バラナイトメア

登録日 :2011/10/10(月) 02:58:44
更新日 : 2016/12/16 Fri 23:21:06
所要時間 :約 3 分で読めます




バラナイトメア

人間態、CV.岡本美登



バラナイトメアは、超力戦隊オーレンジャーの第32話に登場したマシン獣。

「俺は可愛い女の子が好きでな…たまらないんだよ。」


11年もの間、下校途中の可愛い幼女達を誘拐し、写真の中に閉じ込めていた。
見た目は脳髄に釘が刺さった不気味な感じ。

因みに彼が登場するエピソードは以下の通り。


黒服の男が当時のまま変わらないまゆみちゃん(桃のクラスメイト)の帰宅を阻み、連れ去る。


偶然にも、そんな夢を桃は毎晩見ていた。
そして11年もの間、毎年幼女が一人ずつ行方不明になっている事に気付いたオーレンジャーは不審に思い、調査を開始する。

桃はまゆみちゃんの母親のところ、そして学校を訪れる。

しかし、バラナイトメアは既に待ち構えていた。
バラナイトメアは桃を襲い、昏睡状態にしてしまう…
夢の中で桃は、まゆみちゃんが例の黒服の男に拐われる現場を目撃。

黒服の男を追い、アジトと思われる理科室に到着。
桃が理科室に入ると、黒服の男は姿を現す…
「俺は、可愛い女の子が好きでな…。たまらないんだよ…。ククク…。」
「この11年もの間、俺は大好きな幼女達を拐っていたんだよ…。ククク…。」

…ヤバい。コイツはかなりアブナイ。

「俺の楽しみを奪うヤツは、例え誰であれ…殺す…!!」


遂に黒服の男、いや、バラナイトメアはその正体を現す。
そして出刃包丁で桃を襲い、もう一つの事実を告げる。

「俺はバッカスフンドに逆らってばかりで処刑されかけた流れ者だ。」

遂に桃はダウン。
他の4人は彼女(と、11人の幼女達)を救うべく、夢の中へ。
夢の中では、バラナイトメアが桃に拷問をしまくっていた。
その時桃は、まゆみちゃんと他の幼女達の白骨死体を発見してしまう。

が、実はそれは偽物であり、本物の子供達は「秘密の夢」の中で延々とバスケをしていた。

其処へ他の4人が到着。
オーレッドの一刀両断で夢は壊滅。
無事に現実世界へ。

しかも驚くべき事に、現実の学校ではバラナイトメアお気に入りのシークレットルームにまゆみ以外の幼女達がいた。
バラナイトメアはオーレンジャーに骸骨が襲いかかって来る幻覚を見せる。

が、見事に返り討ち。
最期はダイナマイトタックルをくらい、爆発した。
すると、バラナイトメアがいつも持っていた額縁が割れ、幼女達は皆解放されたのであった…


以上で彼のストーリーはおしまいです。





このお話のコワイ所

  • 解放された幼女達は、身も心も11年前のまま。

浦島太郎が竜宮城で過ごした数日が、故郷に戻ると300年経っていたというのとよく似ている…
11年前のままの幼女達は、これからどうするのだろうか…



俺は可愛い女の子と追記・修正が好きでな…。たまらないんだよ…。ククク…

この項目が面白かったなら……\ポチッと/