池袋ウエストゲートパーク

登録日 :2011/07/19(火) 23:51:48
更新日 : 2015/10/17 Sat 19:15:43
所要時間 :約 3 分で読めます




 
 
 
 
 
 



Wiki篭もりって知っているだろうか?
それは突然記事を作成し、それを追記・修正をしている奴らだ。
奴らはクソ項目を作ったかと思うとそれを完璧なまでの良項目を作り変える。おれのコラムより面白いかもしれない。
しかしいくら良い項目を作っても会社の地位がよくなることも、特別な権利を持てる訳でもない。まるで自分の仕事とは関係がないことを奴らは行っているのだ。
もっとも奴らにとってはこれが仕事かもしれないけどな。




池袋ウエストゲートパークとは石田衣良が書いている小説シリーズである。

<概要>
石田衣良のデビュー作。同名の作品が受賞し、それに3つの短編を加えたのか単行本で発売。好評を得てシリーズ化した。

基本的に主人公の視点で事件を解決に導く話だが、
登場人物は主役脇役を問わず、多くがいわゆる「負け組」や「サイレント・マジョリティ」に分類されるような、周縁的な存在である。
ちなみにニートはNEETと表記されている。

各話の特徴として最初に謎めいた述懐が行われてから本編に入る。




<登場人物>
真島誠(マコト)
主人公。地元池袋の工業高校を出た後、半ばプータローのような生活を送っていたが様々な事件を解決している内に地元で名が通るトラブルシューターになっていた。
仕事は母親の果物屋の店番と雑誌のコラムニスト。ある出来事から読書とクラシック鑑賞が趣味になる。
警察、ギャング、ヤクザの友人や知り合いがおりそこから情報を得て事件を解決する。
最近義理の妹が出来た。

安藤崇(タカシ)
カラーギャングG-Boysの『キング』。マコトとは高校からの友人。天才的な格闘センスを持ち、作中でケンカで負ける、傷を負う場面は殆どない。
高校時代からマコトの素質に気づいており何度か勧誘を行っている。色白のイケメンだか親しい友人は少ない。

斉藤富士夫(サル)
暴力団「羽沢組」の構成員。マコトとは中学の頃の友人だが、いじめが原因で登校拒否を行い、マコトと再会したのはヤクザになってからだった。
ある事件を解決してからマコトと親しくなり情報を渡したりしている。後に幹部に出世した。


<その他>
漫画版、ドラマ版が存在。こちらは大胆なアレンジを施されている。小説版こち亀で共演を果たしてもいる。
さらにはドラマのスペシャル版ではドラマ“木更津キャッツアイ”のメンバーもゲスト出演した(同俳優が演じていたマサとマスターの絡みが見れる)。


たまには追記・修正する日も悪くないかもしれない

この項目が面白かったなら……\ポチッと/