎のゴブレット』
ハリーが自分に隠して対校試合代表に立候補した思い込み、初めて大喧嘩をする。だが第一の課題後に仲直りし、その後の課題を全力でサポートした。
ダンスパーティーでハーマイオニーとペアを組んでいたクラムに嫉妬する等、この頃から彼女を意識し始めている。


5巻『不死鳥の騎士団』
監督生、及びクィディッチのキーパーに就任。色々あったものの、何とかチームの勝利に貢献する。
神秘部の戦いでは、死喰い人そっちのけで脳ミソと触手プレイしていた。


6巻『謎のプリンス』
ウォン-ウォン


7巻『死の秘宝』
ハリー、ハーマイオニーと共に分霊箱探しの旅に出るが、途中で2人と2度目の大喧嘩をして離脱する。
後に「灯消しライター」のお陰で帰還しハリーの命を救い、分霊箱を1つ破壊した。
ホグワーツに帰還後はハリーの真似で蛇語を話して「秘密の部屋」に向かい、バジリスクの牙を用いてハーマイオニーに分霊箱を破壊させる。
最終決戦では兄フレッドを失うも、悲しみを乗り越え最後まで戦い抜いた。










後年、亡き兄フレッドの後を継いでジョージと共に悪戯専門店『WWW(ワールドスr……じゃなくて、ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ)』を切り盛りしている。

後に闇祓い局に所属し、ハリーと一緒に働くようになる。WWWの経営もちゃんと手伝っているらしい。

蛙チョコレートのカードにもなったが、このことを自慢しまくって周りからウザがられているとかなんとか。
そして、ハーマイオニーと結婚。
女の子『ローズ』と、男の子『ヒューゴ』を授かった。
ローズはハリーの次男アルバス、マルフォイの長男スコーピウスと同学年。
母の頭脳を受け継いでいるとか。

自動車免許を取得しているが、ミスで不合格になりそうだったため試験官に「錯乱の呪文」をかけて誤魔化したらしい。
何やらかしてんだ。

また、「超感覚呪文」なる怪しげな魔法を習得している。
十中八九ハーマイオニー専用魔法だろ



おっどろき!はやく追記・修正しなきゃ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/