松来未祐

登録日 :2010/07/11(日) 22:00:01
更新日 : 2017/08/02 Wed 15:53:50
所要時間 :約 10 分で読めます




松来(まつき)未祐(みゆ)

1977年9月14日~2015年10月27日。広島県出身のA型。
81プロデュース所属。

愛称は「みゆみゆ」「まつらいさん」「マンネリロリータ」
「合法ロリータ」「放尿装置」「逆アイアンキング」
「おしっこ声優」「壊れた水道の蛇口」「婚活定食」
「新古車声優」「展示品割引」「放尿球体」などなど。
まつらいさんというのは松来をそのまま読めばわかるだろう。

また名前を見てわかると思うが、検索する際に 非常に打ち込みづらい
まず変換出来ず「まつ・くる・みらい・ゆう」と分けて打ち込み、要らない部分を消すなどして検索する人が多いのではないだろうか。
というかひらがなでググったほうが早い。

意外かもしれないが 慶應大学 卒である。
所属学部はSFCであった。
本名は松木美愛子である。
初期の頃は本名で活動していたが、画数が良くないために今の名になる。


2000年代初頭から声優として精力的に活動し様々なキャラクターを演じた。

2015年7月に病気治療を理由に活動休止を発表。その後もブログで誕生日報告などをおこなっていた。

しかし、残念ながら同年10月27日、38年という短い生涯を閉じたことが11月2日に事務所から発表された。
ご冥福をお祈りいたします。

四十九日を迎えた12月15日、遺族の要望により罹患していた病名が公表された。
それは「慢性活動性EBウイルス感染症」という、世界的にも症例が少なく、かつ有効な治療法がほぼ無い難病であり、
最終的な死因は「悪性リンパ腫」であったという。


【演じた役柄】
主に女性を演じる。
特におっとりした役や 変わった先生 役が多い。
中でもいわゆる百合キャラを担当することが比較的に多く、好評である。
というか本人もy(ry



〇猫と食とブログ
Googleなどで画像を検索してみるとわかると思うが松来さんは

顔が 丸い

楕円 ではないが 丸い

のである。

これは松来さんが何よりも食べることが大好きだからである。
凄い時には1日 8回 食事を取ったことがあるとか。
とにかく食への執着が激しく朝食用にとって置いたパンが朝起きたらなくなっていた、
身に覚えが無いがカレーを温めて食べた痕跡があった、など食に対する奇行が絶えない。

プライベートで仲の良い阿澄佳奈は
食べ歩き趣味とか終わってますよね
と本人不在のラジオでぶっちゃけた。

本人曰く、『前世餓死した記憶がどこかに残ってるから』らしい。

また松来さんのブログである『松来未祐日記』でもまず食のことか飼い猫のことしか書いていない。自分のことはあまり書かれない。

こうなってしまったのは小野坂昌也
「お前はブサイクやから、他の声優みたいに自分の写真を載せないで、食い物と飼っている猫だけ載せろ」
と指示を出したかららしい。

もちろんこのブログを父親が見ない訳がなかった。
松来さんの父親は電話などで松来さんを叱責するらしい。
最も部屋の汚さを見て安心したらしい。


〇トイレが近い
また彼女はトイレが近いことでも有名である。
かつて生放送のラジオ「こむちゃっと・カウントダウン」にてCM中にトイレに行き本番に間に合わないなどの伝説を持つ。


またトイレが近いせいからか、長時間のバス移動、長い尺のアフレコ、映画鑑賞などが苦手である。
因みに医者に診断してもらった結果 「尿が出過ぎることが問題」 と言われたらしい。


百合
松来さんといえば、生天目仁美伊藤静と同様 百合声優 である。

  • 斎藤千和の愛犬が桑谷夏子のスカートの中に入った話を聞き興奮する
  • 西村ちなみの新婚旅行についていき、あろうことか西村の夫を追い出して一緒のベットで寝た。

などのエピソードがある。


こんなタイプだからなのかラジオでは虐められキャラである。
端的に言えばドMである。

流石、『総誘い受け声優』の異名は伊達じゃない。


(有)チェリーベル
櫻井孝宏鈴村健一とのレギュラー番組。
セクハラを毎回受けている。

少年隊を愛してやまず、『チェリーベル』では櫻井・鈴村両者から散々ネタを振られ、さらには台本には少年隊の歌が書き込まれた事すらある。

一方、機動戦士ガンダムSEED DESTINYシン・アスカ役を演じていわれない批難を受けたりした鈴村を櫻井と共に慰めた。

彼らのファンからは特に嫉妬されることも叩かれることもなく、むしろ婚期の心配をされたり応援されたりしていたらしい。

12年7か月続き、松来の入院後も櫻井・鈴村の二人で続けてきたラジオだったが、最後は松来の死が公表された事を受け「松来がいてこその番組」と終了となった。


〇理想の男性
好みの男性のタイプはと聞かれ、2004年当時の彼女は「ときめきトゥナイトの真壁俊」
と答えていたが、29歳になった後の聖應女学院放送局では
「タイプとか、そんなわがまま、言えません……」
と発言した。


〇キャッチフレーズ
「這いよれ!ニャル子さん!」のキャストインタビューで、自分自身にキャッチフレーズをつける企画が行われた際

「 一 生 婚 活 」

と自虐的なフレーズをつけてしまった。
なおニャル子役の阿澄佳奈が結婚を発表した際はTwitter上で

でゅるわぁあああああぶるわっひゃあひゃひゃひゃひゃどぅるわっはあああああああああぎゃあああああうわああああああああ

発狂 歓喜の叫びを上げた。
ちなみにこれを呟くためにアスミスの結婚報告の3時間前からガラケーで出待ちしていたとか。


金朋地獄
こんちんと並ぶ第一級金田朋子取り扱い技術者である。
彼女が発する金朋地獄の最大の被害者でもある。
松来さん以外だと神谷浩史白石稔などしか止められない。


○その他
SUPER☆TEUCHI☆LIVEにほぼ毎回確実に開催祝の花を贈るため同ライブ 5人目のレギュラーメンバー と言われる事がある。


【主な登場作品】
一部を紹介する。


神谷浩史や沢城みゆき新谷良子と同じようにシャフト制作の作品に出演する機会が多い。
初めてシャフトと関わったのはテレビアニメ「月詠 -MOON PHASE-」である。

メディア(ぱにぽにだっしゅ!)
おっとりとしたメイドキャラ。

ラジオにて こんにちわちわ についてつっこんでしまい、うちゅうのほうそくがみだれた。

その後は……。

また、エンディングのテロップにて松 未祐と誤植されてしまった。



にょんたか

絶望生徒で、スポーツ万能な腐女子である。

本作品では『女は三十から……!』とかいた張り紙を書いたりした。
また、原作で「食べ物と猫の店」「ブログありマス」など背景ネタにされた。

この作品は長期に渡る作品であるが、未だに名前を覚えられていないためか、またしてもエンディングにて 誤植 があったりする。

そしてピザなヲタク役もしてる。あれだけ多彩な男性声優達がいろんな兼ね役をしているにも関わらず。


吉野屋先生(ひだまりスケッチ)
魂のコスプレーヤーもとい 変態教師
この作品では阿澄佳奈と共演を果たし、ラジオで イエス!アスミス! を広めた。(現在は事業仕分けされたため使用不可)

また、彼女からポイズンを最も食らっている人物でもあるが、こちらは自業自得である。

ちなみに、このキャラは原作者ウメスの計らいによって第一期当時の松来さんと同年齢というのが後付けで公式設定になった。



以下、その他出演作品

鷺ノ宮伊澄(ハヤテのごとく!)
鷺澤頼子(D.C. ~ダ・カーポ~)
十条紫苑(乙女はお姉さまに恋してる)
志木絢璃、与那国さん(まりあ†ほりっく)
上代由香里(乃木坂春香の秘密)
月村忍・リーゼロッテ(魔法少女リリカルなのはシリーズ)
九紋稚(ファントムブレイカー)
ジョセフィーヌ(それでも町は廻っている)
羽藤桂(アカイイト)
羽佐間翔子(蒼穹のファフナー)
御咲キサ(鍵姫物語永久アリス輪舞曲)
水原明鐘(Φなる・あぷろーち)
天河朔夜(舞-HiME 運命の系統樹/修羅)
此花光莉(Strawberry Panic!)
チョッピ(ふたりはプリキュア Splash☆Star)
コーディリア(ロミオ×ジュリエット)
デリシャス(デュエル・マスターズシリーズ)
佐伯世羅(マリッジロワイヤル)
アンナ・ターレス(ZOIDS TACTICS)
リリジマーナ・ミヤ・ド・ラクロア(SDガンダムフォース)
ジェッシィ・アイジェス(奏光のストレイン)
ミナキ・トオミネ(スーパーロボット大戦シリーズ)
岩崎みなみ(らき☆すたドラマCD)
八色ちも(たまゆら(アニメ))
なっちゃん(ゲノム)
紅林麗子(スーパーメイドちるみさん)
クー子(這いよれ! ニャル子さん)
翡翠/メカ翡翠(MELTY BLOOD)
御堂薫(月詠 -MOON PHASE-)
小野寺瞳(七人のナナ)
椎名リカ(九龍妖魔學園紀)
妹(ストレンヂア)
アンナ・錦ノ宮(下ネタという概念が存在しない退屈な世界)
マジカルサファイア(Fate/kaleid liner PRISMA ILLYA プリズマ☆イリヤシリーズ)



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/