狩村正己

登録日 :2011/10/17(月) 20:53:20
更新日 : 2016/08/31 Wed 09:35:04
所要時間 :約 3 分で読めます




パワプロクンポケットシリーズに登場した選手
右投右打

2・5・8までは名前すら出してもらえないモブ(ちなみに5時点では大神モグラーズの投手陣10人には存在せず、7で語られた「モグラーズの生き残り」に彼の名前はなかった)だったが、11でキャラクターとして登場
11開始時は既に42歳、あまり出来のよくない子ども二人と不細工な嫁さんがいると本人は語る

質問コーナーによれば狩村をモブから昇格させたのは、そろそろ彼も引退だから最後の花道として、らしい

42歳の頃には、ドリルモグラーズ時代に遺憾なく発揮していた球速も変化球も、体力もなくよろよろ
しかし長年の経験からバッターの間合いを取る技術は流石に上手く、炎上することがないのでよく先発していた
だが勝ち星になかなか恵まれず、毎年当たり前のように負け越している
一年で15敗を喫したこともあったが諦めが悪いために辞めずにずっと白球を投げてきた

大神ホッパーズ時代は登録名をカリムーにしていたが、この頃はいい思い出がなかったようでカリムーと呼ぶと怒る
愚痴や暗い話を延々と話すので敬遠されがち
◎能力
・狩村(ドリルモグラーズ時代)
球速144、コントロールD、スタミナB
スライダー2、フォーク2

・狩村(大神モグラーズ時代)
球速142、コントロールD、スタミナD
スライダー1、フォーク2

・カリムー(大神ホッパーズ時代)
球速139、コントロールC、スタミナD
スライダー1、カーブ1、フォーク1

ピンチ〇

・狩村(ジャジメントナマーズ時代)
球速134、コントロールC、スタミナD
スライダー1、カーブ1、フォーク1

ピンチ〇、回復△、キレ△、ノビ△、打たれ弱い、逃げ球、球持ち
プロ24年目で150勝達成、その翌年の6月までに珍眠軒で狩村のイベントを進めておき、野々村か社長に狩村のことを相談するかどうかでその後が決まる

・引退
相談しなかったら6月に主人公とキャッチボール中に肩を壊し、選手生命を断たれる
ホッパーズの芦沼がそれから見舞いに来て狩村と和解する

通算成績151勝192敗
あと8個負けていれば200敗で丁度よかったのにと狩村は言った

・事故死
相談すればこのルート
やる気を起こした狩村が6月の試合中、ノーヒット完投勝利を達成
社長も喜んで社長室から飛び出してきて、狩村に亡き父の面影を見た

これからが期待されるようになったのだが……

狩村が交通事故に遭ってしまう

もう一度彼がマウンドに立つことをチームメイトも、ファンも願っていたがそれも虚しく狩村は覚めぬ眠りに落ちていった……

通算成績152勝189敗
最後の試合がノーヒットノーランでなくノーヒット完投勝利というところが彼らしさを表している
どうしようもなくダメな投手だったが、皆から愛された男狩村正己
彼がプロ野球で生きた証はいつまでも受け継がれることだろう


追記・修正お願いします




どんどん遠くへ行きたい
遠前観光




































狩村の事故死の真実は、あのルッカの仕業によるもの


追記・修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/